印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム パンフレットのメリット・デメリットを徹底解説

パンフレットのメリット・デメリットを徹底解説

更新日:2021/12/02

パンフレットのメリット・デメリットを徹底解説

「パンフレットを作成・配布するメリットは?」
「そもそもパンフレットの定義は?」
「パンフレットの制作を依頼する際のポイントを知りたい」
会社案内などによく用いられるパンフレットですが、そもそもこれはどんな印刷物のことを指すのか知っているでしょうか。
実は、パンフレットという言葉にはちゃんとした定義があります。
また、似てはいるものの、それとは区別して「リーフレット」と呼ばれるタイプの印刷物があるのも周知のとおりです。
では、その違いは何なのでしょうか。
詳細な差異に拘泥する必要はありませんが、違いがイメージできるようになると、実際に作成する際にも役に立つはずです。
そこで今回は、パンフレットの作成を検討している方のために、その特徴やメリット、デメリットや最適な使い方について解説していきます。

パンフレットとは?

まずは、パンフレットとは何かから解説していきます。
簡単にいえば小冊子ですが、その詳細な定義は知っているでしょうか。
ここでは「パンフレットの定義」と「パンフレットの特徴」の2つに分けて解説していきましょう。

▽関連記事
コラム64
パンフレットとリーフレットの違いを詳しく紹介

定義

ユネスコではパンフレットの定義を「不定期的に発行される5P〜48Pの冊子」としています。
これ以上のページ数になると、書籍という扱いになります。
パンフレット(pamphlet)という言葉は、14世紀頃にはすでに存在していました。
これはギリシア語の詩『Pamphilus(あらゆる人の友)』に由来します。
もともとは詩のタイトルだったのが、いつしかそれを印刷した薄い冊子自体を指すようになりました。

特徴

最大48ページの薄い冊子という特徴を生かして、パンフレットはさまざまな用途に活躍しています。
会社案内やその商品・サービスの紹介等に用いられるのをビジネスシーンではよく見かけますが、観光スポットの紹介にも用いられるのもポピュラーです。
それ以外にも、政治や宗教なども含めた各種キャンペーンにおいて、情報伝達のツールとして選ばれています。

パンフレットのメリット

パンフレットの定義と特徴がわかったところで、ここからはパンフレットのメリットについて見ていきましょう。
主なメリットは以下の3つです。

  • 多くの情報を掲載できる
  • 平面から立体まで表現できる
  • 長期にわたって保管できる

それぞれ解説していきます。

メリット‖燭の情報を掲載できる

パンフレットは多くの情報をコンパクトにまとめて掲載することができます。
文字や写真、イラストなどを使って、商品やサービスの詳細や特徴を伝えたり、企業の理念や歴史などを紹介したりすることが可能です。

メリット∧震未ら立体まで表現できる

パンフレットはデザイン性が高く、平面だけでなく、フォルダーの折り目や立体的な仕掛けを使って、印象的なデザインを施すこともできます。
これによって、目を引くパンフレットを作ることができます。

メリットD拘にわたって保管できる

パンフレットは印刷物のため、Web広告と違い長期保管が可能です。
これによって、その情報やデザインが、時間が経っても変化せずに保存されている状態を維持することができます。
また、手元に置いておくことでいつでも必要な情報が手軽に得られる利便性もあります。

パンフレットのデメリット

ここからは、逆にパンフレットのデメリットについても見ていきます。 主なデメリットはこちらも3つです。

  • 制作コストがかかる
  • 情報の更新がしづらい
  • ページ数に応じて記載情報が限られる

それぞれ解説していきます。

デメリット\作コストがかかる

パンフレットは、デザインや印刷、配布など多くの工程が必要です。
そのため、企画から制作までのコストが高くなることがあります。

デメリット⊂霾鵑旅洪靴しづらい

パンフレットは印刷物であるため、情報の更新が容易ではありません。
また、変更があるたびに再度印刷を行う必要がありコストもかかるため、情報の更新がしづらいとされています。

デメリットページ数に応じて記載情報が限られる

パンフレットは最大48ページの冊子のため、当然ながらそれ以上になる膨大な情報を伝えることはできません。
文字を小さくすれば伝えられる情報は増えますが、そうすると見づらくなってしまうため、読み手にとって親切とはいえないでしょう。
パンフレットにするかそれ以上の書籍にするかは、情報量に合わせて選びましょう。

パンフレットに適した使い方

一長一短のパンフレット。
しかし、そのメリットが生かしやすく、デメリットが比較的気にならない使い方をすることで、大きな効果を生み出します。
パンフレットのおすすめ使用シーンは、以下の5つです。

  • 会社案内
  • 採用パンフレット
  • 学校案内
  • 詳しい説明が必要な商品やサービスの紹介
  • 美術館や展示での作品紹介

パンフレットは数ページにわたって多くの情報を記載することが可能なため、その特徴を存分に生かしましょう。
また、薄く軽いため余裕を持ったレイアウトが可能で、じっくりと読んでもらえるところも強みです。
多少ボリュームと情報量のあるものが最適といえますね。

▽関連記事
コラム51
パンフレットの作り方の流れと制作のコツについて解説

パンフレットの制作を依頼する際のポイント

実際にパンフレットを作成する際は、プロの印刷会社に依頼するのが一般的です。
ここからは、パンフレット作成を依頼する際のポイントを以下の3つの側面から解説します。

  • 制作の実績
  • 専門性
  • 価格

それぞれ見ていきましょう。

ポイント\作の実績

老舗の定食屋が必ずしも美味しいとは限りませんが、存続しているだけのニーズがあるのも事実でしょう。
同様に、外注を検討している会社は制作実績があるか、自分が初めての依頼ではないかということは確認しておきましょう。

ポイント∪賁臉

パンフレットは、コンテンツターゲットに刺さるデザイン作成が求められます。
販売する商品がある場合、きれいな写真撮影も求められるでしょう。
そういった高い専門性や技術があるか、事前に調べたうえで依頼しましょう。

ポイント2然

制作予算によって作れる枚数や、パンフレットの質が変わります。
予算はいくらまで出せるのか明確にしておきましょう。
また、目的に合った納期決定も重要です。
制作予算、納期を明らかにしたうえでパンフレット制作依頼時期を決めましょう。

▽関連記事
コラム53
まずはコンセプトから!会社案内のパンフレットの作り方

パンフレットのメリットをうまく生かそう

パンフレットとは、不定期的に発行される5ページ以上最大48ページの装丁していない印刷物です。
リーフレットもその一種ですが、1枚の紙のみを折りたたんで作っているところに大きな違いがあります。
パンフレットには「多くの情報を掲載できる」「平面から立体まで表現できる」「長期にわたって保管できる」といったメリットが存在し、適した場面で使うことで、さらにその効果を発揮します。
メリットを生かして、ぜひ有効な情報伝達に活用してください。

当サイトの運営会社は、印刷会社としての豊富な知識をもとに
幅広く印刷通販事業やチラシ印刷事業などを行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら