印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 折込チラシの閲覧率ってどのくらい?近年の傾向を分析して紹介!

折込チラシの閲覧率ってどのくらい?近年の傾向を分析して紹介!

更新日:2021/08/03

折込チラシの閲覧率ってどのくらい?近年の傾向を分析して紹介!"/

近年では新聞購読者が減ってきていると言われており、特に若年層を中心として紙媒体離れが進んでいると考える方も多くいます。
確かに現代の生活の中にはスマホやパソコンが溢れており、普段の生活で紙にあまり触らないという方も一部にはいるかもしれません。
そんな中で、新聞の折込チラシに関して、一般的に活用されているのかどうか気になるという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、折込チラシの閲覧率について実際の数値をもとに整理し紹介します。
折込チラシの閲覧率やよく読まれている内容などが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

折込チラシの閲覧率は?

ここでは、折込チラシの閲覧率について分析しつつ紹介します。

全体の割合

新聞の折込チラシは、一体どれだけの方に読まれているのでしょうか。
マイボイスコム株式会社が2020年5月1日〜5日にかけて行ったインターネット調査によると、直近半年間での閲覧状況は以下の通りになりました。

新聞の折込チラシの閲覧状況
状況割合
ほぼ毎日見る60.9%
(何日分かを)まとめて見る4.0%
たまに見る程度21.5%
ほとんど見ない10.3%
チラシは入っていない2.6%
無回答0.7%
出典:マイボイスコム「折込チラシの閲覧に関するアンケート調査

上記を確認すると、実に全体の6割以上の方がほぼ毎日読んでいることが分かります。
さらに、「ほぼ毎日見る」「まとめて見る」「たまに見る程度」の割合を合わせると85%以上と、ほとんどの人がどこかのタイミングで折込チラシを読んでいるといえるでしょう。

こうした数値から考えると、折込チラシを入れる効果は一定見込めると考えられます。
さらに同調査は今回で4回目であり、いずれの調査でも「ほぼ毎日見る」という方の割合は6割程度を守っています。

直近半年間での折込チラシ閲覧頻度
調査実施時期ほぼ毎日見るまとめて見るたまに見る程度
第4回(2020年5月)60.9%4.0%21.5%
第3回(2017年8月)58.0%5.3%22.3%
第2回(2014年8月)58.5%4.7%22.3%
第1回(2011年8月)59.8%4.9%24.5%
出典:マイボイスコム「折込チラシの閲覧に関するアンケート調査

上記を見て分かる通り、過去約十年間にわたって、何らかの形で折込チラシを読む方の割合はほとんど変わっていません。
いずれも80%を維持しており、安定した効果が見込めると考えても良いのではないでしょうか。

年代別の割合

先ほどのマイボイスコム株式会社のアンケートでは、アンケート対象者の年代と男女別でもデータを出しています。まずは、どのような年代で新聞の折込チラシがよく閲覧されているかを確認してみましょう。

それによると、新聞の折込チラシ閲覧者のボリュームゾーンは50代以上のシニア層です。回答者10,200人のうち、新聞の折込チラシを閲覧すると答えた人数は、50代では3,046人、60〜70代では3,485人となりました。パーセンテージにすると、それぞれ約30%と約34%です。つまり、50代以上で全体の約64%、3分の1近くを占めていることがわかります。

一方、50歳未満の年代では閲覧率が下降します。40代では2,385人で約23%、30代では990人で約10%です。20代に至ってはわずか269人ですから、新聞の折込チラシを閲覧する人全体の約3%に過ぎません。10代ではたった25人、約0.24%なので、ほぼいないと考えてよいでしょう。

このように、新聞の折込チラシは年代が若くなるほど、あまり閲覧されていないことがわかります。そもそも新聞の購読者数自体、上の年代になるほど多く、下になるほど少なくなっていますので、それに比例してチラシの閲覧率が下がるのも、当然と言えば当然でしょう。

そもそも折込チラシを作成する業界にとって、10〜20代の若い世代はメインターゲットではないため、そこまで深刻に捉える必要はないとも考えられます。たとえば、スーパーのチラシのメインターゲットは、あくまで日常の買い物を行う家庭の主婦層、もしくは日中時間に余裕があるシニア層です。

確かに折込チラシによる若い世代の集客効果には課題がありますが、メインの顧客層に支持されていることには間違いありません。やはり、ある程度の効果は見込めると考えられるのではないでしょうか。

ただし、今のメインのターゲットである年代の高い層が、いつまでも主力顧客層を築いてくれるわけではありません。10〜20年と時間が経過した時を見越して、今のうちから若い世代の顧客を開拓していく必要もあるでしょう。ともあれ、当分は新聞の折込チラシは十分に効果の見込めるツールであるため、今のところは大いに活用してよいでしょう。その場合でも、シニア層に効果的に刺さるように、チラシの文言やデザイン等を工夫することは必要です。

男女の割合

次に、男女別の割合を見ていきましょう。こちらも同じアンケート結果からです。

回答者の総数10,200人のうち、男性が5,756人、女性が4,444人でした。パーセンテージにすると、男性が約56%、女性が約44%です。

先ほども少し触れましたが、新聞の折込チラシの多くが、スーパーマーケット、ドラッグストア、ショッピングモールなど日常の買い物に関するものです。関心を持ちそうなのは日々の献立を決めることが多い女性が中心のイメージですが、実際はそうではないことがわかります。これは、女性のみが家事をする時代ではなくなっているのと同時に、折込チラシを閲覧するメイン層がシニア世代であることとも関係しているでしょう。

50代ではまだしも、60代以上になると、それまで家計を支えるためにバリバリ働いていた人たちでも、定年退職によって仕事を離れる人が増えてきます。つまり、これまで日中家にいなかった人たちの自宅で過ごす時間が増えるわけです。言い換えれば、新聞のチラシまでじっくり見ている暇がなかった人たちも、その余裕ができたということでしょう。したがって、折込チラシも、女性だけをメインターゲットに考えていればよいわけではないことがわかります。

ただし、チラシを「毎日見る」と回答したボリュームゾーンはやはり女性であり、しかも40代以上の年代です。確かにアンケートの回答者の割合は男性の方がやや上ですが、男性は必ずしも毎日チラシを見るわけではないことがわかります。一方、女性の場合は、毎日チラシを見てその日の献立を決めるという人も依然として多いわけです。いずれにせよ、チラシへの注目度はかなり高いと思ってよいでしょう。

先ほどの年代別の割合でもわかるように、若い世代になるほどチラシをよく見る人は少なくなっていきます。40代以上の女性では、7割ほどの人がほとんど毎日チラシを見ると回答していますが、20代でそういう人はわずかです。20代女性では、たまにチラシを見る程度という割合が全体の4割ほどを占めています。

一方の男性も、やはりメインの閲覧者層は年代が高く、低くなるほどチラシを見る人は少なくなっていきます。若い女性よりも若い男性の閲覧率はさらに低くなりますが、そもそもターゲットに該当しないケースが多いので、これは当然の結果と言えるでしょう。

よく読まれているチラシの内容については、以下でさらに詳しいデータを確認しておきましょう。

よく読まれる折込チラシは?

ここでは、よく内容を読まれている折込チラシについて整理します。
同調査の結果によると、よく読まれている折込チラシの割合は以下の通りでした。

内容をよく読む折込チラシ
第4回第3回第2回第1回
スーパー85.1%83.7%84.2%82.9%
ホームセンター54.4%53.8%58.1%62.7%
薬局48.9%46.0%46.9%49.2%
ファストフード24.3%20.3%23.9%24.7%
家電23.1%25.5%30.8%39.9%
食品・飲料22.9%22.3%24.3%28.2%
衣料品22.8%24.5%25.9%27.9%
出典:マイボイスコム「折込チラシの閲覧に関するアンケート調査

上記の通り、ここ10年で折込チラシに対する興味の内容は大きく変わっていません。
基本的にはスーパーやホームセンター、薬局に関するものがよく読まれていることが分かります。

電子チラシの利用率は?

近年導入されている電子チラシに関しては、以下の利用率でした。

電子チラシの利用率
調査実施時期よく利用する時々利用する知っているがない知らない
第4回16.2%40.6%32.1%9.3%
第3回11.3%35.7%36.6%13.9%
第2回10.1%34.4%39.1%14.2%
第1回5.6%33.2%46.2%14.3%
出典:マイボイスコム「折込チラシの閲覧に関するアンケート調査

上記の通り近年においてもよく使う人は1〜2割程度であり、使ったことがない人も半数程度いるのが実情です。

集客用チラシの作り方を解説

折り込みチラシがどれくらい見られているかこの記事で分かったかと思います。では、見ている人達の目を引くチラシとはどういう物なのでしょうか?こちらの記事では集客用チラシの作り方を紹介した記事になりますので参考にしてみてください。
コラム29
集客用チラシの作り方を解説!効果をあげるために必要な要素とは?

チラシならではの句読点のコツ紹介

句読点の使い方については、分かっているようで実際に文を書こうとしたときに迷ってしまう方もいるのではないかと思います。
チラシにおいては、よりお客目線に立って使用することが求められます。
こちらの記事で句読点の使い方のコツを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
コラム27
チラシにおける句読点のコツは?基本とチラシならではのコツを紹介!

折込チラシをご活用ください

今回は、折込チラシの閲覧率について解説/紹介してきました。
折込チラシに関する現況を理解する材料となりましたでしょうか?
折込チラシの閲覧率はここ10年で大きく変化しておらず、一定の需要はあるとみて良いでしょう。

当サイトの運営元は、元々印刷会社をしていました。
印刷会社としての知識をもとに今は印刷通販事業やチラシ印刷事業を行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら