印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 最も効果的な「販促方法」とは?成功させるコツを徹底解説!

最も効果的な「販促方法」とは?成功させるコツを徹底解説!

更新日:2022/12/15

最も効果的な「販促方法」とは?成功させるコツを徹底解説!

「新商品を販売しているのにちっとも売れない…」
「新しいサービスをはじめたのに利用者がいない…」
そんなお悩みを抱えていないでしょうか?
その悩みは、正しい販促をすると解決するかもしれません。
一口に「販促」といっても、どんなものがあるのかパッとは思い浮かばないでしょう。
たとえ思いついたとしても、それが正しい販促とは限りません。
こちらの記事では、販促のことや種類などの紹介をしています。
販促にもさまざまなものがあるので、それを知るためにもぜひ最後までお付き合いください。

販促とは

販促とは「販売促進」の略称です。
ターゲットとなるお客様の購入意欲を引き出すために行うさまざまな活動で、SP(セールス・プロモーション)ともいいます。
インターネットが普及した現代において、商品やサービスの情報は簡単に手に入るので、ただ販売するだけではお客様に購入してもらうのは難しいでしょう。
商品に限らずサービスなどの良さや魅力をお客様に知ってもらい、興味を持ってもらい実際に購入をしてもらう、そのきっかけを作るのが「販促」の目的です。

販促の種類

販促(販売促進)は多くの方法がありますが、大きく3つの種類に分けられます。
以下の表の順で、販促の種類をそれぞれ解説していきます。

  1. 認知度を上げるための販促
  2. 消費してもらうための販促
  3. リピートしてもらうための販促

それぞれに違った特徴があるので、しっかり見ていきましょう。

認知度を上げるための販促

はじめに紹介するのが「認知度を上げるための販促」です。 知ってもらいたい商品やサービスの「認知度を上げる」ため、新規のお客様を獲得できます。 認知度を上げる販促として、以下の5つの方法があげられます。

  • テレビCM
  • インターネット広告
  • 看板広告
  • チラシ配布
  • SNS

ひとつずつ解説をしていきます。

テレビCM

インターネットが普及したとはいえ、テレビがある家庭は今も多いので「テレビCM」による販促効果は大きいものです。
耳で聞いたり、映像を見たりすることで印象に残るのが強みですが、難点としてテレビCMにかかるコストが高いところです。

インターネット広告

現代において欠かせない販促方法にあがるのが「インターネット広告」です。
パソコンやスマートフォンでWebサイトをみる機会が多いので、テレビCMよりも多くの方の目に触れる可能性が高いです。
テレビCMよりも安く、認知度の向上が見込める販促方法といえます。
ただし、地域に密着したものだと効果は薄い点に注意しましょう。

看板広告

新しくお店を出す場合において、店頭や周辺に「看板広告」を出すのはとても効果的な販促方法です。
どんなお店で、どんな商品やサービスをあつかっているのか、ひと目で分かるような内容にする点が重要になってきます。
もし今回お客様が立ち寄らなくても、記憶には残るので次回に期待がもてるうえ、お客様の口コミで知ってもらえる可能性もあります。
店頭や周りに出すので、多くの方に見てもらえないのが難しいのが難点です。

チラシ配布

最もポピュラーな「チラシ配布」は地域に密着したものと相性が良く、新聞の折込やポスティング・手渡しなどがメインの販促方法です。
紹介したい商品やサービスがしっかりと伝わるデザインにすると、購入意欲を高めてくれる効果があります。
また、チラシに割引クーポンをつけたりチラシ持参で特典をつけたりすれば、目に留まる頻度が上がるという利点も得られます。

こちらの記事ではチラシの効果に関して紹介した記事になります。
コラム28
チラシの効果を高めるコツを紹介!エリアや配布時期、手段などが大切

SNS

いま一番注目されているのが、幅広い年代が使っている「SNS」を使った販促方法です。
コストがほとんどかからないうえ、参入も簡単であるにもかかわらず計り知れないポテンシャルが秘められています。
例えば芸能人に商品やサービスを取り上げてもらうと、それが爆発的に拡散し認知度が向上する可能性が十分あります。
なかにはネガティブなイメージを拡散されてしまう可能性もあるので、その点は注意しましょう。

認知度を上げるための販促を成功させるコツ

認知度を上げるためには、とにかくお客様に商品やサービスを知ってもらうのが大切です。
せっかくのいい商品やサービスも、知ってもらわなければ買ってもらえません。
売りたいものによっては効果が薄い場合もあるので、それにあった方法を取ることが販促のコツになってきます。

消費してもらうための販促

次に紹介するのが「消費してもらうための販促」です。
お客様に商品やサービスを知ってもらったら、今度は消費・購入をしてもらわなければなりません。
消費してもらうための販促として、以下の3つの方法があげられます。

  • サンプリング
  • プレミアム手法
  • 実演販売

ひとつずつ解説をしていきます。

サンプリング

「サンプリング」とは文字通り、商品のサンプルを使った販促です。
商品のサンプルを直接手渡すと、消費につながる有効な販促方法の一つです。
初めて見る商品やサービスを、迷いなく購入をする方はとても少ないでしょう。
本当にいい物か分からないので当然のことです。
そこでサンプルを実際に使い、商品の良さや特徴などを無料で知れるので、消費・購入につながる可能性が高まります。
商品のサンプルを作るコストがかかってしまう点は、デメリットになってきます。

プレミアム手法

商品やサービスを購入・体験してもらいたお客様に対し、なんらかの特典やおまけなどを付ける販促方法が「プレミアム手法」です。
「特典」や「限定」といった言葉に人は弱いので、お客様にお得感を与えると購入をしてくれる可能性が高まります。
特典やおまけなどにかかるコストだけでなく、特典目当ての一時的な効果しか得られない点がデメリットです。

実演販売

スーパーやイベント会場などで、商品やサービスを実際に使用しながら販売する「実演販売」も、消費をしてもらうために有効な販促方法の一つです。
商品やサービスの良さや特徴を、お客様の目の前でコミュニケーションを取りながら実演すると、理解を深めてもらえ販売につながりやすくなってきます。
場所選びが重要になるだけでなく、販売員のコミュニケーション能力が求められる点も必要になってきます。

消費してもらうための販促を成功させるコツ

お客様に商品やサービスを購入・消費してもらうためには、実際に手に取り使ってもらうのが成功のコツといえます。
すぐに購入をしてもらう事は少ないので、商品のサンプルを手渡したり実演販売をしたりと、商品を知ってもらう時間を増やすことがとくに重要です。
特典をつけたりするのも効果的で、それによって商品を手にとってもらえる可能性が高まります。

リピートしてもらうための販促

最後に「リピートしてもらうための販促」の紹介です。
いくら商品やサービスの購入をしていただいても、リピートがなければ販促の成功とはいえません。
リピートしてもらうための販促として、以下の3つの方法があげられます。

  • ポイントインセンティブ
  • 会員の組織化
  • メールやSNSによるクーポン配布

順番にしっかりと解説をしていきます。

ポイントインセンティブ

「インセンティブ」には「刺激・報奨」などといった意味があり、ここではポイントに応じたなんらかの特典を「ポイントインセンティブ」といいます。
商品やサービスを購入することでポイントが得られ、そのポイントでさらにお得な特典が得られるので、お客様の来店回数を増やすのが目的の販促方法です。
ポイントを付けるのにポイントカードが必要になりますが、作成時の個人情報の記入やカードの提示を嫌がる方も一定数います。
販促の効果として高いものですが、その点にも注意をしておきましょう。

会員の組織化

先ほどの「ポイントインセンティブ」と一緒に行うと、効果を高めるのが「会員の組織化」です。
会員の組織化とは「消費額の多い順にランク付け」を行い、ポイントインセンティブを受けているお客様のさらなる購入意欲を高めるのが目的です。
ランクによってさまざまな特典をつけ、意識せずに上を目指そうとする人間の心理を利用しています。

メールやSNSによるクーポン配布

商品やサービスの購入を促す方法として、クーポンを配布するのはいい方法ですがコストや手間がかかります。
そこで「メールやSNSによるクーポン配布」が効果的です。
メールマガジンやSNSでフレンドになっていただいたお客様に、クーポンを配布すると商品の購入意欲を高めてくれます。
またクーポン自体に有効期限をつけ、限定的にするとさらに効果に期待が持てるでしょう。

リピートしてもらうための販促を成功させるコツ

リピートしてもらうための販促を成功させるためには、購入後の対策が重要となってきます。
効果的な方法として、再び購入をしてくれるお客様(リピーター)には特典をつけるといいでしょう。
その中でもとくに購入金額が多いお客様(いわゆるお得意様)には、もっと多くの特典をつけることで特別感を出す必要があります。
ほかにも定期的にクーポンの配布を行うと、購入意欲を高めることにつながるので、これらは積極的に活用をしましょう。

販促するうえでの注意点

販促は多くの企業やお店で行われているので、マネをしても成功する可能性は低いです。
商品やサービスの良さや特徴をしっかりと知り、販売するお客様の層を把握したうえでどの販促方法を使えばいいかを十分検討する必要があります。
新規のお客様ばかりでなく、既存のお客様のニーズを把握するのも大切です。

販促は「認知・消費・リピート」の3つが重要

商品やサービスをお客様に購入してもらうには、ただ店頭で並べておくだけではいけません。
そのために「販促」が必要になっており、その方法もさまざまです。
大きく分けると販促方法には3つの種類に分けられ「認知・消費・リピート」となっています。
お店の種類や販売したい商品やサービスによって、効果が期待できる販促方法があるので十分検討する必要があります。
プリントダップ」では、販促のなかで認知度を上げるための「チラシ配布」の印刷を行っています。
同業他社に負けないコストと、スタッフによる安心・丁寧なサポートをしております。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら