印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 営業名刺の作成時の注意点と流れについて解説

営業名刺の作成時の注意点と流れについて解説

更新日:2023/04/05

営業名刺の作成時の注意点と流れについて解説

「営業名刺の作り方がわからない」
「営業先でなかなか覚えてもらえない」
こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。
名刺は営業先のお客様に自分の情報を伝えるだけでなく、印象も与えられます。
印象を与えることで業務を依頼されやすくなるため、名刺は営業に欠かせないアイテムです。
ここからは、名刺作成時のポイントと流れについて解説していきます。
最後まで読むことで、印象的な名刺を作れますよ。

名刺を作成時のポイント

はじめに、名刺作成時のポイントについて紹介します。
ポイントを押さえて作成することで好印象を与えられます。

  • 他企業の名刺と差別化する
  • 企業イメージにあわせたデザインにする
  • 顔写真、似顔絵を入れたほうがよい
  • キャッチコピーを記載する

それぞれ見ていきましょう。

他企業の名刺と差別化する

他の企業と差別化を図ることで、お客様の印象に残りやすくなります。
名刺は1番はじめに相手に渡すものです。
ありきたりなデザインや内容だと印象が薄くなり、名刺を見返した時に思い出してもらえない可能性があります。
名刺は自己紹介のほかに相手からの再アプローチを促すこともできます。
そのため、印象に残らず再アプローチが見込めなければ営業した時間が無駄になってしまいますよね。
他の企業と違うデザインやアイテムを入れておくことで、差別化を図れます。
さらに、会話のきっかけになるようなアイテムを入れてもいいでしょう。
初対面の人と会うときは誰しも緊張するものです。
会話のきっかけになるようなアイテムを入れることでお客様の緊張を和ませ、コミュニケーションを取りやすくなります。

企業イメージにあわせたデザインにする

名刺のデザインは企業のイメージに合わせましょう。
企業のイメージに合わせることで、どんな企業か伝わりやすくなります。
たとえば、高級感のある住宅を手がけている建築会社の場合、グレーの背景色に金の文字を入れることで高級感を演出できます。
このとき、白の背景にカラフルなマークがついていると、リーズナブルでアットホームな建築会社なのかなと思ってしまいますよね。
本当は高級感が売りなのにリーズナブルな印象を与えてしまっては、お客様の要望に答えられない可能性がでてしまいます。
企業のイメージとデザインを合わせることで、このような認識のずれを減らすことができるのです。
さらに、企業イメージの後押しにもなるため、名刺のデザインと企業のイメージは合わせるようにしましょう。

顔写真、似顔絵を入れたほうがよい

顔写真、または似顔絵を入れるようにしましょう。
名刺は自分の情報を知ってもらうツールです。
1回会っただけで顔と名前を覚えられる人は少ないのではないでしょうか。
名刺に顔写真や似顔絵があるだけで顔と名前を覚えてもらいやすくなるだけでなく、相手にも親切です。
また、名刺を見返した時に顔が見えると、会った時のことを思い出してもらいやすくなります。
インパクトもあるため、名刺には顔写真や似顔絵を入れるようにしましょう。
載せる写真は笑顔が印象的な写真を選ぶことで好印象を与えることができます。

キャッチコピーを記載する

最後のポイントはキャッチコピーを記載することです。
キャッチコピーを記載することで会話のきっかけになります。

会話をすることでどんな企業か、名刺だけでは伝えきれない細かい情報まで知ってもらえます。
業務を依頼するとき、どんな企業か知っている方が安心して依頼できますよね。
このように、自社の細かい情報まで知ってもらうことで信頼にもつながります。
さらに、自分の趣味や特技を入れても良いでしょう。
趣味や特技を入れることで自分のことを知ってもらえます。
広告代理店やデザインなど個人の技量が問われる業種の場合は、自分のことを知ってもらうことで依頼される度合いが変わるでしょう。

こちらの記事もあわせてお読みください。
コラム123
営業パンフレットの効果を出すための設計とコツについて

営業名刺の項目

名刺には氏名や電話番号の他に記載しておくとよい項目があります。
最低限以下の8つは記載しておきましょう。

  • 氏名
  • 会社名
  • 会社ロゴ
  • 部署名
  • 会社の住所
  • 会社の電話番号
  • 個人のメールアドレス
  • 個人の電話番号

お客様が「業務を依頼したい」と思った時にすぐ連絡できるように連絡先は必ず記載しておきましょう。
さらに、再アプローチのために以下の情報も記載しておくことをおすすめします。

  • 会社のサイトURL
  • 営業時間
  • SNSのアカウント情報
  • サービスや商品の紹介
  • 顔写真や似顔絵
  • キャッチコピー

以上の情報はお客様が新しく業務を依頼したいと思った時に有利です。
しかし、全ての情報を詰め込んでしまうと見づらくなってしまいます。
おもて面は氏名や顔写真など基本情報を記載して、裏面は商品の紹介やキャッチコピーの記載がおすすめです。

デザインソフトでチラシを作る

実際に名刺を作成する時の流れを紹介します。
自分で作成する場合は以下の通りです。

  • ヾ覿箸両霾鵑篌分の売りを整理する
  • ▲妊競ぅ鷓鄒
  • M兒罎僚猗
  • ぐ刷

自分で作成する場合、デザインの作成から印刷まで行わなければなりません。
何百枚も印刷しているとコピー機を占領してしまうため、昼休憩や定時後に行うと他人の業務の妨げにならないでしょう。
また、業者に作成を依頼することもできます。
その場合はデザイン作成後、業者に作成を依頼するだけで完成した名刺が届きます。

  • ヾ覿箸両霾鵑篌分の売りを整理する
  • ▲妊競ぅ鷓鄒
  • 作成依頼

業者に作成を依頼する場合、用紙の準備や印刷作業を行う必要はありません。
デザインを作成した後、枚数や用紙の種類を指定するだけで作成できるためおすすめです。

▽こちらの記事では名刺づくりで意識するポイントについて解説した記事になります。
コラム65
新入社員の名刺作りで意識するポイントは?注意点も解説

営業名刺の注意点

名刺作成時に2つ注意点があります。
1つ目の注意点は自分で作成する場合、印刷会社のテンプレートをそのまま使うことです。
テンプレートを使ってしまうと他企業との差別化が難しくなってしまいます。
テンプレートはそのまま使わず、参考にする程度にしましょう。
2つ目の注意点は定期的にリニューアルすることです。
リニューアルについて以下の項目で詳しく解説します。

定期的にリニューアルする

名刺は定期的にリニューアルしましょう。
リニューアルのタイミングとして以下の3つがあげられます。

  • 名刺のストックがなくなった時
  • 部署が移動したとき
  • 役職が変わった時
  • アピールポイントが増えたとき

一番多いタイミングが、名刺のストックが無くなった時でしょう。
他にも部署や役職が変わった時も名刺を作り直すと最新の情報をお客様に提供できます。
しかし、最も作り直して欲しいタイミングはアピールポイントが増えたときです。
時間と共に自分の得意分野やPRできる部分が増えていきます。
その都度名刺をバージョンアップすることで営業効果がアップします。
さらに、最新の名刺だと堂々と出せるため、名刺は定期的にリニューアルしましょう。

ポイントを押さえて印象に残る名刺を

名刺作成時のポイントや必要な項目について紹介しました。
業務を依頼してもらうにはお客様に企業の良さを伝えるだけでなく、印象を与える必要があります。
印象的な名刺を作成するために、他企業との差別化を図るようにしましょう。
また、定期的なリニューアルも必要です。
毎回デザインを大きく変える必要はありませんが、部署やアピールポイントが変わるごとに名刺をリニューアルしましょう。
しかし、部署が移動するごとに用紙を用意して印刷するのは大変ですよね。
「プリントダップ」では、印象的な名刺を作成するため「名刺」の印刷を行っています。
前回注文した内容を使って再発注もできるため、リニューアルにも最適です。
新聞のチラシなどを印刷している会社のため、低コストで丁寧なサポートをしております。

名刺印刷プリントダップ」について詳しく見る。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら