印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 長辺とじと短辺とじとはどんな綴じ方?メリットとデメリットを確認

長辺とじと短辺とじとはどんな綴じ方?メリットとデメリットを確認

更新日:2021/12/02

長辺とじと短辺とじとはどんな綴じ方?メリットとデメリットを確認"/

冊子などの印刷物を製本する際には、綴じ方を選ぶ必要があります。綴じ方にもさまざまな種類がありますが、長方形の紙の場合、その長い方の辺で固定する「長辺とじ」、短い方の辺で固定する「短辺とじ」の2つの区別を覚えておきましょう。綴じ方が違うと、冊子の大きさは同じでも印象が大きく変わりますし、使い勝手にも影響します。そこで、印刷したい冊子をどのように綴じればよいか迷っている方のために、双方の特徴、ならびにメリットやデメリットをお伝えしていきましょう。

長辺とじとはどんな綴じ方?

最初に述べたように、長方形の紙の4辺のうち、長い方の2つの辺を縦に向けて綴じる綴じ方を「長辺とじ」と言います。コピー用紙を思い浮かべてください。B5サイズの用紙でも、A4用紙のサイズでも長方形をしたものがほとんどでしょう。それを、縦に長く揃える時に用いられるのが長辺とじです。

長辺とじで綴じた冊子は、正面に置いた時に縦に長い長方形になっているのが特徴です。なお、開く時には右開きか左開きになります。右開きにするか左開きにするかは内容によっても変わってきますが、文章が縦書きの場合は右開きが一般的です。それに対して、横書きの文章の場合は左開きになります。これは、文字を追う目線の移動方向に関係していることで、いずれにせよ読みやすさを考えた結果です。

短辺とじは短い方の辺で綴じる綴じ方

長い方の辺を使うのが先ほどの長辺とじだったのに対して、短い方の辺で固定するやり方を「短辺とじ」と呼びます。その特徴は前者の裏返しです。絵本でよくあるタイプなのでそれを想像してみるとわかりやすいですが、縦に短く横に長いタイプの製本で選ばれます。

絵本などの幼児向けの本でよく見られるように、長辺とじと同様、右開きか左開きになることが多いですが、短辺とじでは縦向きにページをめくっていく使い方もしばしば選ばれます。長い辺を縦に、短い辺を横に持って、下から上へとまくっていくようなタイプの冊子がそれです。この場合、右開きや左開きに綴じる場合と違って、紙の表側と裏側で印刷の方向が逆になるという大きな特徴もあります。

長辺とじにはどんなメリットとデメリットがある?

その特徴からも窺われることですが、さらに詳しく長辺とじのメリットやデメリットを見ていきましょう。

長辺とじならではのメリット

書店の本棚に並んでいるほとんどの書籍や冊子がこの綴じ方になっています。つまり、最も普及している当たり前の綴じ方と言ってよいでしょう。

なぜ、ほとんどの印刷物が長辺とじになっているかというと、それが読みやすく扱いやすい形だからです。先ほど少し触れましたが、長辺とじの印刷物は右開きか左開きで読み進めることになります。長辺とじの場合、このどちらでも視線の動きを最小限に抑えられるため、読み手にとって疲れにくいというのが一つの利点です。それゆえ、一般的な書籍のほとんどがこの綴じ方になっているわけです。

また、長辺とじでは正面に両手で構えた時に、長い方の辺が縦向きになります。これは安定性に優れた形です。実際に手に持ってページをめくってみればわかりますが、長辺とじの印刷物は片手でも扱いやすく、バランスに優れています。それに、縦長で横に短いという形は、狭い机などに置いて読む時も邪魔になりにくい形です。これも次に説明する短辺とじにはない長所と言えるでしょう。

長辺とじを選ぶ時に気をつけたいデメリット

長辺とじにもデメリットとなる点がいくつかあります。印刷したい冊子の内容によっては、それゆえに扱いづらくなることもあるので、冊子印刷の際は注意してください。

文章だけで構成された印刷物であれば、長辺とじは読みやすく、特に問題はありません。しかし、絵や写真、図表などがふんだんに掲載されたタイプはどうでしょうか。それらが小さいサイズで1ページに収まるのであれば、長辺とじでも支障はないでしょう。しかし、1ページに収めるようにしたために、本来ならもっと大サイズで掲載したい画像でも縮小せざるを得なくなってしまいます。そのために視認性が犠牲になってしまうことは注意しましょう。

もちろん、長辺とじでも見開きで画像を載せることは可能です。しかし、スペースに限るがあるため、掲載できたとしてもあまり大きなサイズにはなりません。この点では、次に説明する短辺とじの方が向いています。

もう一点、これは必ずしもデメリットとは言えませんが、この綴じ方の印刷物がちまたにありふれていることです。実際、お手持ちの印刷物を見てもらえればおわかりいただけるように、だいたいのものは長辺とじになっているのではないでしょうか。「そのどこがデメリットになるの?」と思ってしまいそうですが、たとえば自分の会社でカタログを長辺とじで作るとします。しかし、この綴じ方は誰しも選びやすいため、ライバルもやはり同じような形ですでにカタログを作っていることはよくあるでしょう。そのせいで、中身は趣向を凝らしていたとしても、カタログそのものをぱっと見ただけでは他との差異化を図りにくくなってしまいます。

短辺とじのメリットとデメリット

印刷物としては少数ですが、短辺とじもその特徴を生かして選ばれることがあります。それでは、この綴じ方にはどのようなプラス面とマイナス面が考えられるのでしょうか。

短辺とじならではのメリット

長辺とじではデメリットになる点が、この綴じ方の大きな強みです。短辺とじで綴じると、縦に短く横に長い形になります。これは、絵や写真などを大きく掲載するのに適した形です。実際、文章ではなく絵や写真を表現するタイプの印刷物に短辺とじはよく選ばれています。
たとえば、絵本や画集、写真集などがそうです。後者の場合は長辺とじのものも多いですが、それに適した絵や写真は縦に長い形でしょう。横の辺が長い写真を掲載する場合、長辺とじでは縮小するかページを跨いで見開きにするしかなくなってしまいます。その点、短辺とじなら、横に長い画像でも画面一杯に大きく掲載できるのです。

上に挙げた例以外でも、見開きのページが多い印刷物では、この綴じ方の方が長辺とじより扱いやすいです。案内図や説明書など、何か一連の手順や流れを説明することが多いものでは、この綴じ方のメリットが生きるでしょう。

短辺とじでデメリットとなる点は?

一部の印刷物を除いてあまり見かけることがないように、短辺とじには、単純に扱いづらいという弱点があります。文庫本のように片手で簡単に持つこともできず、本棚に並べた時も他の多くの書籍や冊子と形が違うため、本棚に埋もれてしまったり、逆に、はみ出してしまったりすることもあるでしょう。

短辺とじでは、紙を縦向きにめくるタイプもあります。メモ帳や便箋などがそうですが、そういう白紙のページからなる印刷物はともかく、縦向きにする場合、印刷の向きに注意しなければなりません。たとえば文章を印刷する場合、最初のページは紙の上から下へという通常通りですが、その次のページは最初のページの裏側になるので、印刷の向きも逆にしなければなりません。つまり、紙の下から文章が始まるというスタイルです。

無線綴じと中綴じの違い

本記事で長辺とじと短辺とじの違いについて知ることが出来たと思いますが無線綴じと中綴じの違いはどういうものなのでしょうか?
別記事にて、無線綴じと中綴じの違いやそれぞれの特徴についてご紹介しているのでぜひ、ご覧ください。
コラム47
無線綴じと中綴じの違いは?綴じ方の特徴とそのメリット・デメリット

まとめ

一般的な印刷物の多くは、長い方の辺で固定する長辺とじが用いられていますが、なかには短辺とじの方が適したスタイルの印刷物もあります。双方の利点・不利点を理解し、印刷したい内容に合わせてふさわしい方を選んでください。

当サイトの運営会社は、印刷会社としての豊富な知識をもとに
幅広く印刷通販事業やチラシ印刷事業などを行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら