印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 飲食店向けチラシの作り方|飲食店におけるチラシの重要性を解説

飲食店向けチラシの作り方|飲食店におけるチラシの重要性を解説

更新日:2022/09/12

飲食店向けチラシの作り方|飲食店におけるチラシの重要性を解説

飲食店の集客のためにチラシを作りたいけど、どうすればいいのかわからないといった方は多いです。
今回はチラシの作成方法がわからない方に向けて、飲食店のチラシの作り方を解説します。
記事の後半では効果的なチラシを作成するコツや飲食店におけるチラシの重要性をご紹介します。
飲食店のチラシを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

飲食店チラシの作り方

飲食店のチラシの作成方法は大きく分けて3つあります。
それぞれ特徴があるので、ポイントを押さえておきましょう。

手書き

手書きは、ペンと用紙さえあれば無料で手軽に作成できます。
イラストを描くのが好きな方に向いています。
上手に描ければ、他にはない唯一無二のチラシを作れるのが魅力です。

しかし、手書きが得意でない方が行うと、素人感が出てしまい、チラシを読んだ方に悪い印象を与える可能性があるため注意が必要です。

チラシのデザインを手書きで書いた場合でも、大量に印刷が必要な場合は、印刷のみ専門の業者に依頼するものいいでしょう。

Webツール

「Canva」や「Google Slide」といった無料ツールを使ってチラシを作成する方法です。
もちろん有料の「Illustrator」などのデザインツールも利用できます。
Webツールには初心者でも簡単に作れるようにテンプレートが用意されています。
自分で挑戦したい方は一度試してみましょう。

しかし、ツールに慣れていない方が使うと、どうしても安っぽい印象になってしまうケースが多いです。
人の目を引くようなチラシを作成するためには、ツールの使い方やデザインついての知識を学ぶ必要があります。

Webツールを使用した場合でも、大量にチラシを印刷する必要があるなら、印刷だけは専門の業者に依頼するのも可能です。

制作会社

費用を投資して制作会社にチラシの作成を依頼するのも一つの手段です。
プロに任せるので、クオリティは高く、効果的なチラシを作成できます。
チラシの作成から印刷まですべてを請け負ってもらえる分、費用は高くなります。

制作会社に任せる際の注意点としては、チラシの目的をしっかりと伝える点です。
目的をあいまいにすると、できあがったチラシがイメージと違うといったトラブルにもつながるので注意してください。

また、制作会社もさまざまな会社があるので、複数社で見積もりをとるなどして、相場を確認しましょう。
費用が高くて質が悪いところもあるので、信頼して頼める制作会社を見極める必要があります。

飲食店で効果的なチラシを作成させるコツ

飲食店のチラシを作る際に、効果的なポイントをご紹介します。
ポイントを押さえるだけで、印象のいいチラシを作成でき、集客効果を高められます。

ターゲットを明確にする

チラシのターゲットを明確にするのは重要です。
チラシを届ける世代や性別、職業など、集客につなげたい層を決めておきましょう。
例えば、男性のビジネスマンに来店してもらいたいなら、料理の量や価格、提供スピードなどです。
ターゲットを絞れば、そのターゲットが求める情報を的確に提供できます。

ターゲットが決まっていないと、どの層にも響かない内容になってしまい、チラシを作成しても効果に期待ができません。
ターゲットの重要性を理解しておきましょう。

食欲をそそる写真を撮る

チラシに載せる写真は非常に大事です。
その料理の写真を見て来店が決まるので、写真には力を入れましょう。
自分で撮影するのが難しければ、写真だけでもプロのカメラマンに依頼するのも一つの手段です。

自分で写真を撮るときのポイントは3つあります。

  • 自然の光で撮る
  • できたての状態を撮る
  • 料理によって撮る角度を変える

暗い場所や機械的な雰囲気の場所で撮ることはやめておきましょう。
せっかくの料理が無機質に見えたり、しっかりと見えなかったりする可能性があります。
明るくて自然の光に近い状況で撮影すると、おいしそうな写真を撮影できます。
また、料理の品数が少ないときは、斜めからとって料理をバランス良く見せる工夫をするとより効果的です。
とにかくできたてで、今にも食べたくなるような写真を目指しましょう。

お決まりのパターンを使う

飲食店にはお決まりのパターンがあります。

  • 暖色を使用する
  • ジャンルのイメージカラーを使う
  • 季節感を意識する

この3つのパターンは飲食店のチラシにはよく活用されています。
実際に、中華料理店のチラシは赤系の色が多かったり、イタリアンは緑系が使われていたりと、特徴が似ているケースが多いです。

また、季節限定メニューなどは、季節をイメージした色が使われています。
春であればピンク、夏は水色など、季節を意識するだけで、見た人の興味を引きやすいです。
チラシのデザインに迷ったら、飲食店のお決まりのパターンを意識しましょう。

店のジャンルのイメージカラー
店のジャンルイタリアン中華寿司カレー
イメージカラー緑色・赤色赤色黒色・ゴールド黄色

飲食店におけるチラシの重要性

飲食店ではチラシによる集客が効果的です。
飲食店におけるチラシの重要性をご紹介します。

Webとは異なる層にアプローチできる

チラシを配布すると、Webでは集客できない層にアプローチが可能です。
まだまだ新聞や広告チラシを確認して情報を集めている方は多いです。
保管してもらえれば、生活の中で目につきやすくなります。
繰り返し見てもらえると、その分飲食店への興味が増えていきます。

地域の方に届けるならチラシは効果的

地域に密着している飲食店では、特定の地域に絞って集客をしたほうが効果的です。
例えば、東京都世田谷区にある飲食店なのに、沖縄県の方に宣伝をしても効果はほとんどありません。
飲食店は、まず店を構えている地域に認知してもらえるような施策をする必要があります。
チラシは、そういった飲食店の背景も含めて、相性のいい集客手段です。
チラシを活かして地域の方を取り込めれば、集客の基盤はできてきます。

チラシを活かして地域密着で集客を進めよう

飲食店にとってチラシは効果的な集客の手段です。
地域の方に興味を持ってもらえるようなチラシを作成できれば、集客につながる可能性は高いです。
手書き・Webツール・制作会社と、どの方法を選ぶにしても、ターゲットを明確にしたチラシ作りを心がけましょう。

またチラシを配る際には、大量に印刷する必要がでてきます。
どうしても個人で行うと、手間も時間もかかるので、印刷だけは専門の業者に依頼するのがいいでしょう。
印刷通販の「プリントダップ」なら、フルカラーからモノクロのチラシまで、さまざまな種類のチラシ作成に対応できます。
チラシ印刷はプリントダップにご相談ください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら