1. 印刷通販のプリントダップ ホーム
  2. 印刷注文
  3. 折りパンフレット印刷

折りパンフレット印刷

折りパンフレットは会社案内や観光用の紹介チラシ等に使われており、手軽に配れる配布物として広く利用されています。
冊子型のパンフレットよりも構成が簡単で気軽に作成でき、気になる経費も抑えられることで人気があります。
データの作成はチラシと同様で、仕上げたいサイズでデザインをするのみ。プリントダップの折りパンフレットは加工代金が含まれておりますので、追加料金がかかることはございません。折りの種類も複数用意しております。

※折りパンフレットの入稿データ作成の際にご注意いただきたい点をデータ作成ガイドにまとめています。展開サイズで作成する場合のポイントなどをご説明いたします。

折りパンフレット印刷イメージ

折りパンフレット印刷の商品一覧

折りパンフレットは仕上りサイズからご選択いただけるパンフレットです。価格表には折り加工の追加営業日・料金も含まれています。

  • 二つ折りパンフレット(4P)
    紙の長辺に対して中央を半分に折る最もポピュラーな加工です。仕上がりのイメージがしやすいため、比較的簡単に作成できます。 オフセット価格表を確認する
  • 巻き三つ折りパンフレット(6P)
    「巻き三つ折り」は長辺を三つに分けて1面を内側に折り込みます。内側に折り込む面は他の面より短くなります。

    オフセット価格表を確認する
  • Z折りパンフレット(6p)
    3等分した1辺を英字のZのように畳む「Z折り」は、観光用パンフレットなどにも利用されています。「外三つ折り」とも呼ばれます。 オフセット価格表を確認する
  • 観音折りパンフレット(8P)
    長辺を四つに分けて紙の両端を内側に折り込み、さらに2つ折りする加工です。内側に巻き込む2面は、他の2面よりも短くなります。 オフセット価格表を確認する
  • 巻き四つ折りパンフレット(8P)
    長辺をセンターで二ツ折りし、更に同じ方向に二ツ折りをする加工です。8面分の内容を1枚にまとめて印刷することができます。 オフセット価格表を確認する
  • W折りパンフレット(8P)
    長辺を四つに分けて各面の横幅が等しくなるように蛇腹に折る加工です。見開きでデザインすることで、インパクトを与えます。 オフセット価格表を確認する
  • 十字折りパンフレット(8P)
    長辺をセンターで二つ折りし、直角に交わる方向でもう一度、センターに二つ折りをする加工です。表裏で8面のデザインができます。 オフセット価格表を確認する
  • 八つ折りパンフレット(16P)
    長辺で二つ折りを3回繰り返した加工です。表裏あわせて16面のデザインができます。大きなサイズの用紙をコンパクトにできます。 オフセット価格表を確認する

展開サイズと仕上がりサイズについて

折りパンフレットの『展開サイズ』とは、折り加工前の開いた時のサイズです。『仕上りサイズ』とは、折り加工後の折られて出来上がったサイズです。折りパンフレット印刷は、折られた後の仕上りサイズが規格サイズとなります。
仕上りサイズが同じでも折り加工の種類により展開サイズは異なりますので、データの作成時にはご注意ください。各面のサイズを調べることができる折り展開サイズ検索(折りパンフレット印刷用)をご用意していますので、ご利用ください。

※規格サイズに折り加工を施したい場合は、「フライヤー・チラシ印刷」、「ポスター印刷」にオプションで追加してご注文ください。

展開サイズと仕上がりサイズ例

折パンフレット印刷について

折パンフレットとは、1枚の紙を折って仕上げる印刷物です。商品カタログや資料、会社案内などに用いられます。中綴じ冊子印刷、無線綴じ冊子印刷などとは、複数ページを複数枚の用紙を使用して仕上げる点などが異なります。
折り方は、二つ折、巻三つ折、Z折(外三つ折り)、観音折り、W折り(外四つ折)、十字折、八つ折(16P)など様々です。同じページ数でも折り方の違いで、印象が変わります。また同じページ数でも折り方が異なれば、見せ方も変わります。折り方によって見栄えが変わるのでデザイン性を求められます。

折りパンフレットの用途

折りパンフレットは、製品案内、サービス紹介など幅広く、簡易的なパンフレットとして使われとおります。仕上りが規格サイズの折りパンフレットは、複数の製品・サービスを案内するカタログとはことなり、一つの製品・サービスに関する詳細な情報をまとめて掲載する場合が多く、展示会等のイベントなどで大量に配布する場合に多く用いられます。