印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 集客用チラシの作り方を解説!効果をあげるために必要な要素とは?

集客用チラシの作り方を解説!効果をあげるために必要な要素とは?

更新日:2021/08/03

集客用チラシの作り方を解説!効果をあげるために必要な要素とは?

チラシで集客をする中で、なかなか数字に繋がらないなと不安を感じる方は多いでしょう。
実は、チラシを作る際に押さえるべきポイントを逃しているかもしれません。
本記事では、チラシ集客に関するあれこれについて解説します。
チラシ作成のコツもあわせてご紹介するため、集客率が上がるチラシの作り方がすぐに理解できます。
また、最後にはチラシ集客のメリットやデメリットについてもご紹介するので、ぜひ最後までお読みください。

集客率が上がりやすいチラシの作り方

チラシ自体を知らない人はいないと思いますが、闇雲にチラシを作っても集客につながらなければチラシの意味がありません。
まずは集客率が上がりやすいチラシの作り方を見ていきましょう。
ここでは以下の6ステップに分けて説明していきます。

  1. ターゲット選定
  2. 情報の箇条書き
  3. キャッチコピー考案
  4. ラフレイアウト作成
  5. 写真やイラストの準備
  6. チラシ作成

それぞれ簡単に解説していきましょう。

ターゲット選定

チラシは掲載できる情報に限りがあります。
そのため、万人受けを狙うとどうしても情報が多くなりすぎてしまいます。
誰に何のためにどうやってサービスを使ってもらうのか、明確な顧客像を設定しましょう。

情報の箇条書き

自社サービスは誰のどんな課題をどうやって解決するのか。
これがイメージできれば、あとは形にしていくだけです。
はじめから綺麗なチラシへ落としこむ必要はありません。
まずは載せたい情報を箇条書きにしていき、情報が多すぎないか、訴求点は被っていないか、ターゲットとずれていないかなどを吟味していきます

キャッチコピー考案

載せる情報が決まったら、次は「情報」を「言葉」に変換する作業です。
文体はどうするのかも含めてキャッチコピーを考えていきましょう。
もちろんここでもターゲット意識は必須です。

ラフレイアウト作成

キャッチコピーができたら、いよいよ実際に「チラシ」の形を作っていきます。
文章はどの位置に置くのか、写真やイラストはどこに置くのか、装飾はどうするのかといったところを大雑把に決めていきます
ラフレイアウト段階では「位置」と「全体の雰囲気」をキーワードに考えていくとよいですよ。

写真やイラストの準備

ラフレイアウトまでできたら、あとは細部を詰めていきます。
写真やイラストは別途用意する必要があると思うので、最終のデザイン段階に入る前から着手しておきましょう。
とくにイラストの場合は時間がかかるので、スケジュールに注意です。

チラシ作成

素材が揃ったらあとはチラシを完成させるだけです。
ここでのキーワードは「細部と全体
人の認知力は無意識レベルでもしっかり意識に繋がっていきます。
わずか数ミリの違いで見やすさがガラッと変わったり、微妙に色が違うだけで印象が180度変わったりします。
細部までこだわり、そして全体のイメージを確認して、納得のいくチラシを作りましょう

集客率が上がるチラシを作る際のコツ

チラシ作成をするうえでもっとも重要なワードが「余白」です。
それは、デザインとしての余白情報の余白の2つを意味します。
デザインとしての余白がないチラシは単純に見にくく、ひと目見た時のイメージもよくありません。
そのため、そもそも読まれないという結果に繋がりかねません。
また、もし読まれたとしても情報が多すぎると結局何が得なのか、惹かれるここぞというポイントが伝わらず、上手く集客に繋がらないでしょう。
チラシ作成の際は「2つの余白」を意識してみてください。

チラシ集客のメリット

ここまで集客率が上がるチラシを作る際のコツを解説してきました。
ここからは、実際にチラシを使って集客するメリットを詳しく話していきましょう。
ここで紹介するメリットは以下の3つ。

  • 特定の地域に向けて情報発信ができる
  • 手元に残しやすい
  • タイムリーな情報を提供できる

それぞれ解説していきます。

特定の地域に向けて情報発信ができる

まず解説するのは特定の地域に向けて情報が発信できること。
ポスティングが主流であるチラシ広告は、特定の地域に集中して広告宣伝が行えます。
地域特化の店舗やサービス、徒歩圏内の顧客への訴求に有効です。

手元に残しやすい

SNSに出てくる広告、興味があったのに少し画面を移動したら消えてしまったという経験はないでしょうか。
一方でチラシをはじめとした紙媒体の場合、圧倒的に手元に残しやすいことがメリットとして挙げられます。
顧客としては何度も読み返すことができ、企業側も問い合わせの機会がそれだけ長いということでもあり、大きなメリットといえそうです。

タイムリーな情報を提供できる

最後に紹介するメリットはタイムリーな情報を提供できるというものです。
webサイトやSNSを介する場合に比べてチラシは企業と顧客をほとんど直接繋いでくれます。
新聞をイメージするとわかりやすいのですが、紙媒体広告はその残りやすさも作用して、ピンポイントでタイムリーな情報を提供できます

チラシ集客のデメリット

ここまでチラシ集客のメリットを解説してきましたが、あわせてデメリットについても確認しておきましょう。
同じく3つ、以下のとおり説明します。

  • 制作と配布にコストがかかる
  • クレームのリスクがある
  • 情報量に限界がある

それぞれ見ていきましょう。

制作と配布にコストがかかる

やはり現代で広告として比較対象になるのはweb広告でしょう。
web広告ももちろんノーコストとはいきませんが、チラシは印刷コストと配布コストが確実にかかります。
ここでのコストは金銭的コストだけでなく、デザインの制作と印刷にかかる時間的コストも含みます。

クレームのリスクがある

ポスティングの場合、チラシ広告には特有のトラブルが常に付きまといます。
それがクレーム。
ポスティングを迷惑に思う住人や管理会社からクレームが来ることは珍しくなく、広告のなかでもチラシならではのデメリットといえるでしょう。

情報量に限界がある

最後に紹介するデメリットは情報量に限界があるというものです。
新聞掲載広告などにもいえることですが、チラシを含む紙媒体広告は物理的な制約があります。
もちろん情報を詰めこむことはできますが、情報過多のチラシは訴求度が下がります。 情報はできるだけ厳選しましょう。

チラシの効果を高めるコツ

チラシの活用は効果的でありますが、より効果を高めるには様々なコツがあります。
チラシの効果を高めるにはどのような方法があるのか気になる方はこちらの記事でコツを紹介しているので、ぜひ確認してみて下さい。
コラム28
チラシの効果を高めるコツを紹介!エリアや配布時期、手段などが大切

集客率の高いチラシは情報の取捨選択から

適切なチラシを作成できれば、しっかり集客効果も高まります。
本記事で紹介したチラシの作り方を参考に、効果的なチラシ作成を進めていきましょう。

また、チラシを作るうえで印刷は一つの問題になってきます。
自分で大量に印刷するのも意外に大変です。
そもそも印刷機器がない方もいるでしょう。
そんな方は、印刷を代行してくれる、印刷通販の「プリントダップ」にお任せください。

フルカラーからモノクロまで、さまざまな種類のチラシ作成に対応しています。
チラシ印刷はプリントダップにご相談ください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら