印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 折込チラシはどれくらい読まれてる?閲覧率と近年の傾向を徹底分析!

折込チラシはどれくらい読まれてる?閲覧率と近年の傾向を徹底分析!

更新日:2021/08/03

折込チラシはどれくらい読まれてる?閲覧率と近年の傾向を徹底分析!

さまざまなシーンでデジタル化が進む近年、紙媒体による新聞の購読率も大幅に減少していると言われています。
実際みなさんの中にも「情報収集はスマホやタブレットで十分」という方が多いのではないでしょうか。
そんな中、集客を狙う側が気になるのが「新聞に入る折込チラシは一体どれくらいの人に読まれているのか」というところだと思います。
そこで本記事では、折込チラシの閲覧率やとくに閲覧率の高いチラシなどについてご紹介します。

折込チラシの閲覧率は?

デジタル化が進む近年、新聞に入る折込チラシを読んでいる人は、どれくらいいるのでしょうか。
今回は、インターネット調査をメインに行っている伊藤忠グループのリサーチ会社「マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役:高井和久)」が実施した「新聞の折込チラシの閲覧」に関する調査(2022年5月1〜5日)をもとに、間近半年間における折込チラシの閲覧率についてまとめました。

全体の割合

「新聞の折込チラシの閲覧」に関する調査によると、新聞購読者の折込チラシの閲覧率は以下のような結果となりました。

【折込チラシの閲覧率】
閲覧状況閲覧率
ほぼ毎日見る60.6%
(何日分かを)まとめて見る5.4%
たまに見る程度20.8%
ほとんど見ない10.2%
チラシは入っていない2.7%
無回答0.5%

こうして見ると、全員が毎日決まって新聞に入る折込チラシを読んでいるわけではないものの、実に9割弱の人がいずれかのタイミングで折込チラシを閲覧していることが分かります。
さらに、この調査は今回が5回目となり、2011年8月から4回にわたり行われた同調査と比較しても、折込チラシを読む頻度が増えた人の割合は大幅に減少することはなく、むしろ2014年に行われた第2回目以降増加傾向にあることが明らかになっています。

【過去調査における折込チラシの閲覧率】
調査実施時期ほぼ毎日見るまとめて見るたまに見る程度
第5回(2022年5月)60.6%5.4%20.8%
第4回(2020年5月)62.0%3.7%21.1%
第3回(2017年8月)59.2%5.0%21.5%
第2回(2014年8月)59.6%4.3%21.9%
第1回(2011年8月)60.4%4.7%24.1%

また「折込チラシがきっかけとなってしたこと」の項目では、1位の「折込チラシのお店に行く」が7割強、さらにその下に「キャンペーン期間に、商品・サービスを購入・利用」「折込チラシについているクーポンや割引券を利用」「商品・サービスについて他の媒体で調べる」と続きます。
つまり、デジタル化が進んでいる現代であっても、折込チラシなどの紙媒体を活用している人も多く、十分な集客力が見込めることが分かります。

年代別・男女別に見る割合

今回の調査は10代から70代までの10,213名を対象に行われており、年代ごとの回答者数は以下の通りとなっています。

<<<
【年代別回答者数】
年代10代20代30代40代50代60代70代合計
人数152108602,0403,0482,5471,49310,213
割合0%2%8%20%30%25%15%100%

このうち、とくに回答者数が少ない10代と20代では「たまに見る程度」と答えた人が40%弱、「ほとんど見ない」と答えた人が20%弱となっています。
一方で、回答者数が一段と多くなる高年代層においては閲覧頻度が高く、とくに60〜70代の女性では「ほぼ毎日見る」と答えた人が70%以上にのぼります。
折込チラシは男性よりも女性、とくにインターネットよりも紙媒体に親しみがある年齢層の閲覧率が非常に高いことが分かります。

折込チラシを見た時の行動

折込チラシは、ただ「見てもらう」「読んでもらう」ことが目的ではなく、その後いかに消費者に行動を起こさせるか、つまり店舗に足を運んでもらえるかが重要なポイントとなります。
今回の調査では「折込チラシがきっかけでしたこと、見てしたこと(複数回答可)」についても、以下のような回答が得られました。

【折込チラシを見たことがきっかけで取った行動】
行動第5回第4回第3回
折込チラシのお店に行く70.6%66.3%66.7%
折込チラシについているクーポンや割引券を利用する28.3%22.8%-
キャンペーン期間に、商品・サービスを購入・利用する26.7%27.8%30.4%
商品・サービスについて、他の媒体で調べる24.0%21.5%20.5%
新しいお店のオープンや行ったことがないお店を知った17.5%16.3%14.9%
商品・サービスを購入・利用する曜日・タイミングを決める17.4%18.1%18.3%
折込チラシを、後で見るために保管しておく16.2%10.0%9.7%

この中でも「折込チラシについているクーポンや割引券を利用する」と「折込チラシを、後で見るために保管しておく」と回答した人は女性に多く、「商品・サービスについて、他の媒体で調べる」はインターネットが身近にある若い世代に多いことが明らかになりました。

よく読まれる折込チラシは?

新聞には、さまざまなコンテンツの折込チラシが入っていますが、中でもよく読まれているチラシとそうでないチラシがあります。
調査では「あなたが内容をよく読むのはどのようなものですか」という設問に対し、圧倒的に回答が多かったのが「スーパー」で86.5%、その後に続く「ホームセンター」「ドラッグストア・薬局」も各50%以上という結果になりました。

また、女性は「スーパー」「デパート」「ドラッグストア・薬局」「衣料品、衣料小物」などさまざまなコンテンツのチラシを好んで閲覧しているのに対し、男性では「家電・AV機器」と特定のコンテンツだけが際立っていることが分かります。
年齢層に分けて見てみると、30〜40代の女性では「ファストフード」のチラシ閲覧率が高く、それ以上の高年代層では「旅行・観光」のチラシが人気を集めていることが分かりました。
実は、これらの順位はここ10年の結果を見ても、大した変化はありません。
基本的には、スーパーやドラッグストアなど日常的に利用するコンテンツのチラシがよく読まれているということです。
こうした傾向を分析し、ニーズに合ったチラシを作ることで、より閲覧率を上げることが可能になります。

電子チラシの利用率は?

新聞を定期購読している人を対象に行った今回の調査では、近年増えている電子チラシの利用率は以下のようになりました。

【電子チラシ利用率】
これまでの調査よく利用する時々利用する知っているがない知らない
第5回14.2%38.9%31.7%12.2%
第4回15.9%40.5%32.5%9.3%
第3回10.8%35.1%37.2%14.5%
第2回9.6%33.5%39.7%15.1%
第1回5.7%32.5%47.0%14.1%

この結果から分かる通り、近年でも電子チラシをよく利用するという人は15%を下回り、40%以上の人が実際利用するには至っていません。
やはり、紙媒体を好む人は一定数おり、折込チラシの効果も期待できることが分かります。

集客用チラシの作り方を解説

折り込みチラシがどれくらい見られているかこの記事で分かったかと思います。では、見ている人達の目を引くチラシとはどういう物なのでしょうか?こちらの記事では集客用チラシの作り方を紹介した記事になりますので参考にしてみてください。
コラム29
集客用チラシの作り方を解説!効果をあげるために必要な要素とは?

コンテンツを絞れば折込チラシで集客率を上げられる

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただくことで、折込チラシの閲覧率や割合、よく読まれている折込チラシの種類などについてご理解いただけたと思います。
デジタル化が進んでいるとはいえ、折込チラシの閲覧率が大幅に低下することはなく、一定数の需要が見込まれます。
とくに、スーパーやドラッグストアなど、ランキングの上位コンテンツにおける広告については、折込チラシが集客率を上げるカギとも言えるでしょう。

当サイトの運営元は、元々印刷会社をしていました。
印刷会社としての知識をもとに今は印刷通販事業やチラシ印刷事業を行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら