1. 印刷通販のプリントダップ ホーム
  2. 印刷注文
  3. 無線綴じ冊子印刷

無線綴じ冊子印刷

無線綴じ冊子の製本は、本の背を糊で固めて綴じるため、中綴じ冊子よりも丈夫で長持ちします。針金を使わず糊で綴じるため、本文のページ数が多い場合でも対応可能な製本です。また、表紙と本文で異なる紙種をご選択いただけます。印刷する表紙を厚手の用紙に変更することで、よりしっかりと丈夫な仕上がりになります。
商品カタログ、会社案内、情報誌などのビジネス用途だけでなく、同人誌、写真集・絵画集、作品集など様々な用途の印刷にご活用いただいております。

※無線綴じ冊子の入稿データを作成する際にご注意いただきたい点をデータ作成ガイドとしてまとめました。ページを見開きで作成する場合や、単一ページで作成する場合のそれぞれのポイント、背表紙の作成方法などをご説明いたします。

無線綴じ冊子印刷イメージ

無線綴じ冊子の商品一覧

無線綴じ製本は糸も針金も使わず、本文の背の部分を表紙で包み、糊で固めて製本します。書き込みができる上質紙や、カラー写真が綺麗に印刷できるコート紙、文字の読みやすいマット紙が人気です。

無線綴じ冊子印刷(オフセット)

大部数のご注文にはオフセットの無線綴じ冊子がオススメです。表紙と本文で異なる紙質をご選択いただけますので、表紙を厚みのある紙種に変更することでより丈夫に仕上がります。長期間の使用や保存する冊子に、ぜひご検討ください。 全ページフルカラーの印刷はもちろん、表1-4と表2-3、また本文のそれぞれで色数が異なる組み合わせをご選択いただけます。サイズはA4・A5・B5・B6に対応しています。

  • フルカラー無線綴じ冊子
    オフセット印刷のフルカラー無線綴じ冊子は、写真やイラストが綺麗に印刷されるので、カタログや会社案内などで人気です。 価格表を確認する
  • 表紙カラー・本文モノクロ
    無線綴じ冊子
    表紙がカラーで、本文モノクロの無線綴じ冊子は、長文はもちろん、表や図形が多用されている冊子にオススメです。 価格表を確認する
  • モノクロ無線綴じ冊子
    全頁モノクロで印刷を行います。主に活字を用いた名簿・機関誌・情報誌・歴史資料集・操作機器マニュアルや講義資料に最適です。 価格表を確認する

無線綴じ冊子印刷(オンデマンド)

オンデマンドの無線綴じ冊子も、表紙と本文で異なる紙質をご選択いただけます。1部からご注文いただけるので、使用する部数が決まっていて、余りを残したくない場合などにオススメです。ゼミの講義資料や学習塾での教材といった、クラス単位で使用する部数が定まっている場合などに活用されています。サイズはA4・A5・B5・B6に対応。

  • フルカラー無線綴じ冊子
    オンデマンド印刷のフルカラー無線綴じ冊子が、1部からご注文可能です。写真やイラストの多い冊子でも綺麗に仕上がります。 価格表を確認する
  • 表紙カラー・本文モノクロ
    無線綴じ冊子
    表紙がカラーで、本文モノクロの無線綴じ冊子が、1部から必要な部数だけご注文いただけます。ビジネスはもちろん、趣味の冊子にも。 価格表を確認する
  • モノクロ無線綴じ冊子
    モノクロ無線綴じ冊子の表紙には、色上質などもオススメ。存在感のある冊子に仕上がります。 価格表を確認する

無線綴じ製本について

無線綴じ製本は、比較的ページ数の多い冊子に向いているため、表紙のデータには背幅を考慮して作成する必要があります。背幅は本文のページ数・紙種・斤量により変わりますので、ご注文する商品の仕様に合わせてデータを作成してください。背幅計算ツールをご用意いたしましたので、ご活用ください。

無線綴じ冊子製本の流れ図

無線綴じ冊子の綴じ方向について

「左綴じ」は、表紙の左側が綴じられており、ページを左にめくって読み進む綴じ方です。一般的に本文が横書きの場合に「左綴じ」です。
「右綴じ」は、表紙の右側が綴じられており、ページを右にめくって読み進む綴じ方です。一般的に本文が縦書きの場合に「右綴じ」です。
「上綴じ」は、表紙の上側が綴じられており、ページを上にめくって読み進む綴じ方です。裏表紙の天地に注意が必要です。

無線綴じ冊子の綴じ方向について

無線綴じ冊子と中綴じ冊子の製本の違い

無線綴じ冊子はページ数が多い冊子に向いていますが、中綴じ冊子は比較的ページ数の少ない冊子に向いています。また、無線綴じ冊子は中綴じ冊子のようにページを開ききることができません。ページ数が多くなる程、また、用紙が厚くなる程、ノドの方が見えにくくなりますので、デザイン作成時に注意が必要です。

無線綴じ冊子と中綴じ冊子の製本の違い