印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム オフセット印刷のデメリットを紹介!少ないロットの依頼は苦手?

オフセット印刷のデメリットを紹介!少ないロットの依頼は苦手?

更新日:2021/06/30

オフセット印刷のデメリットを紹介!少ないロットの依頼は苦手?

大量の印刷を高品質に行ってくれることがオフセット印刷の魅力ですが、一方で注意すべきポイントはどういったところなのでしょうか。
注意点を理解せずに依頼をしてしまうと、必要以上に経費がかかってしまう可能性があります。
オフセット印刷自体は魅力的な手法ですが、依頼時にはデメリットも理解しておくことが大切でしょう。
そのため今回は、オフセット印刷のデメリットについて解説します。
印刷の依頼を検討している方は、ぜひとも参考にしてみてください。

オフセット印刷のデメリット

ロット数が少ないほど1枚あたりの印刷単価が高くなってしまう

オフセット印刷は低コストで大量に印刷できる最適な方法です。ただし、それは大量に印刷する場合に限って、というところに注意しましょう。つまり、印刷部数が少ない場合は、オフセット印刷によってかえってコストが高く付くことになるということです。

というのも、オフセット印刷では、印刷するために最初に版を作る必要があります。この版にインクを載せてから、次にブランケットに移して紙に転写するという仕組みです。一つの印刷には必ず一つの版が必要であり、違う内容を印刷したいのであれば、そのためにまた版を新たに作らなければなりません。

この版を作るのにコストがかかってしまうのが、オフセット印刷のネックです。版を作ること自体にもコストがかかりますし、それだけでなく、データを版に変換するためのコストや、焼き付けの作業費なども必要になります。

たとえ版の製作にコストがかかっても、その一つの版で何千枚もの大量印刷を行う場合はそれほど大きな問題にはなりません。むしろ印刷部数が増えるほど、1枚あたりの単価は低くなるため、オフセット印刷ほどコストを抑えられると言えるでしょう。

ところが、先に見たように、印刷の種類ごとに新しい版が必要になるため、版にかかるコストは、1部だけ印刷したい場合も、数千、数万部印刷したい場合にも、同様にかかるわけです。したがって、小ロットの印刷では、オフセット印刷でコストを抑えるつもりが、かえって高くなってしまうことがあるのです。ですので、ロット数が多いか少ないか判断がつきにくい場合は、事前に印刷会社に確認しておきましょう。

納期が長くなる傾向がある

先ほども述べたように、オフセット印刷では印刷のたびに版を作らなければなりません。したがって、版を作るためにある程度の時間が必要になるのです。それに加えて、オフセット印刷では、印刷機の調節や、刷り上がった印刷物を乾燥させる時間も要します。このような理由により、オフセット印刷だと、納期がどうしても長くなる傾向にあります。

納期に余裕があるほど料金を抑えることはできますが、だからといって、上で見たように小ロットだと高く付くことは避けられません。ですので、印刷したい部数と納品までのスピードを考慮したうえで、オフセット印刷を選ぶべきかどうか判断する必要があるでしょう。

顧客に合わせて色味を変化させるなどの調節が難しい

オフセット印刷では、一つの版で印刷できるのは一つのデザインです。それには色も含まれます。つまり、同じデザインの印刷でも、一部は特定の顧客に合わせて他と色味を変えるというような調節が難しいということです。少しだけ色味を変えたいという場合も、やはり別に新しく版を用意しなければならないため、結局、小ロットでの注文と同じになり、高単価になってしまいます。

少しずつデザインを変えながら印刷したいという場合、オフセット印刷の利点はあまり感じられません。その利点を最も活かしたいのであれば、同じ内容で大量印刷したい場合のみにしておいた方がよいでしょう。

インクが薄くなったり色褪せたりすることがある

オフセット印刷は、フルカラーの写真の印刷でも高精度に再現できるのが魅力です。そのため、カタログやパンフレットの印刷によく選ばれる手法ですが、注意したいのがインクの濃度が他の方式と比べて薄くなることがあることです。

先述したように、オフセット印刷では版をいったんブランケットに移してから紙に転写します。そのため、直接紙をインクに転写するのと比べ、彩度が若干低くなることがあります。また、摩擦にも弱くなるため、時間が経つと色褪せが目立ってしまうこともあるので注意が必要です。

色褪せを防ぐには、耐光性顔料を使ったインクを選ぶという方法もあります。一般的なインクよりも色褪せ防止に有効でしょう。とはいえ、色褪せを完全に防ぐことはできないので、時間が経過すると最初の状態と比べて見劣りしてしまうこともあることに注意してください。

さまざまな種類を少しずつ印刷するのには向いていない

色味の調節が難しいこととも関係しますが、それ以外の点に関しても、若干印刷内容を変えて少部数ずつ印刷したいというケースには、オフセット印刷は向いていません。たとえば、ほとんど同じ内容のチラシでも、配布するエリアに合わせて一部記載内容を変えたい場合、オフセット印刷ではやはり新たに版を作らなければならなくなってしまいます。DM印刷で掲載するQRコードだけ顧客ごとに変えたいという場合も同様です。こういう少部数の印刷が必要なケースでは、版を必要としないオンデマンド印刷の方が低コストでニーズを叶えてくれるでしょう。

では、だいたい何部ぐらいからオフセット印刷の方がコスト的にお得になるのでしょうか。印刷機にもよりますが、一般的には1,000部を境に、それ以上ならオフセット印刷、それ以下ならオンデマンド印刷を選ぶとよいと言われています。少なくとも100部程度の印刷では、オフセット印刷だと高くついてしまう可能性が高いので注意してください。

オフセット印刷のメリットとは?大量印刷・高品質印刷が期待できる

オフセット印刷は大量に製品を作りたい場合に適しています。
こちらの記事では、オフセット印刷のメリットを紹介しておりますので利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。
コラム24
オフセット印刷のメリットとは?大量印刷・高品質印刷が期待できる!

オフセット印刷のデメリットを理解しておきましょう

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことでオフセット印刷のデメリットについてご理解いただけたと思います。
オフセット印刷は高品質な仕上がりと大規模なロット数の依頼に適した手法ですので、自社の目的に合わせて活用してみてください。

当サイトの運営元は、元々印刷会社をしていました。
印刷会社としての知識をもとに今は印刷通販事業やチラシ印刷事業を行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら