印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 求人募集方法をそれぞれのメリット・デメリットとともに紹介

求人募集方法をそれぞれのメリット・デメリットとともに紹介

更新日:2022/06/09

求人募集方法をそれぞれのメリット・デメリットとともに紹介

新しい人材の採用を検討しているものの、さまざまな求人募集の方法があるためどれを利用すればよいのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
求人を出すのであれば、自社の求めているターゲットに合った方法を選びたいですよね。

そこで本記事では、主な求人募集の方法とそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。
より効果の高い方法で求職者に自社の求人を届けたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

主要な求人募集の方法3選とメリット・デメリット

求人募集を方法にはさまざまなものがありますが、そのなかでも主要な方法は「求人サイト」「求人紙媒体」「求人チラシ」の3つです。

まずはそれぞれの求人募集の方法の特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。
どの求人募集の方法が自社のターゲットに合っているのか、確認してみてください。

求人サイト

求人サイトは、テレビCMやインターネット広告でもよく見られる、近年では特に主流な求人募集の手段です。
アルバイトから正社員までさまざまな条件の求人や、職場の雰囲気、先輩社員からのメッセージなど、詳細な情報を掲載できます。

メリット

求人サイトのメリットは、会社の雰囲気や仕事内容を写真や文字で詳しく掲載できるため、会社の魅力をしっかりとアピールできることです。
会社の雰囲気や実際の仕事内容に対して明確なイメージを持った求職者から応募があるため、ある程度会社が求めている人材を確保できるといえるでしょう。

また、求職者が求人サイトを利用する際、希望職種や年収といった自身の情報を登録する必要があります
求職者が登録した情報をもとに、企業側から求職者のスカウトをすることもできるので、応募を待つだけではなく積極的にアプローチができることもメリットの1つです。

デメリット

さまざまな求人サイトが増えていることで、会社側もどの求人サイトに登録すればよいのか迷ってしまうことがデメリットとして挙げられます。
求人サイトそれぞれの特色をしっかりと押さえたうえで、登録することをおすすめします。

また、求人サイトに掲載をしても求職者が集まらず採用に至らないこともありますが、この場合でも掲載料金がかかってくることには注意が必要です。

求人紙媒体

求人紙媒体とは、求人情報が掲載されたフリーペーパーのことです。
求人紙媒体にもいくつか種類がありますが「タウンワーク」がもっとも有名でしょう
企業が掲載料金を支払って自社の情報をフリーペーパーに載せることで、求人募集を行います。

求人紙媒体は、駅のなかやコンビニといった手に取りやすい身近な場所に設置されているため、求職者は無料で手に取ることができるという特徴があります。

メリット

求人紙媒体は職種にかかわらず、さまざまな求人情報が一覧として確認できて、決まったスペースのなかで業務内容を端的に伝えられるということが主なメリットです。

また、求職者にとって無料のフリーペーパーは手に取りやすい求人情報です。
地域に特化した情報を掲載しているエリア版のフリーペーパーであれば、より求職者に見てもらいやすいこともメリットの1つだといえます。

デメリット

フリーペーパーには多くの求人情報が載っているために、自社の情報を掲載できるスペースが限られています。
そのため、載せられる情報を厳選しなければならないという点はデメリットといえるでしょう。
自社の情報が少しでも求職者の目に留まるように、限られた情報量で文言を工夫する必要があります。

そして掲載が始まると、それ以降は文章や画像の変更ができないこともデメリットの1つです。
また、求人募集の必要がなくなったとしても、求人情報を取り下げることもできないので、自社の求人募集の情報が掲載される期間は必ず確認することをおすすめします。

求人チラシ

求人チラシには、新聞のあいだに挟む折り込みチラシや、チラシを配布するポスティングなどで求人募集をする方法があります。

1人暮らしの人は新聞をとっていることが少ないため、折り込みチラシのメインターゲットは家族層となります
ただ、最近では新聞をとらない家庭も多くなっているため、家族層をターゲットとする場合でもポスティングを視野に入れたほうがよいかもしれません。

メリット

折り込みチラシのメリットは、新聞に挟まれているという都合上、ターゲットが新聞を読むときには必ず目にすることになり、求人募集の内容を見てもらえる可能性が高いことです。
一方でポスティングはチラシを直接配布するため、新聞をとっていない家庭にもチラシを届けられます。
ポストへ投函することで、ユーザーに直接チラシを手に取ってもらえることもメリットの1つだといえるでしょう。

また、折り込みチラシは居住している地域を指定してチラシを入れられて、ポスティングも配布先を戸建て限定や店舗限定にすることが可能です
どちらもターゲットが居住している地域を指定して、チラシを入れることができるので、会社の近隣エリアなど、特定の地域に住んでいる人を狙ってアプローチできます。

デメリット

折り込みチラシで求人募集を行うデメリットとしては、やはり新聞の購読者が減少していることが挙げられるでしょう。
若者が新聞を読まなくなってきており、家庭のなかでも購読者が限られることから、新聞をスマートフォンで読む家庭も増えているようです。
そのため、チラシを配布したとしても求人募集の情報を届けられる数自体が少ないということは覚えておきましょう。

また、ポスティングは新聞とは異なりポストに直接投函するため、配布先の家庭からクレームが入る可能性が高いことがデメリットです。
クレームが入った場合には真摯に受け止めて、再発防止に努めましょう。

求人募集の方法は求人サイト・求人媒体・求人チラシなどがある

いかがでしたでしょうか?

求人募集の方法には求人サイト・求人紙媒体・求人チラシの3つがあります。
それぞれメリット・デメリットが異なるため、本記事で紹介した内容を参考に、自社に最適な方法を選びましょう。

チラシを使った求人募集をご検討中の企業様は、プリントダップまでご相談ください。
チラシの印刷やポスティングまで対応いたします。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら