印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 飲食店のメニュー表の作り方

飲食店のメニュー表の作り方

更新日:2023/04/05

飲食店のメニュー表の作り方

「メニュー表の作り方がわからない」
「おすすめ料理を頼んでもらえない」
こんな悩みを抱えている飲食店は多いのではないでしょうか。
おすすめの料理はメニューに載せる場所や写真、言葉を工夫することで頼んでもらいやすくなります。
ここからは、業界別メニューの作り方やポイントについて紹介します。
最後まで読むことでメニュー作りに頭を悩ませることが無くなりますよ。

メニュー表を作成する上で意識するポイント

はじめに、メニュー表を作成する上で意識するポイントを2つ紹介します。

  • お客様の立場にたってメニュー表を作成
  • 料理の写真文章を記載

飲食店だけではなく、どの業界にも共通するポイントのため、押さえておきましょう。

お客様の立場にたってメニュー表を作成

1つ目のポイントは、お客様の立場にたってメニューを作成することです。
メニューはわかりやすさが重要なため、見やすさを意識しましょう。
さらに、選択肢がたくさんあると迷ってしまうため、1ページあたり3品ほどの記載が好ましいです。
また、同じ種類でまとめることで、商品同士を比較しやすくなります。
お客様はメニューを見るとき、左上からZの順に見ます。
そのため、おすすめ料理やよく頼まれるコーヒーは左上に記載するとお客様も選びやすいでしょう。

料理の写真文章を記載

次のポイントは、料理の写真や説明文を記載することです。
料理の名前だけではどんな味かわかりづらい場合があります。
そのため、写真や説明文も載せることで、お客様もどんな料理か想像しやすく親切です。
特に写真の掲載は食欲を刺激できるという利点もあります。
写真を載せる場合はサラダや丼など色鮮やかで目を引くものや看板メニューを載せるといいでしょう。
説明文はどんな料理か、誰におすすめか記載するといいでしょう。

業界別のメニュー表の作り方

飲食業界でもカフェとラーメン屋では雰囲気が変わるため、メニュー表の作成方法にも違いがあります。
ここからは、業界別のメニュー表の作り方について紹介します。

  • レストラン
  • 居酒屋
  • カフェ
  • ラーメン
  • 焼肉

それぞれ見ていきましょう。

居酒屋

居酒屋は定番メニューの他に日替わりメニューを用意しましょう。
日替わりではなくても、季節限定のメニューがあると飽きづらく、お客様も楽しんで来店できます。
居酒屋にもいろいろな雰囲気がありますが、お手軽な居酒屋であれば定番メニューはシンプルで見やすいチラシ型がおすすめです。
創作居酒屋であれば和紙や木の表紙の冊子もいいでしょう。

カフェ

カフェは店内の雰囲気と合わせたメニューにしましょう。
見やすさよりもおしゃれさを意識したメニューにすることで、店内の雰囲気を壊すことなく、お客様にくつろいでもらえます。
また、カフェは料理が少なく、メニューが寂しい印象になりがちです。
写真を多く記載することで華やかなメニューになるため、写真は多めに記載しましょう。

ラーメン

ラーメンはおすすめ料理を強調させることで他の店舗との差別化が図れます。
おすすめ料理を記載する場所は、最も目立つ左上への記載がおすすめです。
料理以外にも、スープやチャーシューなどおすすめポイントがあれば細かく記載しておきましょう。
この店舗にしかないおすすめポイントを記載することで、他店との差別化が図れます。
ラーメン店もメニューが少ない傾向にあるため、なるべく写真を載せるようにしましょう。

焼肉

焼肉は新鮮なお肉の写真を載せることでお客様の食欲を増幅させることができます。
タンやカルビなど、メインの料理は積極的に写真を載せましょう。
さらに、お肉の産地も載せることでお肉への興味が湧いてきます。
また、お肉以外に食べ方やタレでこだわっているポイントがある場合は、細かく記載してもいいでしょう。

よくないメニュー表

ここからは、良くないメニュー表について紹介します。

  • メニュー表に載せる文字数が多い
  • 同じサイズ感の写真・文字

それぞれ解説していきます。

メニュー表に載せる文字数が多い

文字数が多いとお客様も疲れてしまいます。
できれば「期間限定」や「〇〇産サーモン使用のレモン風味パスタ」など、簡潔な文章が望ましいです。
どうしても細かく説明したい内容がある場合は、他の文字数を減らすなど調整をしましょう。

同じサイズ感の写真・文字

メニュー内の写真や文字が同じサイズだとおすすめメニューがわかりづらく、選ぶ時に困ってしまいます。
そのため、おすすめの料理は料理名を大きく表示したり、写真と説明文を付けたりサイズに変化を持たせるようにしましょう。
そうすることでお客様も料理を選びやすくなります。
このように、選ぶストレスを減らしてあげることも大切なポイントです。

メニュー表作成のポイント

最後に、メニュー表作成時のポイントについて紹介します。

  • 料理への関心をたかめる文章
  • 分かりやすい料理の写真
  • メニュー表はお店のコンセプトと合わせる
  • 価格で視線誘導

それぞれ見ていきましょう。

料理への関心をたかめる文章

料理への関心を高めるために、食べてみたいなと思わせる文章を記載しましょう。
たとえば「〇〇産のエビ使用」だけでなく「〇〇産の甘みが強いぷりぷりエビ使用」の方が食べてみたいと感じますよね。
このように料理への関心が強くなる文章を記載するようにしましょう。
他には「低温調理」や「炭火焼き」など、調理方法を乗せることもおすすめです。

分かりやすい料理の写真

どんな料理かわかりやすい写真を載せましょう。
そのためには正面だけでなく横からの写真や断面図など載せてもいいでしょう。
写真はなるべく色味の多い、映える写真を載せることで食欲を刺激できます。

メニュー表はお店のコンセプトと合わせる

メニュー表はお店のコンセプトと合わせるようにしましょう。
創作居酒屋であれば和紙のような用紙や毛筆文字の方が雰囲気も出ます。
また、昼と夜で雰囲気が変わるお店の場合はランチ用とディナー用の2種類のメニューを用意しておくといいでしょう。

価格で視線誘導

価格設定で1人当たりの単価を上げることができます。
メニューの一番上にある料理や、コース料理の真ん中の金額をベースの金額と思いがちです。
そのため、メニューの一番上に少し高めの料理を記載することで客単価を上げることができるのです。

こちらの記事では、飲食店の集客方法について解説した記事になります。
コラム108
飲食店における集客方法を解説|ネットとチラシの併用が効果的

写真を掲載して見やすいメニューに

メニューの作り方やポイントについて紹介しました。
どの業種にも共通して言えることは、お店の雰囲気に合わせた見やすいメニューを作るということです。
見やすいメニューを作るためには、文字だけでなく料理の写真も掲載しましょう。
しかし、紙に写真を貼ったり既存のメニューに追加で写真を貼ると写真が浮いてしまいますよね。
さらに、写真を紙に印刷できたとしてもラミネート加工が施されていないと、破れたりにじんだりしてすぐにダメになってしまいます。
「プリントダップ」では、パウチ加工(ラミネート加工)を施したメニューを作成できます。
見開き型やチラシ型など様々な形のメニューが作成可能です。
仕様のご相談も承っているため、一度ご相談ください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら