印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 飲食店における集客方法を解説|ネットとチラシの併用が効果的

飲食店における集客方法を解説|ネットとチラシの併用が効果的

更新日:2022/09/12

飲食店における集客方法を解説|ネットとチラシの併用が効果的

「効果が期待できる飲食店の集客方法は?」
「集客アップにつながるアイディアを知りたい」
「リピーターの獲得で意識しておきたいことは?」
お店の集客に悩んでいる飲食店勤務の方は多く、あなたもそのひとりかもしれません。
今回は、効果的な集客ができていない、やりかたがわからない方に向けて、本記事では飲食店での集客方法を解説していきます。
さらに、効果的な集客のポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

効果が期待できる飲食店の集客方法

飲食店で効果的な集客方法には、インターネットを活用したものからチラシを使った施策などたくさんあります。
効果的な施策を選び、集客に活かしていきましょう。
ここでは、具体的な方法を以下の7つ、紹介します。

  • ポスティング
  • Googleマップ
  • グルメポータルサイト
  • SNS
  • 看板やのぼりの設置
  • ホームページ作成
  • メール配信

それぞれ解説していきます。

ポスティング

1つ目はポスティングです。
インターネットを使用しない世代や街中を歩いている方に効果的な施策で、まだまだ広告といえば新聞やチラシしか確認しない方も多いのが現状です。
そんな方にこそ、チラシ配布は効果が期待できます。
また、街を歩いている方にチラシを配れば、興味をもってもらってすぐに来店してもらえるという即効性もあります。
チラシを活用する飲食店は減っていますが、使い方によっては効果的なので、運用を検討してみる価値は高いといえます。

ポスティングについては別記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。
関連記事:コラム89
ポスティングのメリット・デメリットや向いている業種を紹介

Googleマップ

2つ目はGoogleマップです。
Googleマップは、地図アプリケーションとして知られ、スマートフォンを介してお店の場所や情報を探すための優れたツールのひとつです。
Googleマップはグローバルに利用されており、世界中の人々が検索、評価、レビュー、および店舗を予約できるため、飲食店にとっても非常に重要なマーケティングツールとなっています。
店側はGoogleマップを利用することで、お店の位置情報や営業時間、連絡先、レビュー、写真、口コミなどを掲載できます。
これにより、検索エンジン最適化(SEO)の手法を使用して、お店を見つけるためのキーワードで検索された場合に、Googleマップでの表示順位を上げることも狙えます。
また、飲食店の集客に非常に有効です。
Googleマップ上の口コミ・レビューも、お店の信頼性を高めるために非常に重要な役割を果たしており、口コミ・レビューにはお店のサービス、料理、価格、雰囲気、清潔度などが含まれます。
これらの評価は他のユーザーに対してお店についての印象を与えます。
Googleマップを活用することで、お店の存在をより多くの人に知らせ、集客につなげることができるでしょう。
また、Googleマップには、お店に関する貴重な情報やデータが含まれており、集客向上のためには必須のツールとなっています。

グルメポータルサイト

3つ目はグルメポータルサイトです。
ぐるなびなどの飲食店の口コミサイトへの登録により、一気に露出を増やせます。
過去に来店した方から良い評価をたくさんもらえれば、それがさらなる集客を生み出します。
しかし、登録している店舗も多数あるので、その中から選んでもらえるようなアクションをする必要があります。

SNS

4つ目はSNSです。
今やSNSを活用した情報発信の集客効果は非常に高く、もはや活用は必須といえます。
お店の認知を拡大し、顧客との関係性を深められれば、継続した利用も期待できます。
ただ、SNSの影響力は大きいですが、すぐに効果が出る施策ではないため、継続的な運用が必要不可欠です。

看板やのぼりの設置

5つ目は看板やのぼりの設置です。
看板やのぼりは、道路や通行人に対して効果的に情報を発信する集客ツールで、効果的な設置方法を実践すれば、より多くの人々があなたの飲食店に足を運ぶことができます。
まず、看板の大きさと位置を考慮してください。
適切な大きさの看板を選び、通行人が容易に目にする場所に設置することが重要です。
店舗の外壁や駐車場、歩道に面した場所や、交差点など人目を集める場所に設置すると効果があります。
次に、文字やデザインの工夫も重要です。
看板には、簡潔でわかりやすい言葉やロゴマークを使用して、店舗のコンセプトや特徴をアピールします。
また、目立たせるために、色使いやフォント、デザインにも工夫をこらしましょう。
通行人が少しでも興味を持てるよう、鮮やかな色や熱いワードを使うと集客効果が高まります。
最後に、のぼりにも注目しましょう。
のぼりは、看板よりも簡易的に設置できるため、目的別に使い分けるとより効果的です。
たとえば、新商品発売や店内セール開催時には「新商品入荷!」や「SALE開催!」といったのぼりを店舗前に立てることで、通行人の目をひきます。
看板やのぼりは、道路や歩道を利用した集客手段です。
設置方法や選ぶ言葉、デザインなどの工夫によって、より多くの通行人に店舗を知ってもらい、集客することができます。

ホームページ作成

6つ目はホームページ作成です。
webマーケティングが主流となった今、飲食店の集客方法としてホームページを作成することが多くなっています。
ホームページを持つことで、常連客や新規客からの注文や予約が増えたり、店舗に対する信頼度が高まったりします。
また、インターネット上で情報を発信できるため、広告費を抑えても多くの人々に訴求することが可能です。
さらには、潜在的な客層にリーチし、集客を促進できる点もポイントです。

ホームページのデザインは、店舗イメージに合ったものにすることが重要になります。
メニューなどの情報をわかりやすく、ユーザーが使いやすいものを選びましょう。
また、店舗アクセス情報や駐車場の有無など、訪問者が知りたい情報を掲載することも必須といえます。
また、ホームページは作成して終わりにせず、更新を続けながら最新情報を提供することで、来店に繋がる可能性が高くなります。
当然、ホームページ上で注文・予約ができる機能を設けることで、顧客サービスの向上に繋がります。
ホームページは、今後も使用され続ける、飲食店の集客戦略のひとつとなるでしょう。

メール配信

7つ目はメール配信です。
飲食店の集客方法として長く活用されているメール配信はいまだに有効です。
なかでも、メール配信はリピーターの獲得や集客促進に有効です。
メールには、新メニューの紹介やキャンペーン、お得な情報やイベント案内など、お店の情報を配信できます。
また、メールリストに登録している人々は、自ら興味を持って登録しているため、興味関心が高く、情報に対して熱心に反応してくれる傾向があります。
ただ、メール配信を実践するためには、以下のポイントに注意する必要があります。

  • メールリストの収集

顧客をリストアップするために、ピッキングカードによるリスト収集や、ホームページやSNSからの集客、イベント参加者から収集など、さまざまな方法があります。

  • 頻度

頻度を決めて、コンスタントに配信することが重要です。
しかし、頻繁すぎると嫌がられるので、適切な頻度を設定する必要があります。

  • メール内容

メールに記載する内容は、顧客の興味や関心にマッチしたものが良いです。
また、テンプレートを作り、スムーズな配信を心掛けましょう。

  • セキュリティー

個人情報の保護やスパムメール規制に違反しないよう、セキュリティーにも気を遣う必要があります。

以上のポイントに配慮しつつメール配信することによって、集客効果を上げることができます。

集客アップにつながるアイディア

次は、集客アップにつながる具体的なアイディアを4つ紹介します。

  • 平日や雨の日に割引がある
  • ポイントカードを導入する
  • 紹介割引制度をつくる
  • 店内や厨房のレイアウトにこだわる

それぞれ見ていきましょう。

平日や雨の日に割引がある

1つ目は平日や雨の日の割引です。
飲食店の集客アップの効果的なアイディアのひとつに、平日や雨の日に割引があるサービスが挙げられます。
以下にその効果とポイントを解説します。

効果

平日や雨の日は、週末や晴れた日に比べて集客が少なくなりがちです。
こうしたときに割引を行うことで、集客力をアップすることができます。
顧客は普段よりもお得に飲食を楽しめると同時に、平日や雨の日でも利用しやすくなります。
また、割引によって顧客の満足度が高まり、リピート率が上がる可能性もあります。

ポイント

この割引には、以下のポイントがあります。

  • 平日や雨の日に限定することで、特別感を演出することができます。
  • 割引の内容については、店舗の利益を損なわない程度に設定することが大切です。
  • 割引内容は、顧客が購入する商品やサービスによって異なると良いでしょう。たとえば、ランチタイムにおいてはランチメニューの割引、ドリンク類などで行うこともできます
  • 割引の告知については、店舗のホームページやSNS、待ち時間に見られる看板などでアピールすることが効果的です。

以上が、平日や雨の日に割引を行うことで飲食店の集客をアップするためのポイントです。
ただし、割引による集客アップが一時的であったり、リピート率が上がらず結果的に利益が減少したりすることもあるため、経営者は慎重に判断する必要があります。

ポイントカードを導入する

2つ目はポイントカードの導入です。
飲食店の集客アップの効果的なアイディアのひとつには、ポイントカードを導入することも挙げられます。
以下にその効果とポイントを解説します。

効果

ポイントカードを導入することで、リピーターを増やし、集客アップにつながる効果があります。
また、ポイントカードは顧客にとってもメリットがあるため、回数を重ねることでリピート率を高め、さらに売上アップにつながることが期待できます。

ポイント

ポイントカードを導入するにあたっては、以下のポイントに注意する必要があります。

  • 簡単・分かりやすいデザイン

ポイントカードは、顧客にとって使いやすく、わかりやすいデザインが求められます。 ポイントのための行き違いがなくコンパクトで見やすいデザインにしましょう。

  • ポイント還元率

ポイント還元率は、お店の利益率を考慮して決定する必要がありますが、ポイント還元率が高いとリピート率が高まります。 また、ポイント還元率が低いとポイントカードを活用してもらえない可能性があるため、適切なポイント還元率を設定することが大切です。

  • 法令関連

ポイントカードには消費税の扱いや個人情報保護の観点から、法令に基づいた記載や取り扱いが必要です。 必ず遵守しましょう。

  • 留意点

ポイントカードを導入する時期は、周辺環境や既存顧客のリピート率、新規顧客の誘引のためなど、目的に合わせて導入時期を検討しましょう。 ポイントカードを導入するにあたっては、顧客接点に合わせた運用方法を考慮する必要もあります。 レジでの管理、スタッフの対応、データの蓄積や活用など、スムーズな運用のための環境整備やスタッフのトレーニングが必要です。

以上の点に配慮し、ポイントカードを導入することで、リピーター獲得につながり、集客アップに効果的です。

紹介割引制度をつくる

3つ目は紹介割引制度の導入です。
飲食店の集客アップの効果的なアイディアのひとつには、紹介割引制度を導入することも挙げられます。
紹介者と紹介された顧客に割引が与えられる仕組みで、以下にその効果とポイントを説明します。

効果

紹介割引制度は、既存顧客の定着と新規顧客の獲得に効果があります。
紹介者はリピートする傾向が高く、新規顧客を獲得しやすい傾向にあります。
また、紹介した顧客は既存顧客になりやすく、定着率が上がります。
このため、商圏外の新規顧客を獲得することにより集客アップやマーケティング効果が期待できます。

ポイント

紹介割引制度のポイントとして、以下のようなものがあります。

  • 割引率

割引率は、お店にとって収益性から考えて適切なレベルに設定される必要があります。
割引率が高すぎると、売り上げが下がり、利益率が低下する可能性があります。
一方、割引率が低いと、顧客に魅力的に映らず、紹介効果が得られない可能性があります。

  • 利用条件

利用条件を明確化することで、顧客にとってもわかりやすく、スムーズな利用が可能になります。
たとえば「紹介割引は、予約時に紹介者名をお伝えください」などの条件が考えられます。

  • 期間

紹介割引制度の期間を決めることで、顧客に利用するタイミングを促すことができます。
期間を限定することで、特別感を演出することができるため、顧客のリピート率が向上する可能性があります。

以上のように、紹介割引制度は、既存顧客の定着と新規顧客の獲得に効果があります。
ただし、割引率や利用条件、期間などを適切に設定することが重要であることを意識しましょう。

店内や厨房のレイアウトにこだわる

4つ目は店内や厨房のレイアウトにこだわることです。
飲食店の集客アップには、店内や厨房のレイアウトにこだわることも効果的なアイディアのひとつです。
以下にその効果とポイントを説明します。

効果

顧客に快適で居心地の良い環境を提供することで、リピート率を高め、新規顧客の獲得にもつながります。
店内のレイアウトには、たとえば席の配置やテーブルのサイズ、座席の距離感などが含まれます。
席の配置によっては、顧客に歓談しやすい雰囲気を醸し出すこともできますし、個室やカウンター席を設けることですべての顧客に 快適に過ごしてもらえるようにすることもできるでしょう。

ポイント

店内レイアウトのポイントとして、以下のようなものがあります。

  • 見た目のためだけではなくスタッフのためのレイアウトを

厨房や調理場のレイアウトにもこだわることで、スタッフの労働環境を改善し、生産性を向上することが可能です。 たとえば、厨房の流れを改善することで、スタッフの移動時間を短縮し、調理作業によるストレスを軽減することができます。

  • 色や照明で全体の雰囲気を統一

店内の色の選定にもこだわることで、おしゃれで落ち着いた雰囲気を醸し出すことができます。 また、照明を工夫することでも、おしゃれな雰囲気を演出しつつ、落ち着いた居心地の良い空間を作り出すこともできます。

以上のように、店内や厨房のレイアウトにこだわることは、顧客の満足度の向上につながり、その結果、リピート率の向上や新規顧客の獲得につながります。 したがって、飲食店経営者は、レイアウトにもこだわり、顧客に最高の体験を提供することを心がける必要があります。

飲食店に限らず店舗集客については別記事でも解説しているので、ぜひご覧ください。 関連記事:コラム114
店舗集客の方法|店舗集客をすべき理由や媒体に合わせた方法を解説

飲食店の集客をアップさせるために押さえておくポイント

ここからは、集客の効果を高めるポイントを4つ紹介します。
ポイントを押さえて、意味のある施策を行っていきましょう。

  • 店舗のコンセプトにあった施策を選ぶ
  • 顧客の動向や傾向を明確にする
  • PDCAサイクルをまわす
  • ユーザーからの口コミを確認する

それぞれ解説していきます。

ポイント‥絞泙離灰鵐札廛箸砲△辰浸楮を選ぶ

1つ目は店舗のコンセプトにあった施策を選ぶことです。
飲食店の集客をアップさせるためには、店舗のコンセプトにあった施策を選ぶことが重要です。
たとえば、コンセプトが「洋食店」という場合、和食系のメニューや施策を取り入れるよりも、洋風のメニューやインテリアに合った施策を選ぶ方が効果的でしょう。
また、コンセプトに合わせた飲食店ならではの施策を考えることも大切です。
たとえば、コンセプトが「地産地消」であれば、地元の食材を使った料理や、地元民のみが利用できる特別なサービスなどが挙げられます。
ストレートにコンセプトを表現した施策やメニューを選ぶことで、集客に繋がり、集客力アップにつながります。

ポイント顧客の動向や傾向を明確にする

2つ目は顧客の動向や傾向を明確にすることです。
飲食店の集客をアップさせるためには、顧客の動向や傾向を明確にすることが重要です。
具体的には、どのようなお客様が来店しているのか、来店時間帯や曜日、嗜好や好みなどを把握することが必要です。
そのためにはPOSシステムなどの導入や、アンケート調査や口コミサイトの分析などを行うことが有効です。
また、社交メディアの分析ツールを利用することで、顧客のインサイトを得ることも可能です。
顧客の動向や傾向を明確にすることによって、それに合わせた集客施策を打つことができます。
たとえば、家族連れ向けのランチメニューや、お酒好きの方向けのドリンクメニューの充実など、嗜好に合わせたメニューやサービスを提供することができます。
また、来店時間帯や曜日によって、セールやクーポンなどのキャンペーンを行うことで、顧客の呼び込みを行うこともできます。
顧客の動向や傾向を把握し、それに合わせた施策を打つことで、集客数の増加につながります。
しかし、ただ情報を収集するだけではなく、それを的確に分析し、施策に反映することが成功への鍵となります。

ポイントPDCAサイクルをまわす

3つ目はPDCAサイクルをまわすことです。
飲食店の集客をアップさせるためには、PDCAサイクルをまわすことが重要です。
PDCAとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとったもので、これを使って効果的な集客施策を立てることができます。
Plan(計画)では、集客施策を考える際に、目的やターゲット、方法、スケジュールなどを決めます。
Do(実行)では、決めた計画に基づいて集客施策を行います。
Check(評価)では、施策の効果を見極め、改善点を洗い出します。
Action(改善)では、改善点を基に改善施策を立て、再度Plan(計画)から進めます。
たとえば、顧客の動向や傾向を明確にすることが重要であるとわかった場合、次にPDCAサイクルをまわすことで、より効果的な施策を考えることができます。
まず、Plan(計画)で、顧客の傾向を調べる方法や、調査のスケジュール、分析に重点を置く要素を決めます。
次に、Do(実行)で調査を行い、Check(評価)で分析を行い、Action(改善)では、分析結果に基づいて集客施策を改善・立案し、再度集客施策を実行するという流れになります。
PDCAサイクルをしっかりまわすことで、飲食店は売上アップにつながる集客施策を打つことができます。

ポイントぅ罅璽供爾らの口コミを確認する

4つ目はユーザーからの口コミを確認することです。
飲食店の集客をアップさせるためには、ユーザーからの口コミを確認することが重要です。
今日のSNSや口コミサイトの発展により、ユーザーが店舗への感想や評価を共有する場が多様化しているため、顧客満足度を知る手段として利用できます。
良い口コミが店舗の集客につながることがあるため、積極的に確認し、良い評価を得るために改善点を見つけることが求められます。
また、悪い口コミも必ず存在しますが、そのような口コミを読んだ場合、どう改善できるかを考え、対処方法を探ることで、より良いサービスを提供し、顧客満足度を向上させることができます。
ユーザーからの口コミは、顧客のリアルな声を聞くことができるため、店舗運営において非常に貴重な情報源となります。
顧客からのフィードバックを積極的に取り入れ、アクションに起こすことで、集客や顧客満足度の向上につながることが期待できます。

リピーターの獲得で意識しておきたいこと

ここからは、リピーターを獲得するために意識しておきたいことを紹介します。
なかでも重要な以下の3つに絞って解説します。

  • スタッフの数と接客態度
  • メニュー
  • 広告

それぞれ確認してください。

項目.好織奪佞凌瑤叛楜丗崚

1つ目はスタッフの数と接客態度です。
スタッフの数が少ないと店舗の回転率が悪くなります。
また、接客態度がよくなければ、リピーターの獲得につながらないことは明白です。
接客態度は意識しても、スタッフの数まで意識していない店は意外と多いですが、スムーズに入店・注文・食事ができるかどうかに関わってくるため、非常に重要な要素といえます。

項目▲瓮縫紂

2つ目はメニューです。
具体的には、看板メニューの有無でしょう。
「ここでしか食べられない」と思わせられるかどうかが鍵となります。
また、つねに同じメニューで代り映えしないメニューはリピート率低下を招きます。
季節に併せて限定メニューを取り入れるなど、顧客が定期的に通いたくなるメニューにしていきましょう。

項目9告

3つ目は広告です。
当然、広告は大切ですが、広告を打ち出しすぎると「売り上げ<広告費」になることもあります。
また、場合によっては店舗のイメージを損ねることも。
「3ヒット理論」というマーケティング心理学では有名な理論があります。
これは、広告の数は「3回目に入る」がもっとも効果的というもので、あまりに多すぎる広告は逆効果になってしまいます。
広告の内容自体も、ブランディングなどを加味しながら、あくまで自店にあったものを選びましょう。

飲食店の集客は店の立地やコンセプトにあわせて行おう

飲食店の集客の手段は多く、なかでも情報発信は効果の高い集客手段です。
しかし、集客の効果を高めるためには、ネットもチラシも活用した総合的な運用が必要不可欠になってきます。
また、立地やコンセプトにあわせた集客の工夫を取り入れることも欠かさないようにしましょう。

当サイトの運営会社は、印刷会社としての豊富な知識をもとに
幅広く印刷通販事業やチラシ印刷事業などを行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら