印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム カフェの販促方法とは?必要なことや注意点も併せてご紹介

カフェの販促方法とは?必要なことや注意点も併せてご紹介

更新日:2022/12/15

カフェの販促方法とは?必要なことや注意点も併せてご紹介

カフェなどのお店を長く続けていくためには、常に販促方法を模索していく必要があります。
「販促」とは、「販売促進」を省略した言葉です。
今回は、カフェの販促方法にはどんなものがあるのか、新規ユーザーやリピーターを獲得するために必要なことなどをご紹介します。
最後には、販促するうえでの注意点もご紹介するので、実践する際には注意点に関しても良く知って試してください。 カフェの販促を行いたい方必見です。

カフェの販促方法

カフェを始めた場合、まずはカフェの存在を知って興味を持ってもらい、来店して注文をしてもらって初めて利益となります。
そのため、まずはカフェの存在を知り興味を持ってもらう必要があります。
この部分を担っているのが販促であり、主な販促方法は以下の4つです。

  • SNS
  • ホームページ作成
  • MEO対策
  • チラシ配布

それではそれぞれどのような方法で行うのか、詳しく紹介していきます。

SNS

ほとんどの方がスマートフォンやパソコンを持っている現在、販促を行ううえでSNSは欠かせません。
店舗に関する情報や、提供しているサービスや商品を発信し、まずは知ってもらう所から始めましょう。
そして、実際にサービスを受けたり、商品を使用したりした方に感想(口コミ)などを、ハッシュタグに付けて発信してもらいましょう。
次は、その発信を見た方が興味を持って、お店に来てもらえるかもしれません。
最近は気になるお店があれば、まずはSNSなどで口コミや情報を確認する方も多いです。
ただ情報を発信するだけではなく、「フォローしたら○○サービス」「感想を投稿したら○○サービス」などを行うと、より効率的に販促が行えます。
なによりも、TwitterやInstagramなどの多くのSNSは誰でも無料で使えるため、販促にあまり費用をかけられない場合でも活用できます。

ホームページ作成

SNSで情報を発信していれば、ホームページは必要ないと思う方もいるかもしれませんがそれぞれ役割が違います。
ホームページはお店の情報やメニューなど、知ってもらいたい情報の蓄積が可能です。
また、気になるお店などがあれば「とりあえずネットで調べる」方も多く、調べる内容としては以下の通りです。

  • 店舗の所在地
  • 営業時間と定休日
  • 連絡先(電話番号やSNS)
  • 商品やサービスの概要
  • 価格帯

ホームページが無いだけで、お客様に「ここは信用していいのか」と不安にさせてしまうかもしれません。
以前は、ホームページの作成費用も100万円程度と高かったため、ホームページがあるだけでかなり珍しく一目置かれていました。
最近は、プログラミングができない方でもホームページを作れたり、20〜30万程度の予算で作れたりするため、あるのが当たり前となっています。

MEO対策

Googleなどで「地域名 ランチ(ディナー)」と調べると、グーグルマップと共に店舗情報が出てくると思います。
そこでより目立つ上位表示を目指すのがMEO対策です。
MEO対策は現在注目されていますが、注力しているところはまだ少ないためできるだけ早く始めるとライバルに差が付けられます。
MEO対策の目的は、店舗への来店であり、検索した地域周辺に該当する店舗が表示されるため、来店見込みの高い方に対してアプローチできます。
とくに、カフェなどの飲食店は「近くにある」のであれば、一度行ってみようと思ってもらえるのでMEO対策は販促にかなり有効です。
ただ、そもそも来店が必要ない訪問サービスなどを行っていたり、実店舗が無かったりするとMEO対策は販促にあまり有効とはいえません。

チラシ配布

ネットの普及でSNSやホームページなどのWeb上での販促が注目されていますが、チラシ配布での販促も有効です。
中年層などは、まだまだチラシなどから情報収集を行っているためです。
チラシは、紙一枚でお店の雰囲気や情報が伝えられます。
また、地域密着型のサービスなどを提供するのであれば、地域を絞ってポスティングをしたり最寄りの駅前で配布したりする方法があります。
クーポン付きにすれば、より販促効果が期待できるでしょう。
ただ、印刷代やチラシを配布するための人件費などがかかってしまうため、販促費用をある程度確保しなければいけません。

こちらの記事では、飲食店のチラシの作り方について解説した記事になります。
コラム109
飲食店向けチラシの作り方|飲食店におけるチラシの重要性を解説

新規ユーザーを獲得するうえでの必要なこと

販促を目指すうえで、新規ユーザーの獲得は必須です。
新規ユーザーを獲得するうえで必要なことは以下の3つです。

  • ターゲット層の調査
  • 必要資金の確保
  • 結果の分析と再考

新規ユーザーを確保したいのであれば、一つずつしっかりと行って行きましょう。

ターゲット層の調査

最初に行うべきは、どういった層がターゲットなのかをはっきりとさせます。
カフェの内装や立地、メニューによってターゲットになる層が変わり、有効な新規ユーザー獲得方法も変わります。
もしターゲットが若者だった場合、チラシなどにクーポンを付けて配布してもなかなか来店してもらえないかもしれません。
チラシよりSNSを使った方が販促につながるでしょう。
逆に中年層がターゲットだった場合、どれだけSNSで情報を発信しても見てもらえない可能性があります。
チラシなどの方が販促につながる可能性が高いです。
年齢層だけではなく、性別の調査も新規ユーザー獲得には重要です。
女性であれば、SNSやチラシに載せる写真は明るい色合いで、おしゃれなスイーツなどの写真の方が目に止めてもらえる可能性が高いです。
男性であれば、落ち着いた雰囲気や色合いで、軽食系の写真を載せる方が目を止めてもらえるかもしれません。

このように、まずはどんな年齢層や性別の方がターゲットなのか、そのターゲット層ではどんな写真や販促方法が有効なのかをしっかりと定めましょう。

必要資金の確保

ターゲットや販促方法が決まれば、次に行うのは必要資金の確保です。
販促方法によって、必要となる資金額が変わります。
基本的に無料のSNSを使用する際でも、販促方法によってはある程度の資金確保が必要です。
例えば、インフルエンサーなどに広告依頼をすれば依頼費(広告費)が必要であり、クーポンの配布をすれば、本来の売り上げより低くなってしまいます。
チラシの配布を行うのであれば、印刷費や配布する人件費、チラシデザインも依頼すればデザイン費も必要です。
新規ユーザー獲得は重要ですが、資金をかけすぎて営業が傾いてしまうと元も子もありません。
しかし、販促資金を削り過ぎると新規ユーザーの獲得が満足にできないかもしれません。
十分に新規ユーザーの獲得ができ、運営にも問題のない範囲で販促に必要な資金を確保するようにしましょう。

結果の分析と再考

販促を行ったらそれで終わりではありません。 SNSの投稿や使用されたクーポンの数、アンケートなどを確認し、新規ユーザーがどれくらい獲得できたのか、何を見て来店してくれたのかを収集します。
その収集結果をもとに、有効な販促方法は何だったのか、逆に効果の薄かった販促方法は何だったのかを分析します。
有効だった販促方法は引き続き行い、効果の薄かった販促方法は有効になるように改善を行いましょう。
販促方法の結果の分析と再考は常に行い、有効な販促方法のみに絞って効率的に販促を行いましょう。

こちらの記事もあわせてお読みください。
コラム96
飲食店の名刺カードを作成するメリットとは?

リピーターを増やすために必要なこと

販促を行い、新規ユーザーを獲得しても、2回目に繋がらなければ経営は安定しません。
リピーターが付くと、売り上げが大きく変動せず、新規ユーザーを連れてきてくれるなどメリットが大きいです。
リピーターを増やすために必要なのは、おいしい料理や丁寧なサービスも重要です。
次も行きたい、次も行くとお得になるなどメリットを感じてもらえるようにするとリピーターが付きやすいです。

  • 特典付きのポイントカード類
  • 誕生日月のクーポン配信
  • DMやメルマガの配信

たまったポイントをお会計に使えたり、一定ポイントで割引してもらえたりする特典が付くポイントカード類はリピーターを増やすために有効です。
ポイントカード類を導入するのであれば、特典が得られるまでのハードルを高くし過ぎないようにしましょう。
「来店20回で特典獲得」では、ハードルが高く魅力を感じてもらいにくいです。
ただ、特典を豪華にしすぎてしまうと経営の負担になるため注意が必要です。
また、DMやメルマガの配信はお店のキャンペーンなどを配信し、来店を促します。
しかし、頻繁にDMやメルマガを送ってしまうと迷惑に思われ、リピーターが離れてしまうかもしれません。
配信頻度には気を付けましょう。

カフェで販促するうえでの注意点

カフェで販促を行う際には、さまざまな注意点があります。
販促方法によっては、販促効果が無かったり、苦情が出てしまったりしてしまいます。
主な注意点は以下の3点です。

  1. 目的とターゲットを明確化する
  2. チラシやSNSに上げる写真やイラストの著作権
  3. チラシの配布やポスティングはルールを守って

まず、販促を行う際の目的とターゲットの明確化とは、獲得したいのは新規ユーザーかリピーターなのか、どんな年齢層なのかによって販促方法が違います。
有効な販促を行うためにも、目的とターゲットの明確化は重要です。
チラシやSNSに上げる写真は、いくら魅力的であっても他の方が撮った写真やイラストの使用は著作権法違反です。
仮に店内で撮った写真でも、来店客が映っている場合は注意しましょう。
トラブルを避けるためにも、チラシやSNSで使用していいのか、確認したうえで使用してください。
また、チラシの配布やポスティングには地域ごとにルールがある場合があります。
配布禁止地域での配布やチラシお断りの家へのポスティングはルール違反です。
苦情になると、お店の評判も関わるので、避けるようにしてください。

こちらの記事では開業する際のオープンチラシについて詳しく解説した記事になります。コラム82
オープンチラシをデザインする際に押さえておきたいポイント

カフェにあった販促方法の選択を

いかがでしたか?
本記事では、カフェでの販促方法や必要なこと、注意点を併せてご紹介しました。
さまざまな販促方法がありますが、どんな方がターゲットなのか、年齢層や性別、目的などによって最適な方法は違います。
より効果的な販促を行いたいのであれば、必ずターゲットや目的に合わせたものを選びましょう。

販促方法の一つである地域密着型のチラシ配布を検討しているなら、弊社のプリントダップのサービスをご利用ください。
弊社サイトの商品一覧から検討しているチラシの部数やサイズを入力すると、おおよその予算も試算できます
まずはサイドメニューからプリントダップについてお問い合わせください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら