印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 冬期講習におすすめの集客方法とは?注目するポイントも紹介

冬期講習におすすめの集客方法とは?注目するポイントも紹介

更新日:2022/06/09

冬期講習におすすめの集客方法とは?注目するポイントも紹介

「冬期講習におすすめの集客方法やコツは?」
「冬期講習で集客したいときに注目したいポイントは?」
「冬期講習の集客でチラシを使うメリットが知りたい」
学習塾を運営している方にとって、生徒をより集められる冬期講習の集客は、とくに力を入れたいところ。
しかし、集客とはいってもさまざまな方法があるため、どの集客方法を選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。
そこで本記事では、冬期講習におすすめの集客方法について網羅的に解説していきます。
冬期講習の集客方法に悩んでいる塾経営者の方は、ぜひ最後までご覧ください

人が集まる学習塾の特徴とは

人が集まる学習塾の特徴は、言わずもがな「保護者に塾の魅力が伝わること」です。
学習塾の魅力は、生徒一人ひとりの学習ニーズに対応する個別指導の充実さや、質の高い教材、競争を促す同級生との刺激的な環境です。
また、学習の進捗を定期的に報告することで、保護者の方々に子どもの成長を見て感じてもらえるなども魅力のひとつでしょう。
充実した学習サポート体制は、保護者にとって心強いポイントであり、子どもを預ける塾選びに信頼と安心を提供します

冬期講習で集客したいときに注目したいポイント

次に、冬期講習で集客したいときに注目したいポイントを見ていきましょう。
主要なポイントは以下の3つです。

  • 発信する情報の種類を考える
  • 冬期講習の期間中に生徒のモチベーションを引き出す
  • 冬期講習の時期に保護者が求めることを考える

それぞれ確認してください。

ポイント“信する情報の種類を考える

冬期講習での集客を目指しているなら「発信する情報の種類」に注目することが大切です。
考えるべきポイントは2点。
「今すぐ使える情報か」と「検討したい情報か」です。
具体的には、講習のカリキュラム内容や、期間限定の特別クラスの開設の情報、または担当する講師の専門性と経歴などが挙げられます。
さらに、他の講習との差別化を図り、なぜその冬期講習が生徒にとって有益なのか、具体例を交えて伝えると良いですね。
成功事例や過去の受講生の声を引用するのもひとつの方法です。
このように有益な情報を提供することで、保護者や生徒の興味を引き、塾への信頼を高めることにつながります。

ポイント冬期講習の期間中に生徒のモチベーションを引き出す

冬期講習の集客を成功させるためには、生徒のモチベーションを引き出すことがキーポイントです。
この期間は長期休暇と重なるため、生徒たちの学習意欲が低下しやすい時期です。
そこで、モチベーションを引き出すために、冬期限定の特別なプログラムやイベントを用意しましょう。
たとえば、ゲーム感覚で楽しめる学習コンテストや、短期集中で成果を出すためのチャレンジテストなども良いかもしれません。
ここで「楽しい」を提供できれば、冬期講習をきっかけに入塾を検討させるチャンスになります。

ポイントE澳講習の時期に保護者が求めることを考える

冬期講習の際には、保護者が何を求めているのかをしっかりと把握することが重要です。
多くの保護者は、子どもが新学期に向けて学力を伸ばすこと、または苦手を克服することを望んでいます。
そのため、具体的な成績向上の計画や個々のニーズに合わせた個別指導プランを提案することが効果的です。
また、進学情報提供といった付加価値を提供することで、保護者の期待感を高めることができます。
それらの情報が冬期講習への参加を後押しし、集客につながるのです。

冬期講習におすすめの集客方法

冬期講習を受けようと考える生徒の多くは、受験までまだ余裕がある時期ではあるものの、受験への意識が高まりつつある中学2年生です。
生徒が自ら入塾を検討することもあれば、保護者が入塾をすすめることもあるため、冬期講習を開催する場合には、中学2年生をターゲットとして集客しなければなりません。
そんな冬期講習におすすめの集客方法を、ここでは以下の4つ紹介します。

  • Webサイトを充実させる
  • Googleマップに登録する
  • SNSで告知する
  • チラシを配る

それぞれの特徴を見ていきましょう。

方法Webサイトを充実させる

冬期講習で集客を増やしたい時、Webサイトは大変重要な役割を果たします。
充実したサイトでは、講習内容や日程、受講料金など必要な情報を明確に伝えることができます
くわえて、講師紹介や、成功事例、生徒や保護者の声など、親近感を呼ぶコンテンツを豊富に揃えることで、利用者に安心感を与えることもできるでしょう。
オンラインでの問い合わせや申し込み機能を整備することで、ユーザーは手軽に情報を得られ、講習への参加へとスムーズにつながる点も魅力です。

方法Googleマップに登録する

Googleマップへの登録は、地元の潜在的な顧客に発見される絶好の機会を提供します。
とくに、地域で学習塾や冬期講習を探している家庭にとって、位置情報検索は重要なツールです。
登録により、御社の塾名、場所、営業時間、連絡先、そして利用者からのレビューが表示され、信頼性とアクセシビリティが向上するでしょう
くわえて、写真や冬期講習の特別なオファーを掲載することで、検索者の興味を引き、直接的な集客へとつながりえます。

方法SNSで告知する

SNSも、冬期講習の集客に最適なツールです。
InstagramやFacebook、Twitterなどのプラットフォームを活用し、目的のオーディエンスに直接アプローチしましょう。
講習の魅力を伝える投稿を定期的に更新して、興味や話題を喚起するだけでなく広告投稿を打っても良いでしょう
視覚的なインパクトが強いSNSでは、授業の風景や生徒の活動を写した写真やビデオを共有することが効果的です。
ハッシュタグを使って関連性のあるトピックに絡めたり、早期申し込みの割引などの特典を提示することも、注目を集める良い方法です。
また、生徒や保護者による口コミを拡散することで、信頼性を高めてさらなる集客が期待できます。

方法ぅ船薀靴鯒曚

冬期講習の告知にチラシというのは、いまだに実績のある手堅い手法です。
目に留まりやすく、情報を具体的に伝えられます
デザインは目を引くものにし、講習のメリット、期間、費用、申込方法を明記してください。
また、地域の学校周辺や図書館など、保護者や生徒の来訪が多いスポットに配布すると効果的です。
チラシにQRコードを含めると、スマホでサイトへ直接アクセスでき、さらに利便性が増します。
効率的な配布と反響を図るため、ターゲットとする生徒の年齢層や関心に合わせて内容をカスタマイズしましょう。
地域訴求性やコストの面で、もっともおすすめできる方法といえます。

ポスティングのメリット・デメリットを知りたい方は以下の記事をご覧ください。
関連記事:コラム89
ポスティングのメリット・デメリットや向いている業種を紹介

チラシとWeb集客の違い

最近はWeb集客を採用している塾も多いですが、先ほどおすすめしたチラシとはどういった違いがあるのでしょうか。
ここでは、以下の2点から解説していきます。

  • アプローチできる人数
  • 制作期間

一見するとWeb集客の方が良さそうですが、チラシの強みがこれら2点に隠れています。

違い.▲廛蹇璽舛任る人数

Web集客はインターネットの広大なネットワークを利用して、不特定多数にリーチできる点で優れていますが、対象が広すぎるため効率が低いことがあります。
一方で、チラシは配布範囲が限定されるため、リーチする人数はWeb集客に比べて少ないかもしれませんが、地域密着型で周辺の住民など明確なペルソナにダイレクトにアプローチできるため、無駄が少なくコストパフォーマンスに優れています。
反響率を高める観点からは、チラシにも大きな価値があるといえるでしょう。

違い∪作期間

チラシの制作期間には大きなメリットがあります。
デザインの作成から印刷、配布という一連の流れは、比較的短時間で完了することが可能です。
地域に即座に情報を届けたい場合、チラシは素早い対応を可能にします。
一方で、Web集客ではサイトの構築やコンテンツの作成、検索エンジン最適化(SEO)など、時間を要する工程が多く、すぐに結果を出すのが難しい場合があるでしょう。
とくに繁忙期においては、迅速なアクションが求められることも多いため、速やかにポテンシャル顧客へ到達する手段として、チラシの方がしばしば優れたオプションとなります。

冬期講習の集客でチラシを使うメリット

ここからは、冬期講習でチラシを作る3つのメリットについて見ていきましょう。

  • ターゲットを絞って配布できる
  • お得な情報や塾の最新情報を載せられる
  • WebサイトやSNSの情報も載せられる

それぞれ順に解説していきます。

メリット.拭璽殴奪箸鮃覆辰毒柯曚任る

チラシ配布の大きな利点は、配布地域を精密に選定できることです。
特定の学校区域やターゲット層が多く住むエリアを選んで配布すれば、関心がある家庭に直接アプローチでき、より効率的な集客が期待できます。
たとえば、ある中学校の学区に住む家庭にのみチラシを配ることで、その学校の生徒に直接講習の情報を届けることができ、狙い通りの生徒を集めやすくなります。
このような地域限定配布は、チラシならではの戦略的利点といえるでしょう。

メリット△得な情報や塾の最新情報を載せられる

冬期講習のチラシ活用のメリットは、注目を集めるお得な情報を掲載できることです。
たとえば「チラシを持ってきた方への特典付き」といったインセンティブを用意することで、顧客が講習に興味を持ちやすくなります。
さらに、イベントの案内や新しい学習プログラムの紹介など、チラシを通じて塾の更新情報を素早く伝えることが可能です。
塾のキャッチコピーを加えることで、塾の個性や教育理念を明確に伝達し、保護者や生徒の関心を引き付けることもできるでしょう。

メリットWebサイトやSNSの情報も載せられる

冬期講習の集客にチラシを用いる利点として、塾のWebサイトやSNSアカウントへの誘導のしやすさも挙げられます。
チラシにはQRコードを印刷することで、スキャンするだけで関連サイトやSNSページに直接アクセスできるようにできます。
これにより、塾に関する更なる詳細情報や学習コンテンツ、リアルタイムの更新情報を入手できるため、保護者や生徒の関心を継続的に引き付けられます。
また、オンラインでの口コミの確認や、塾の雰囲気を伝える写真や動画などを介した視覚的な情報提供も可能です。
この連携は、物理的なチラシとデジタル媒体の組み合わせによって、最大限の集客効果を発揮するでしょう。

冬期講習の集客でチラシを使うデメリット

冬期講習の集客にチラシを活用するとメリットがある一方で、デメリットもあります。
主なデメリットは以下の2つです。

  • チラシを見てもらえたかわからない
  • ほかの塾と配布時期が被る

それぞれ見ていきましょう。

デメリット.船薀靴鮓てもらえたかわからない

冬期講習のチラシ配布はたしかに効果的な宣伝手法のひとつですが、チラシが実際に目を通されたか確認することは難しいというデメリットがあります。
配布したチラシが受け取られても、読まれずに捨てられてしまう可能性があり、その結果、配布枚数に比べて実際の反応が見込めないことがままあります。
このように、直接の反応を計測することが困難であるため、チラシの配布効果を正確に把握しにくく、マーケティング活動の最適化が難しくなるという点を考慮する必要があるでしょう。

デメリット△曚の塾と配布時期が被る

冬期講習の際、多くの塾が同時期にチラシを配布するので、ターゲットの注目を得るためには、ただ情報を伝えるだけでは不十分です。
チラシが他の塾のものと同時に配られると、受け手にとっては情報過多となり、自塾のチラシが埋もれてしまうリスクがあります。
そのため、競合との差別化を図るポイントを明確に打ち出すことが重要です。
たとえば、独自の教育方法や特別なオファーを前面に出し、他塾との差異を際立たせることが、生徒獲得のカギを握ります。

冬期講習の集客を高めるコツ

最後に、冬期講習の集客を高めるコツを紹介して終わります。
重要なのは以下の2点。

  • 塾の独自性を明確にする
  • 冬期講習のカリキュラムを充実させる

これらを意識して、冬期講習の集客を高めましょう。

コツ―里瞭伴性を明確にする

冬期講習の集客を高めるには、塾が持つ独自性をはっきりと打ち出すことが大切です。
これは、塾が提供するユニークな教育プログラム、カリキュラム、講師の専門性や成功事例など、他の塾とは異なる特長をアピールすることを意味します。
たとえば、実績のあるオリジナルテキストの使用、特別な学習サポート体制、モチベーションを高めるためのイベントや勉強法のワークショップなど、塾ならではの魅力を明確にして伝えることで、保護者や生徒の関心を引き、他塾との差別化を図れるでしょう。

塾の集客方法を詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
関連記事:コラム69
塾で効果的に生徒を集めるためにおすすめの5つの集客方法

コツ冬期講習のカリキュラムを充実させる

冬期講習の集客を成功させるためには、充実したカリキュラムの提供が欠かせません。
この時期は生徒が学校の授業から離れ、集中して学習に取り組むチャンスです。
そこで、基礎から応用までを網羅したカリキュラム、あるいは次の学期や受験に向けた特別プログラムを設けることがポイントです。
たとえば、苦手分野を克服するクラス、発展的な内容を扱うアドバンスクラス、さらには新学期の予習に特化したカリキュラムなど、生徒のニーズに応じた多様なコースを用意することで、保護者や生徒の関心を集めやすくなるでしょう。

冬期講習の集客方法はチラシのポスティングがおすすめ

冬期講習におすすめの集客方法はWebサイトやチラシのポスティング、SNSなどがありますが、とくにおすすめの集客方法はチラシです。
地域密着で手軽に大量配布でき、保護者や生徒に直接情報を届けるのに最適といえます。
また、同じ時期にポスティングをする可能性の高い、他塾と差別化を図るために、アピールポイントを分析することが大切です。
なお、チラシをポスティングしたからといって必ず高い効果が出るわけではないのでほかの集客方法と組み合わせながら行うことをおすすめします。

プリントダップではチラシの印刷からポスティングまで請け負っているので、冬期講習の集客にポスティングを使ってみたいというご担当者様はお気軽にご連絡ください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら