1. 印刷通販のプリントダップ ホーム
  2. 印刷注文
  3. ポスター印刷

ポスター印刷

ポスターは商業用の宣伝材料として扱われ、広告活動において重要なメディアとして位置づけられています。弊社のポスター印刷は、屋内で使用するタイプから屋外で掲示できる耐水性・耐光性のものまで、幅広くご用意いたしております。

ポスター印刷は使用頻度が高く、様々なシーンで利用されるので、可能な限り激安価格でご提案しております。お客様のニーズに合わせてご注文ください。

規格サイズのポスター商品

ポスターのイメージ

オフセット印刷

オンデマンド印刷

ポスターサイズ比較表を確認する

ポスターの商品一覧

  • ポスター
    主に屋内で使用されるポスターの印刷は、デザインや用途に合わせて自由に紙種をご選択することが可能です。 商品価格表へ オンデマンド価格表へ
  • 短冊型ポスター
    短冊型の細身のポスターを作成できます。ポスターを掲示するスペースが限られている場合などに活用できます。 商品価格表へ
  • 耐水性・耐光性ポスター
    屋外に掲示するポスターは、雨や太陽光による劣化が起こりやすいので、水濡れに強い専用紙や耐光性インキがお勧めです。 商品価格表へ
  • 耐光性ポスター
    ポスターを長く色鮮やかに保ち続けるために、退色に強い耐光性インキを使用。一枚からご注文いただけます。 オンデマンド価格表へ
  • 長尺耐光性ポスター
    屋外使用も可能な長尺型のポスター印刷です。サイズが大きく、学会や講演会用の演題幕としてもご利用いただいております。 オンデマンド価格表へ
  • 選挙用ポスター
    選挙運動用のポスターを作成できます。水濡れに強いスーパーユポやユポタック(裏面がシール)をご選択いただけます。 商品価格表へ 選挙ポスター詳細へ

ポスターサイズについて

ポスターのサイズは、A判であれば最も一般的で人気のあるA2サイズをはじめ、A1、A0まで、B判はB0からB1、B2、B3、B4サイズまで、対応しています。A3サイズ以下、B4サイズ以下はフライヤー・チラシ印刷からご注文いただけます。 また、短冊サイズや長尺サイズのポスターもご対応可能です。

ポスター印刷のサイズ比較
規格 サイズ 用途
A0 841mm×1189mm 展示会・イベント・学会用等で利用されているサイズです。
A1 594mm×841mm 比較的距離の離れた位置からの閲覧に適しています。
A2 420mm×594mm 室内の掲示板など近距離での閲覧に人気のポスターサイズ。
A1短冊 297mm×841mm イベントや店頭などでのPOP、広告などで利用されています。
A2短冊 210mm×594mm ショップなどでPOP、広告などで利用されています。
B0 1030mm×1456mm 駅でみかける大きなサイズのポスターです。
B1 728mm×1030mm 映画館や駅のポスター等、距離の離れた位置からの閲覧に。
B2 515mm×728mm 一般的なポスターサイズ。室内の掲示板など近距離での閲覧に。
B3 364mm×515mm 近距離での閲覧や電車の車両中吊りとして利用されるサイズです。
B2短冊 257mm×728mm イベントや店頭などでのPOP、広告などで利用されています。
B3短冊 182mm×515mm キャラクターのイラストを用いたグッズとしても人気です。
選挙ポスター 297mm×420mm 選挙ポスターなどに利用されることが多いサイズです。
選挙ポスター 300mm×420mm 地方選挙などに利用されることが多いサイズです。
選挙ポスター 400mm×420mm 衆議院選挙・参議院選挙で利用されることが多いサイズです。

ポスターの印刷データを作成するのに適したテンプレートをご用意しておりますので、ご活用ください。

屋内用ポスターと屋外用ポスターについて

屋外や、屋内であっても強い光の下に掲示されるポスターは、直射日光や強い紫外線などで色褪せてしまいます。
環境の変化が少ない屋内用のポスターは、豊富な紙種の中からある程度自由にご選択いただくことができます。一方で、屋外に掲示するポスターは、掲示する場所の気候や環境次第では、特別な用紙やインキを用いる必要があります。

屋内用ポスターと屋外用ポスター

耐光性ポスター(耐光性インキ)について

通常インキで印刷したポスターは、1~2週間の掲示であっても色落ちしてしまう場合があります。ポスターの退色を気にされる場合には「耐光性ポスター」をオススメしています。耐光性ポスターは耐光性インキを使用しており、通常のインキに比べると、色褪せまでの期間を格段に伸ばすことができます。

※耐光性インキを使用した場合でも、掲示する期間や環境により退色などの変化が発生します。あらかじめご了承ください。

通常インキの退色イメージ

耐水性ポスターについて

屋外に掲示されるポスターは、直射日光だけでなく風雨にさらされます。特に水に濡れると、すぐに破れたり読めなくなってしまいますので、耐水性の用紙を選択する必要があります。

耐水性に優れている紙種として、ユポやターポリンが挙げられます。ユポとはユポ紙のことを指し、通常の紙とは異なる素材で作られた合成紙で、水濡れや破れに強く人気があります。ターポリンは屋外用のテント地のような、厚手のしっかりとした化繊生地です。

耐水性イメージ

スーパーユポとユポタックについて

ユポ紙は通常の紙とは異なる素材で作られた合成紙で、水濡れに強く、耐久性に優れた丈夫な紙です。
また、タックとはポスターの裏面に付いているシールのことで、タックシールといいます。ユポタック紙はあらかじめポスターの裏面にシールが付いているため、掲示場ですぐにポスターを貼ることができます。
ユポタック裏面の剥離紙には、縦型の場合は上側、横型の場合は右側の約30〜40mmの位置にスリット(切り目)が入っています。

スーパーユポのご注文に対しては、見当ズレ(4色の位置合わせのズレ)を防止するために「墨ノセ」(ブラックオーバープリント)という処理を行っております。データ作成の際にはあらかじめご注意ください。

ユポタック裏面の剥離紙とスリットの位置

※「スーパーユポ®」「ユポタック®」はユポ・コーポレーションの登録商標です。

ポスター印刷の用途について

ポスター印刷は、主にセールや新商品、新サービスの告知、映画やイベントのお知らせ、求人募集といった用途で用いられていますが、オプションの折り加工を追加することで、パンフレットやダイレクトメール等としてもご利用いただけます。

特にA2サイズのポスター印刷を十字折りして、A4サイズに仕上げ、角2封筒等に入れてDMを発送するといった用途が人気です。
また、B3ポスター印刷のMAP折りで地域観光マップを作成したり、二つ折りにして会社パンフレットや地域情報などの新聞型冊子を作成できます。

A2ポスター(十字折り)でDMを作成できます

ポスター印刷の用紙について

ポスター印刷でご選択いただける代表的な用紙はコート紙、マット紙、上質紙です。また、用途や選択される商品により、ユポ紙やポスター専用紙が選ばれることも多くあります。

用紙の後ろに記載されている「kg」は、原紙(四六判788mm×1091mm)を1,000枚重ねた時の重さです。同じ用紙の場合、数値が低いほど紙の厚みは薄く、高いほど厚くなります。

一般的なポスター印刷にはコート135kgやマット・上質の110kg前後の用紙が多く選ばれています。ポスター印刷はサイズが大きいため、あまりに薄い用紙だと破れてしまう危険性があります。ポスター印刷をDMやパンフレットとしてご利用いただく場合には90kgの用紙が選ばれます。

下記に掲載している用紙以外にもオススメの用紙を数多く取り揃えております。ペーパーサンプルをご確認のうえ、ご希望の用紙をご選択ください。

  • コート
    もっとも人気のある紙質でカラーのポスターににオススメです。白く、光沢があり、写真などがきれいに仕上がります。 この用紙の価格表を確認する
  • マット
    コート紙と比べると、しっとりとしていて光沢が抑えられています。文字が読みやすく、落ち着いたイメージに仕上がります。 この用紙の価格表を確認する
  • 上質
    一般のコピー用紙としても使われています。ペンで書き込むことができるので、ダイレクトメールなどで選ばれています。 この用紙の価格表を確認する