印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム まずはコンセプトから!会社案内のパンフレットの作り方

まずはコンセプトから!会社案内のパンフレットの作り方

更新日:2021/12/02

まずはコンセプトから!会社案内のパンフレットの作り方

会社案内のツールとしてパンフレットは最適です。しかし、最適とは言われても、具体的にどのように作ればよいかはっきり理解している方は少ないのではないでしょうか。そこで、お仕事で必要な方のために、会社案内を目的としたパンフレットの作り方の基本的な流れをお伝えします。

会社案内のパンフレットはまず構成から

どんな内容にするにしても、まずは具体的にどのような構成にするのかを決めることが大切です。会社案内のパンフレットを効率的に作るためにも、まずは基本的な流れを押さえておきましょう。

コンセプト

パンフレットというと、印刷物としての特徴から、ついついデザインやレイアウトに目が行ってしまいがちです。しかし、最初に外面的なことを決めても、中身が伴わなくなってしまう恐れがあります。なぜなら、最初に決めたデザインに無理して合わせようとして、ページによって内容のクオリティーに差が出てしまいやすくなるからです。

それに、見た目のことを先に決めてしまうと、書く内容によってはどうしても合わなくなることも考えられます。すると、結局、最初からデザインを含めやり直しになるリスクも高いです。そういうことのないように、まずは内容のコンセプトをまとめるようにしましょう。

そもそもどうして会社案内のパンフレットが必要なのでしょうか。パンフレットを作るということは、明確な目的があるはずです。それをもう一度確かめることで、目的を達成するのには何から着手すべきかが自ずと見えてくるのではないでしょうか。

たとえば、会社案内一つ取っても、顧客に向けたマーケティングである場合もありますし、就活生向けのアピールのためという場合もあります。いずれにせよ事業内容の説明が含まれるとはいえ、重点を置くべきポイントは目的によって異なるわけです。取引先へ配布するものであれば信用性を打ち出したいですし、求職者向けには自社で働くとどのようなメリットがあるかといった点をアピールすることになります。まず、伝える目的を明確にし、どんなポイントを最も重視するか、パンフレットのコンセプトを固めることから始めましょう。

掲載内容

コンセプトが固まったら、それに沿って具体的に掲載する内容を考えます。もちろん会社案内ですから、基本的な事項はどのようなコンセプトでもいくつか共通するでしょう。たとえば、会社概要や沿革、理念などはどんな企業なのかを伝えるのに必要ですので、掲載する必要があるでしょう。

会社概要とは、自社についての基本的な情報です。設立時期や資本金、住所や従業員数も掲載します。ここは客観的な事実として誤解なく伝える必要がありますから、わかりやすい場所に視認性を重視して掲載しましょう。

同時に、自社のここまでの歩み、つまり、沿革もパンフレットの目的にかかわらず掲載しておく必要があるでしょう。会社も、国や個人と同じように、どんな歴史を背負っているのかがわかることで、親しみや共感を得やすくなります。組織構成の変化や、商品やサービスの変遷などを時系列に沿ってまとめると同時に、写真やイラストなどを添えることで読み手のイメージを喚起しやすくなります。

なお、設立から間もない歴史の浅い企業の場合、沿革に記すことのできる内容があまりないということもあるでしょう。そういう場合は、無理に「沿革」という項目を設ける必要はありません。中身のない内容で紙数を埋めようとすると、虚飾に陥るリスクが高まります。そうなっては第三者の信頼を獲得するためのパンフレットで、逆に信頼性を下げることにもつながりかねません。沿革に書くべき内容があまりないのであれば、ここに力を入れるよりも、次の理念により注力しましょう。

企業にとって、何のために事業を営むかを表す理念は非常に大切です。顧客や取引先であれ、求職者であれ、それに共感して一緒にビジネスをやりたいと思ってもらうことが大切ですので、単に堅い文章でそっけなく記すだけでなく、ビジュアルも大胆に使ったアピール方法を考えましょう。いずれにせよ、わかりやすさこそ重要です。「どんな思いで事業を営んでいるのか?」という視点で内容を考えましょう。書いた内容を読み返した時にそれがストレートに伝わってこないようでは、他者にとってもわかりやすいとは言えません。どんなモットーで事業活動が行われているかが一目でわかる内容がベストです。

代表者の紹介や挨拶も、パンフレットの内容によっては掲載しておいた方がよいでしょう。代表者の経歴やメッセージによって自社の信頼を高めることができるのであれば、必須と言っても過言ではありません。また、創業したてのベンチャー企業で代表者もビジネス経験の浅い若手であっても、やはり熱い意気込みをアピールすることで、読み手の共感や信頼を得ることにつながります。その際、代表者の顔写真も掲載するとなおよいでしょう。誰しも、やはり顔がわかっている相手に対しての方が信頼性が増すものです。

商品やサービスの説明は言わずもがなです。写真やイラスト、図表などをふんだんに使って、具体的にどんな商品やサービスなのかがぱっと見ただけで伝わるようにしてください。詳細な使用法などを添えると商談にも有効なツールになります。

求職者向けの会社案内の場合、募集要項などの必要事項はもちろん掲載します。また、単に必要事項だけでなく、先輩社員のメッセージなども掲載しておくと具体的に働く姿が思い描きやすくなるため、求職者へのアピール方法としておすすめです。

会社案内のパンフレットのデザインを決める

パンフレットの構成が決まったら、ようやくデザインを固めていきます。なお、パンフレットのデザインとは、紙面のレイアウトだけでなく、紙の種類、サイズ、装丁など、外観も含めたパンフレットそのもののことです。全体で伝えたいコンセプトが誤解なく伝わるように、細部まで決めていかなければなりません。

ページ数

2つ折りから4つ折りが簡素なパンフレットとしては一般的です。2つ折りの場合、最もシンプルなものなら4ページからできます。歴史の浅い企業など、分量がそれほどない場合は4ページでもよいでしょう。

4ページではごく簡単な内容に限られますので、多少伝えたい内容が増える場合はページ数を増やすことになります。3つ折りにした場合、紙面が6ページになるため、4ページよりも案内したい内容をより強くアピールすることができるでしょう。

それ以上にページ数を増やす場合、2つ折りなら4の倍数でページ数を考えていかなければなりません。ただし、最大でも50ページ以下に収めるべきです。それ以上になるともはやパンフレットと呼べる分量を超えているため、伝えたいことがぼやけるうえに、読み手に全部読んでもらえなくなるリスクがあります。

綴じ方や紙のサイズ

パンフレットにはさまざまな綴じ方がありますが、一般的なのは「中綴じ」という綴じ方です。中綴じのカラーパンフレットが、パンフレットとしては最も一般的でしょう。

パンフレットにはさまざまなサイズがあります。最も普及しているのはA4サイズです。他の書類ともサイズが共通しており、バッグ等にも収納しやすいという利点があります。

A4サイズ以外にも、A5、A6、B4、B5、B6などのサイズもパンフレットには選ばれることがあります。読み手の扱いやすさも考慮に入れたうえで、内容に合わせて最適なサイズを選んでください。

パンフレットのメリット

本記事にて会社案内パンフレットの作り方について知ることが出来たと思います。では、パンフレットのメリットについて知っていますしょうか?
別記事にてパンフレットのメリットについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
コラム52
パンフレットのメリットとは?その特徴やリーフレットとの違い

まとめ

会社案内のパンフレットを考える際は、まずはコンセプトから始めて掲載内容を先に決めていくようにしましょう。デザインは後からでも大丈夫です。デザインにはページ数や綴じ方やサイズ等も含まれますが、わからない場合は印刷会社に相談するのもよいでしょう。

当サイトの運営会社は、印刷会社としての豊富な知識をもとに
幅広く印刷通販事業やチラシ印刷事業などを行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら