印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム フライヤー用紙の種類や選び方は?フライヤーは厚みがポイント!

フライヤー用紙の種類や選び方は?フライヤーは厚みがポイント!

更新日:2021/09/18

フライヤー用紙の種類や選び方は?フライヤーは厚みがポイント!"/

自社サービスや商品を広く顧客にアピールするためには、様々な手法が用いられます。
チラシの配布などがその方法に挙げられますが、中でもデザインやおしゃれさにこだわりを持って作成するのであれば、「フライヤー」の活用がおすすめでしょう。
フライヤーとは手に取りやすい厚めの紙を使った広告のことであり、デザイン性にこだわるのであればその用紙選びには一層の注意が必要です。

この記事では、フライヤーを作成する際の紙の種類と選び方のポイントについて解説します。
フライヤー広告での販促を考えている方やフライヤーの選び方に困っている方は、ぜひ一度参考にしてみてください。

フライヤー用紙の種類

ここでは、フライヤーに最適な用紙3種類の特徴を紹介します。

普通紙(上質紙)

パルプ原料だけを使って作られており、つや消しでコーティングされていない非塗工の紙です。
一般的なコピー用紙に似た印字品質と使い勝手の良さが長所であり、印刷した文字や画像などが裏面から透けてしまうことがありません。
ただし光沢感に欠けカラーの再現性が低く、発色の良さでは他の用紙の方が優れていると言えるでしょう。

光沢紙(コート紙)

上質紙を基本にして表面を塗料でコーティングした紙です。
フライヤーをはじめ、チラシやポスター、雑誌のカラーページなどに幅広く活用されています。
カラーの再現性の高さやインクの乗りの良さが長所であり、光沢が上質紙には出せない高級感を生み出してくれます。
次に紹介するマットコート紙よりは安価に利用できるため、使い勝手が良いと言えるでしょう。

マットコート紙

基本はコート紙と一緒ですが、こちらの方がより光沢感が抑えられたマット仕様の紙です。
高級感を与えながらより落ち着いたイメージに仕上げてくれます。
光を反射しにくくなっているため文字が読みやすく、鉛筆やボールペンでの筆記が可能です。
ただしインクが乾きにくく、インクジェットプリンタでの印刷にはあまり向いていません。

フライヤー用紙は厚みで選ぶ

ここでは、フライヤー用紙の選び方について解説します。
フライヤー用紙は、厚みの違いで選ぶのが基本です。
用紙の厚みは、通常重さ(kg)で表現されます。
実際には下記以上の厚みがあるフライヤー用紙も活用されることもありますが、まずは基本として押さえておきましょう。

70kg

コピー用紙とほとんど同じ厚み(0.08〜0.10mm)であり、新聞の折込チラシやポスティング用のチラシなどに用いられます。
なお、コート紙の場合は同じ厚みでも73kgです。
折込チラシなどでは、より薄い70kg以下の用紙もよく活用されます。
薄いためにコストパフォーマンスが良く、毎日何万枚もの印刷をする大量生産に向いています。

90kg

フライヤー用紙としては、最も一般的な厚み(0.09〜0.13mm)です。
コピー用紙と比較すると、より厚みがあってしっかりとしています。
イベント会場で配られるフライヤーをはじめ、冊子の本文や厚めのチケットなどに用いられることが多いと言えます。

110kg

とてもしっかりとした厚み(0.10〜0.16mm)の紙です。
映画のパンフレットや文庫本の表紙、DVDのジャケットなどに使われることが多く、少ない枚数でも充分に重厚感、そして高級感のある印象にできます。

135kg

通常使われる中では非常に厚みがある(0.13〜0.19mm)と言える紙です。
1枚を加工し、蛇腹タイプのリーフレットなどを造るのにも適しています。
通常は、大型の折りパンフレットやポスター、圧着はがき、薄めの名刺などに活用されます。

フライヤー用紙にこだわりましょう

今回は、フライヤー用紙の種類や選び方について解説してきました。
自社にとって必要なフライヤー用紙が何か判断する材料となりましたでしょうか?
フライヤー用紙は見た目の光沢感や高級感、厚みなどがポイントになるため、参考にしてみてください。

当サイトの運営元は、元々印刷会社をしていました。
印刷会社としての知識をもとに今は印刷通販事業やチラシ印刷事業を行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら