印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 飲食店の名刺カードを作成するメリットとは?

飲食店の名刺カードを作成するメリットとは?

更新日:2022/06/27

飲食店の名刺カードを作成するメリットとは?

飲食店を経営されている方は名刺カードを作っていますでしょうか?

飲食店の名刺カードを作るとさまざまなメリットがあります。

載せる情報によっては集客を望める場合も。

今回は飲食店の名刺カードを作成するメリット、デメリットや載せる情報について解説します。

飲食店での名刺カードとは

飲食店での名刺カードと聞いて、どのようなものをイメージするでしょうか。

飲食店での名刺カードは、ビジネスマンと同じようにそのお店をしってもらうためのカードです。

ビジネスのために使用されますが、個人が持つ名刺カードに比べると宣伝のイメージが強いのが特徴です。

この名刺カードを渡す対象はその店舗のお客様はもちろん、新たなビジネスを展開するときなどの取引先なども対象になります。

飲食店が名刺カードを作成するメリット

ビジネスでの宛名面は会社や役職名など、記載する情報が増えます。

飲食店が名刺カードを作成するメリットは主に3つあります。

  • 新規顧客の獲得
  • 顧客が簡単に店舗の情報が確認できる
  • 店舗のイメージをつかんでもらいやすい

これらをしっかりと理解することで、その飲食店に名刺を作る必要があるかどうかをはっきりさせることができます。

それぞれ見ていきましょう。

新規顧客の獲得

飲食店の名刺カードを作っておくと、新しい顧客を獲得するチャンスが増えます。

店舗に来店したお客様に名刺を渡すと、そのお客様の周りに紹介しやすいのです。

HP等がある店舗では、その情報も載せておくとさらに興味を持ってもらえるかもしれませんね。

飲食店での新規顧客獲得には口コミが必須ですので、名刺カードを作っておくとチャンスが広がります。

顧客が簡単に店舗の情報を確認できる

飲食店の名刺カードを渡された顧客が、「またいきたい!」と思ったときにすぐに確認しやすいのがこの名刺カードです。

「昔いいお店があったはずだけで名前や場所が思い出せない…!」という経験はみなさんにもあるのではないでしょうか?

名刺カードは保存しやすい上、さまざまな情報を載せることができますので顧客が簡単に情報を確認できるものとしてとても役立ちます。

思わぬところで名刺カードが役に立つ可能性もありますのでぜひ作っておきましょう。

店舗のイメージをつかんでもらいやすい

名刺カードは、デザインなどによってその店舗のイメージを表現できます。

名刺の中に一つでもコーヒーのイラストがあれば「このお店ではコーヒーが飲めるんだ!」と思うはずです。

ベースの色によっても、落ち着いた雰囲気のお店なのか活気のあるお店なのかのイメージがつきやすくなります。

そのお店に実際にいったことのない顧客にとって、初めていくお店のイメージができるのはかなり嬉しいものです。

デザインにもこだわって名刺カードを作るようにするといいかもしれませんね。

飲食店が名刺カードを作成するデメリット

飲食店での名刺カードは電話番号や所在地など、大切な情報を載せることになります。

面識のない不特定多数の方に名刺カードを配るので、悪用される危険性も十分に考えてなければいけません。

事例として、飲食店へのいたずら目的で大量の商品を発注されたり、業者や電話番号などを渡して営業の電話が絶えずかかってきたりするなんてことも。

このような悪用される場合を考慮して、名刺カードに載せる情報を絞ったり渡す対象を常連の方のみにしたり等、対策を考える必要があります。

名刺カードのデメリットをよくしって、管理には十分気をつけるようにしましょう。

飲食店が名刺カードを作る際に載せる情報

実際に名刺カードを作る際に、どのような情報を載せたらよいでしょうか。

以下の項目が載せるべき、または載せた方がいい情報です。

  • 店舗情報
  • 簡単な店舗の説明
  • Q&A

それぞれ確認していきましょう。

店舗情報

必ず載せた方がいい情報は店舗情報です。

営業時間や電話番号・メールアドレス、駐車場の有無を記載しておくとよいでしょう。

また、さまざまな交通手段で店舗に来られる方を想定して地図を含んだ交通アクセスを記載しておくのも重要です。

HPやSNSを運用している場合はそのURLやQRコードを載せておくとさらなる集客に繋がる可能性があります。

しかし、先程説明したように電話番号やメールアドレスは悪用される危険性もあります。

オーナーの電話番号など個人が特定できるようなものの情報を載せる場合は十分に注意しましょう。

簡単な店舗の説明

名刺カードを作る際、簡単にどのような飲食店かがわかる程度の説明を記載しておきましょう。

なにをメインにしている飲食店なのか、どのような雰囲気の店舗なのか、また季節ごとに名刺を用意しておくとイベントやキャンペーン情報を載せることもできます。

このような説明があると、狙っている顧客層を獲得しやすいチャンスにも繋がるのです。

あまり詳しく載せすぎると、文字数が多くなってしまい見づらい名刺になってしまいます。

情報量を最低限に抑えて、名刺の印象を損なわないような文章量にしておくのがポイントです。

少し難しいですがぜひ載せてみましょう。

Q&A

名刺カードに2〜3個、よく質問される内容とその答えを載せておくとよいでしょう。

例えば、喫煙可能席があるか、充電用のコンセントがあるか等が考えられます。

これを記載しておくと、お客様からの電話対応の時間が減ったり店内の状況をお客様にイメージしてもらいやすくなったりする効果があるのです。

どんな情報をお客様が望んでいるかしっかり把握しておくと、さまざまなメリットがあるかがわかりますね。

今回は飲食店での名刺カードについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

「飲食店の名刺カード」のイメージは今でも強くないため、お客様にとって新鮮でインパクトを与えることにも繋がります。

顧客獲得だけでなく、店舗の展開などのビジネスチャンスにも繋がる可能性は十分に考えられますので、作っておいて損はありません。

今回解説してきたメリットやデメリット、また記載する情報をしっかりと意識して店舗の宣伝や集客等、新たなチャンスをつかむために力をいれていきましょう!

今回紹介したような名刺カードを作成したい場合プリントダップの印刷通販を使うと簡単に印刷できます

名刺カードだけでなく、ポスターやパンフレットなども印刷できるのです。

カレンダーで発送日を確認することもできるのでぜひお試しください!

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら