印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 店舗集客の方法|店舗集客をすべき理由や媒体に合わせた方法を解説

店舗集客の方法|店舗集客をすべき理由や媒体に合わせた方法を解説

更新日:2022/11/15

店舗集客の方法|店舗集客をすべき理由や媒体に合わせた方法を解説

店舗集客をする中で、どうしてこれが大事なのだろうと疑問を感じる方は多いでしょう。
実は、店舗集客の方法はいくつにも枝分かれしており、それぞれ重要な役割を持ちます。
本記事では、店舗集客の方法や店舗集客をすべき理由について解説します。
媒体別の店舗集客方法もあわせてご紹介するため、集客方法を網羅的に理解できます。
また、最後には集客率を高める方法についてもご紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

店舗集客をするべき理由

どんなにサービスがよく、どんなに品質がよい商品があったとしても、集客が上手くいかないと売り上げは上がらないのが事実です。
集客が上手くいくほど店舗商品の売り上げは向上するため、店舗を運営する上でもっとも大切といっても過言ではありません。

WEBの店舗集客方法

店舗集客の重要性がわかったところで、ここからは実際に集客を行う方法について解説していきます。
まずはWEBの店舗集客方法から。
ここでは以下の4つを紹介します。

  • HPを作成
  • WEB広告
  • SEO対策
  • MEO対策

それぞれ詳しく見ていきましょう。

HPを作成

HPには商品内容、サービスや雰囲気など、基本的な情報で店舗の魅力を伝えることができます。
店舗への興味を生みだせるため、精緻な情報を載せたHPを作成しましょう。

WEB広告

WEB広告はまず、SNS広告やリスティング広告など掲載する媒体を決定します。
次に、広告の制作を考えます。
自社で行うのか、企業に依頼するのかといったところの決定です。
最後に、出稿の審査をしましょう。
広告の媒体によって審査基準が異なるため、ガイドラインに違反していないかの確認を行います。
以上の流れを順序立てて、WEB広告を行いましょう。

SEO対策

HPを検索上位にするためには「キーワード選定」が重要です。
ユーザーが検索するときの検索語句を正しく選定し、HPが検索上位に出てくるように施策を行いましょう。

MEO対策

SEO対策と同様キーワード選定も大事ですが、登録情報を正確に行っているかどうか、口コミやレビューの評価が高いか、なども重要になります。
いくら広告をうってもプロダクトがよくないといけないということですね。

紙媒体の店舗集客方法

店舗集客方法はWEBだけではありません。
昔から使われている紙媒体による集客方法も、いまだに根強く用いられています。
ここでは、紙媒体の店舗集客方法を以下の3つ、紹介します。

  • ポスティング
  • 新聞広告&折込
  • ティッシュ広告

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポスティング

ポスティングとは、広告となるチラシを作成し、住居への投函によって宣伝することです。
WEB広告との違いとして、近隣への広告が効率よく行えます。

別記事の「ポスティングのメリット・デメリットや向いている業種を紹介」で詳しくご紹介しております。ぜひご覧ください。

新聞広告&折込

新聞は大きな媒体の1つです。
そのため、信頼性が高く、載せる広告にもその恩恵が付与されます。
普段インターネットにあまり触れない人や、高年齢の人への広告効果も高められます。
また、年収が高くなるほど新聞を読むという統計も発表されているため、購買率も上がるかもしれません。

ティッシュ広告

ティッシュ広告は、道端で配布するポケットティッシュに広告を入れこむ手法です。
ほかの広告と大きく異なるところは、直接人から人への宣伝が可能なため、人間も宣伝でき、場所によっては企業や店舗も覚えてもらいやすくなる点です。
また、場所や時間、年齢や性別などティッシュを渡す相手、つまりターゲットを細かいところまで絞れることが、ティッシュ広告の最大のメリットです。

SNSの店舗集客方法

ここまでWEBと紙媒体による店舗集客方法を紹介してきましたが、最後はSNSの店舗集客方法です。
大SNS時代の昨今、SNSは個人のみならず企業もやって当たり前の時代です。
SNSの運営側も、企業参入を前提にしはじめ、SNSはマーケティングに欠かせない存在となりました。
ここでは主要なSNSである以下の4つについて解説していきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

それぞれの特徴を見ていきましょう。

Facebook

ほかのSNSと比べて使用している年齢層が高いため、中年層以上のターゲットに情報を提供できます。
また、悪意のあるアンチコメントも少ないため安全に運用が行えます。

Twitter

気軽に呟くことができるため、企業のブランディングにも繋がり、信頼度が高めやすいかもしれません。
また、ほかのSNSにはないリツイート機能があるため、フォロワー外にも情報が拡散されやすく、多くの人に認知されるチャンスがあります。

Instagram

画像や動画が主流のインスタグラムは、視覚的アプローチに優れています。
具体的なイメージがしやすいため購買意欲や集客率も高めやすいでしょう。
また、ほかのSNSよりも若年層の使用率が高いため、そうした年齢層へのアプローチにも最適です。

YouTube

YouTubeは動画が主軸という特性上、店内の雰囲気をより正確に宣伝できます。
動画を通して商品やサービスの特徴を実際に語れるため、親近感や信頼感に繋げられる点もメリットのひとつでしょう。
正体を明かしているため、スタッフの人柄も分かりやすくなり、入店へのハードルも低くなります。

集客率を高めるための方法

SNS集客においては、最初にフォロワー数を増やすことがもっとも重要になります。
フォロワーが多ければ多いほど拡散力が上がるため、集客や売り上げにも繋がります。
とはいえ、信頼度を上げるためにも動画や画像のクオリティ、正確な情報も必要になってくるでしょう。
また、近年ではSNS集客が主流になってきてはいますが、昔から使われている紙媒体もターゲットによっては、効果的に宣伝を行えます。
SNSでの集客方法も紙媒体での集客方法も、プロダクトやターゲットにもっとも適している方法を選び、効果的に模索していく必要がありますね

店舗集客はターゲットを明確に

エリア選定とターゲット選定を明確にし、正確な情報をもとにチラシを作成できれば、狙ったターゲットへの集客効果も高まります。
チラシ以外にも本記事で紹介したさまざまな広告宣伝の方法や、宣伝内容を参考に、効果的なチラシ作成を進めていきましょう。

また、チラシを作るうえで印刷は一つの問題になってきます。
自分で大量に印刷するのも意外に大変です。
そもそも印刷機器がない方もいるでしょう。
そんな方は、印刷を代行してくれる、印刷通販の「プリントダップ」にお任せください。

フルカラーからモノクロまで、さまざまな種類のチラシ作成に対応しています。
チラシ印刷はプリントダップにご相談ください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら