印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム DMとはどんなメリットのあるマーケティングツール?活用法も紹介

DMとはどんなメリットのあるマーケティングツール?活用法も紹介

更新日:2021/12/02

DMとはどんなメリットのあるマーケティングツール?活用法も紹介

今でも郵便箱にDMが入っているのをよく見かけます。DMとはダイレクトメールのことですが、ネット全盛のこの時代に紙のはがきでどのぐらいの効果が見込めるのかと不思議に思ったことはないでしょうか。
実は、今でもDMによってマーケティング効果をアップさせることができるのです。そこで、企業でセールスやマーケティングを担当している方のために、DMの基本とメリットなどを詳しくお伝えしていきましょう。

DMとはどんな印刷物?

DMとは、冒頭にも書いたようにダイレクトメール(Direct Mail)の頭文字を取った略称です。その名の通り、送る相手にダイレクトに届くことを目的とした郵便物になります。

マーケティングにおいては、DMとは、(潜在)顧客に対して自社の商品やサービスを宣伝するためのツールを意味します。それゆえ、郵便はがきだけがDMではなく、封書の場合もあれば、ファックスやメールなどの電子的な情報伝達ツールも、その目的によってDMと呼ばれることがあります。

なお、TwitterなどのSNSには、ユーザーに直接メッセージを送れるdm機能を搭載したものがあります。この場合のDMは、上記とは少し違って「ダイレクトメッセージ」の意味です。そのため、ここではSNSのDMについては除外して考えます。

手段はさまざまですが、DMとは古来よりビジネスにおいてマーケティングに用いられてきた伝統的なツールです。デジタル全盛の現在も、いまだに郵便で送付されるDMは膨大な数に上ります。つまり、それだけ効果が期待できるツールであることの表れです。

DMのメリット

現在でも多大なメリットがあるからこそ、DMが多くの企業に用いられています。では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 内容を多く伝えられる
  • 高い開封率
  • アクションを取ってもらいやすい
  • Webに詳しくない層にもアプローチできる

ここで一つずつ確認していきましょう。

‘睛討鯊燭伝えられる

DMとは、さまざまな方法で相手に直接情報を伝達できる手段です。カタログやパンフレットも郵送することによってDMとして扱われます。そのため、他の方法と比べて、伝えたい相手に多くの内容を盛りだくさんにして伝えることが可能です。おまけとして、DMにクーポンなどを付けることも容易ですので、販売促進効果が期待できるツールと言えるでしょう。
また送付するターゲットによって情報を選択できるのも魅力の一つです。

高い開封率

DMはメールと比べて開封、閲覧される率が高いというメリットもあります。とある調査によると、自分宛てのDMを開封する確率は80%近くに上るとのことです。
メールで広告を送っても、開封されずに削除されてしまうことが多いですから、約8割の相手にまずは伝えたいことを読んでもらえると考えると、かなり効果的なマーケティングツールと言えるでしょう。

アクションを取ってもらいやすい

DMには、開封、閲覧した後、読み手が送付側の期待するアクションを取ってもらいやすいという特徴もあります。要は、反応率が高いということです。
掲載内容に興味を持ってもらい、問い合わせや来店など具体的なアクションを取ってもらえることが、DMは他のツールと比較して高いと言われています。

Webに詳しくない層にもアプローチできる

忘れてはならないDMのメリットとして、ネットを使用しない層にも幅広くアプローチできるということが挙げられます。確かに現在はネット全盛で、さまざまなやり取りがオンラインを通じて行われるようになりました。
しかし、世の中にはまだ一定数以上、ネットを使用せず、旧来のスタイルを保持している人たちがいます。そういう人たちにも、住所さえわかればDMは伝えたいことを届けられるのが大きな強みです。

DMの集客について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
関連記事:コラム55
集客率をアップさせるDMハガキの作り方

DMのデメリット

メリットの多い、DMですが、デメリットも存在します。DMの導入を検討されている方は、ぜひデメリットも確認しておきましょう。

  • コストと時間がかかる
  • 引っ越しされると郵送ができない

一つずつ見ていきましょう。

.灰好箸隼間がかかる

DMとは、それがはがきであれ封書であれ、基本的には郵送する形になります。つまり、用紙代、印刷代、郵送代などさまざまなコストがかかるということです。ほとんどコストのかからないメール送信と比べると、これはDMの大きなデメリットと呼べるのではないでしょうか。

また、先ほどメールに比べて開封してもらえる確率が高いと述べましたが、そうはいっても開封されずに捨てられるDMも一定数存在します。そうなると、伝えたいことも伝わりませんから、DMのためにせっかくかけたお金と時間が完全なる無駄です。

引っ越しされると郵送ができない

DMは郵送物ゆえ、情報が更新されていないと、宛先不明で戻ってきてしまうリスクがあります。転居する人も、いちいちDMの送付元にまで新住所を通知することはないですから、定期的に情報を更新していないと、時間が経つほどにこれまでリーチできた相手にもリーチできなくなってしまいやすいのがデメリットです。

DMの上手な活用方法

DMを活用する代表的なシーンは、新商品やサービスのリリース案内などが挙げられます。写真やイラストを使ってサービスのメリットを効果的に伝えることが可能です。

その際に有効なのがDMとウェブを連動させる方法です。 たとえば、DMにQRコードを付すというやり方があります。受け取った側が何のQRコードか知りたくなる心理を突いて、それなしのDMよりも反応率が高くなるという仕組みです。 ただし、紙などで印刷するとQRコードがきちんと読み込めない可能性があるため、事前に確認するようにしましょう。

DMを発送する際に注意すべきポイント

DMを発送する際は、注意すべきポイントがいくつかあります。

  • 送付するタイミング
  • キャッチコピーやデザイン
  • 個人情報の扱い

それぞれ紹介します。

送付するタイミング

DMを送付するタイミングに注意すると、より効果的に顧客に情報を伝えることができます。特に効果が上がりやすいのは、商品を買い替えする際や季節の変わり目などです。

例えば、春向けの新しい商品を発表する際は、お正月が終わり春が来る前がDMを送付する絶好のタイミングです。
なお、企業に送る場合は月末や月初めは避けた方がよいでしょう。相手が忙しいとDMを見ることなく、そのまま捨てられる可能性が高まります。
DMを発送する際は、事前に準備をしておくと、納期によっては料金が高くなるため注意が必要です。

キャッチコピーやデザイン

DMの開封率を高めるためには、顧客が開封したくなるキャッチコピーやデザインにすることも重要です。具体的な数字やインパクトのある文章にすることで、顧客が開いて見やすくなります。
デザインは、視線の動きに即して文字を配置すると良いでしょう。「Zの法則」があるように、人は画面やチラシをZ字に見ています。この導線上に内容を置いておくと、読まれやすくなります。そのため、左上には一番伝えたいキャッチコピーを置いておくとよいでしょう。

個人情報の扱い

DMを送るときは個人情報の扱いも注意する必要があります。DMを送付するときは、当然住所や名前などの情報が必要となるため、会員登録やアンケートで収集します。住所などの情報は、個人情報保護法に該当するため、扱う際は注意しましょう。
あらかじめ個人情報を使う際は、許可を取ることも忘れないようにしてください。

DMハガキの作り方

どのようにDMハガキを作れば集客率が上がるのでしょうか?一番は、目的を確認して内容を企画することが重要です。
このDMを作ったことによって「集客をしたい」「売り上げを上げたい」など、目的を持って作ることで、無駄なコストにならないようになります。

合わせて、文章のレイアウトや訴求面の文章も決めていく必要があります。
別記事にて集客率の上がるDMハガキの作り方についてご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ビジネス用のハガキについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
関連記事:コラム95
ビジネス用のハガキの書き方とは?|気をつけるべき表現も解説

DMのメリット・デメリットを知って集客につなげよう

はがきなどを使ったDMは、ネット全盛の現在でもまだ効果的なマーケティングツールとして通用します。メールより高い反応率が期待でき、ネットを使わない層にもアプローチできるというメリットを生かして、ぜひ御社のビジネスにも生かしてみてはいかがでしょうか。

DMの配布を考えている経営者の方は、印刷通販のプリントダップにお問い合わせください。デザインや印刷だけではなく、配布の手配まで幅広く対応いたします。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら