印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 飲食店における集客方法を解説|ネットとチラシの併用が効果的

飲食店における集客方法を解説|ネットとチラシの併用が効果的

更新日:2022/09/12

飲食店における集客方法を解説|ネットとチラシの併用が効果的

お店の集客に悩んでいる飲食店勤務の方は多いです。
今回は効果的な集客ができていない、やりかたがわからない方に向けて、本記事では飲食店での集客方法を解説します。
さらに効果的な集客のポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

飲食店での集客方法

飲食店で効果的な集客方法には、インターネットを活用したものからチラシを使った施策など、できる方法はたくさんあります。
効果的な施策を選び、集客に活かしていきましょう。

メディアを活用する

マスコミに向けてプレスリリースを打ったり、取材を受けたりして認知を広めます。
マスコミやテレビの影響力は依然として大きいので、取り上げてもらえれば集客効果は高いです。

取り上げてもらうためにはインパクトのあるメニュー展開や話題性が必要です。
興味をもってもらえるような施策を考えて、アピールしていきましょう。
一度取り上げられて集客が終わってしまうのではなく、そこから継続的に来店してもらえるような対策を考えておくとより効果的です。

SNSで情報を発信する

SNSを活用した情報発信も集客効果は高いです。
お店の認知を拡大し、顧客との関係性を深められれば、継続した利用にも期待できます。
SNSの影響力は大きいですが、すぐに効果が出る施策ではないため、継続的な運用が必要不可欠になってきます。

口コミサイトへの登録する

ぐるなびなどの飲食店の口コミサイトへの登録も一つの手段です。
登録すれば一気に露出を増やせます。
過去に来店した方から良い評価をたくさんもらえれば、それがさらなる集客を生み出します。
しかし、登録している店舗も多数あるので、その中から選んでもらえるようなアクションをする必要があります。

チラシを配る

インターネットを使用しない世代や街中を歩いている方に効果的な施策がチラシの配布です。
まだまだ広告といえば新聞やチラシしか確認しない方も多いです。
そんな方には、チラシの配布は効果が期待できます。

また、街を歩いている方にチラシを配れば、興味をもってもらえたらすぐに来店してもらえます。
他の集客の手段よりもより早く効果が出ます。
チラシを活用する飲食店は減っていますが、使い方によっては効果的なので、運用を検討してみる価値は高いです。

飲食店で効果的に集客するためのポイント

集客の効果を高めるポイントを2つご紹介します。
ポイントを押さえて、意味のある施策を行っていきましょう。

情報を発信し認知を高める

大半の方がインターネットを使用している現代において、ネットを活用した情報発信は効果が大きいです。
情報を定期的に発信し、認知度を拡大できれば、集客できる可能性も高くなります。
また、顧客とのコミュニケーションを深めたらお店のファンになってもらえます。
ファンを増やし影響力ができると、継続的な集客を実現するのも可能です。

情報発信を始めたからといって、すぐに影響力が手に入るわけではないので、コツコツ継続的な運用をしていく必要があります。

ネットとチラシなどのアナログの手法を併用する

インターネットでの集客とチラシなどのアナログな手法を使った集客をつなげて活用する意識が重要です。
どちらの手法にもメリット・デメリットがあり、長所を活かせるような使い方ができると効果的です。
例えば、チラシに公式TwitterやInstagramのQRコードを記載すれば、チラシしか見ない方もネットの情報を確認しやすくなります。
また、フォロワーに対して地域を絞ってチラシを配布すると、限定的な集客の施策も可能です。

このように、集客の方法の組み合わせが相乗的な効果を生み出します。
運用の型にとらわれず、いろいろな組み合わせで効果的な集客を目指していきましょう。

飲食店でチラシ集客するメリット・デメリット

チラシで集客するメリットは2つあります。

  • ネットを使えない世代への効果が期待
  • 即効性のある集客効果

ネットを使っていない方には、インターネットを用いた集客ができません。
そういった世代にチラシを配ると、認知してもらえ、集客効果が期待できます。

また、期間限定クーポンなどを利用すれば、期間内にクーポンを使いたいといった方が増え、素早い集客が可能です。
ネットを活用した集客では、手の届かない層に認知してもらえる可能性が高いのは、チラシの大きなメリットです。

チラシで集客するデメリットは、顧客に向けた一方通行の施策といった点です。
どれくらいチラシの効果があったのかはわかりにくく、顧客とのコミュニケーションも取れません。
例えばSNSの集客では、フォローしてもらったり、コメントのやりとりをしたりするのも可能です。
飲食店と顧客それぞれがアクションを起こせて、コミュニケーションも深められます。
顧客との関係性を深められるようなアクションができないのは、チラシで集客するデメリットです。

集客はネットだけでなくチラシなどアナログな手法も活用しよう

飲食店の集客の手段は多いです。
その中でも情報発信は効果の高い集客手段です。
しかし、集客の効果を高めるためには、ネットもチラシも活用した総合的な運用が必要不可欠になってきます。

チラシ制作の経験がない方でも簡単にチラシを作れる「プリントダップ」なら、すぐにチラシの手配が可能です。
チラシ印刷はプリントダップにご相談ください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら