印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 地域に特化した集客の方法と失敗しないためのポイントを紹介

地域に特化した集客の方法と失敗しないためのポイントを紹介

2022/06/09 | 最終更新日時:2024/06/01

地域に特化した集客の方法と失敗しないためのポイントを紹介

地域での集客を行っている企業様のなかには、なかなか集客が上手くいかずにお困りのところも多いのではないでしょうか。

この記事では、地域に特化した集客の方法と失敗しないためのポイントを紹介します。
地域に特化した集客を改善していきたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

地域に特化した集客の6つの方法

地域に特化した集客方法は、主に6つです。

  • web広告の運用
  • チラシ配布
  • ポスター貼り
  • SEO対策
  • MEO対策
  • ポジショニングメディアに掲載

それぞれの集客方法について解説します。

集客方法web広告の運用

Web広告の運用は、地域に特化した集客で有効な手段の1つです。
Web広告は文字通りWeb上に掲載する広告のことで、主な種類として挙げられるものは、リスティング広告とディスプレイ広告です。

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果のページに出稿できるWeb広告で、ユーザーの検索キーワードに関連した広告を表示させられます。
また、リスティング広告は特定の地域に絞った広告の出稿が可能です。
たとえば「○○駅 塾」や「××区 エステ」など地域名とカテゴリー名を組み合わせたキーワードで検索されたときにヒットするように仕組めます。

一方で、ディスプレイ広告とは、Webサイト上に設けられた広告枠に掲載できるタイプのWeb広告です。
こちらもリスティング広告と同様に、PRしたい地域に絞って広告を出稿できます。

そして、リスティング広告やディスプレイ広告などのWeb広告では地域を絞れるため、広告費の無駄を省けることもポイントです。
地域を絞らずに出稿すると、地域性のある情報が関連性のない別の地域に届く、つまり最終的な来店などのゴールにつながらず広告費が無駄になってしまいます。
そのため、地域を絞って出稿できるリスティング広告やディスプレイ広告などのWeb広告は、地域に特化した集客で有効だといえます。

集客方法▲船薀掲柯

チラシ配布も地域に特化した集客においては有効な手法の1つです。
Web広告とは打って変わってアナログな手法ではありますが、昔から現在に至るまで変わらず行われつづけています。

チラシ配布の主な方法はポスティング、新聞折込、そして街頭配布です。
それぞれの方法に固有の特徴やメリットがあるため、多くの場面で用いられています。

ここからは、それぞれの方法における特徴を紹介していきます。

店舗集客のチラシについては以下の記事をご覧ください。

関連記事:
コラム114
店舗集客の方法|店舗集客をすべき理由や媒体に合わせた方法を解説

ポスティング

ポスティングは、特定の地域の住宅地に絞って郵便受けにチラシを投函する方法です。
地域や住宅地の特性に合わせた配布を行えることが特徴として挙げられます。

また、ターゲットに一度はチラシに目を通してもらえることがポイントです。
基本的に、ターゲットはポストの投函物に重要な書類が入っていないかを確認するためです。
そのため、チラシのデザインや内容次第では反響につながる可能性があります。

新聞折込

紙媒体の新聞に折り込まれたチラシが新聞折込というものです。
新聞折込に関しても、特定の地域に合わせた配布が可能です。

特徴としては、メインターゲットが新聞の主な購読層である中高年の方たちであることが挙げられます。
そのため、中高年の方たちにアプローチしたい商材であれば、高い効果を得られる可能性があるというメリットがあります。

街頭配布

チラシの街頭配布は文字通り、街中でチラシを配布する方法です。

主な特徴としては、ターゲットに対して的確にアプローチできることが挙げられます。
街頭配布は手渡しで行うため、直接渡す人の顔を確かめられます。
そのため、PRする対象の商材に興味のありそうな人に絞ってチラシを配布できるのです。

集客方法ポスター貼り

ポスター貼りもチラシ配布と同様に、地域での集客方法のなかでは昔から行われているアナログな手法の1つです。

ポスター貼りのメリットは、一度ポスターを貼ってしまえば長期的なPRにつながることです。
Web広告やチラシ配布はその日限りのPRに留まりますが、ポスターはひどく劣化しない限りはPRにつながります。

また、コスト面に優れていることもメリットだといえるでしょう。
チラシのように何枚も制作する必要がなく、かつ長期間使えるためです。

そのため、ポスター貼りはコストを抑えて長期的なPRをしていく、地域での集客方法として優れているといえます。

集客力が高いポスターを作成する方法は以下の記事をご覧ください。

関連記事:
コラム45
集客力の高いポスターを作成するポイントを解説

集客方法SEO対策

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のこと。GoogleやYahooで「〇〇 方法」と検索して、ユーザーのニーズに応じている記事が上位に表示される仕組みがSEOです。サイトが上位表示されればユーザーがサイトを閲覧し、購入・契約・予約などのアクションをしてくれる可能性が高まります。

地域に特化する場合は、「地域名 サービス内容」「地域名 イベント内容」のようなキーワードでSEO対策に取り組むとよいでしょう。SEO対策のデメリットとしては、上位検索されるまで時間がかかることです。対策をしても、初めから上位表示されたり集客に直結したりするわけではありません。独自でSEO対策するのに限界を感じた場合は、専門業者に依頼するのも手段の一つです。

集客方法MEO対策

MEO(Map Engine Optimization)とは、マップエンジン最適化の略で、地域ビジネスや店舗ビジネスにおいて重要なWebマーケティング施策です。具体的にはGoogleマップ上で自社の店舗情報やビジネス情報を掲載し、Googleマップの検索エンジンで上位表示を目指します。

MEOはGoogleマップと連動しているため、マップ検索をよく使うユーザーに訴求できることもメリットの一つです。「〇〇地域 カフェ」で検索した際に上位3枠に入れば、ユーザーの目にも入りやすくなり、認知度や集客力も向上するでしょう。SEO対策よりも短期間で成果が見られるため、地方での集客に向いています。

集客方法Ε櫂献轡腑縫鵐哀瓮妊アに掲載

ポジショニングメディアとは、特定の地域にフォーカスして、テーマに合うコンテンツを提供するサイトです。自社や製品のブランドが他のブランドとどのように違うのか、比較する形式で構成された広告やオウンドメディアを指しています。ポジショニングメディアを通じて業界内で自社や製品の魅力をダイレクトに伝えれば、興味を引いたユーザーに認識してもらえます。

ポジショニングメディアを利用する際は、業界別に情報を掲載しているサイトがおすすめです。地域も業界もまとめることで、より集客につながる可能性があります。「〇〇地域には歯医者や整形外科、制作会社がある」よりも「〇〇地域の歯医者」と限定化できることで、ユーザーも調べやすくなるでしょう。

地域に特化した集客で失敗しないためのポイント

地域に特化して集客を行う際、地域を絞ってただ闇雲に行うだけでは効果が見込めません。

失敗しないためにはターゲットを明確にするということがポイントとなります。
なぜなら、最適なWeb広告やチラシ・ポスターのデザインや構成、内容はターゲットによって異なるからです。
しっかりとターゲットを明確にしたうえで、Web広告やチラシ・ポスターのデザインや構成、内容を決めることで、反響が見込め、成功につながるでしょう。

h3地域に特化した集客にエリアマーケティングを活用する

エリアマーケティングとは、特定のエリアにおける販促活動をニーズや特性に合わせて最適化する手法の一つです。地域密着型マーケティングとも呼ばれており、調査・分析を密に行うことで売り上げアップにつながる戦略を立てます。エリアマーケティングを活かすとさまざまなメリットを得られるため、ここで3つのメリットを紹介しましょう。

営業活動が効率化される

エリアマーケティングを活かすと、地域の特性やニーズが把握できることで営業活動の効率化が図れます。明確なビジョンがないまま闇雲に営業活動を行っても、大きな成果は期待できません。ユーザーが本当に求めているものを把握できれば、ピンポイントで求められている何かを察せます。

意味のある営業活動にシフトチェンジするには、エリアマーケティングを通して客観的なデータをもとに地域の特性やニーズを可視化し、立案することが重要です。有効な販売戦略が立てられれば、営業活動もスムーズに進みます。営業活動に力を入れているのに反響がない、相手が求めているものがわからない、などの状況下であれば、エリアマーケティングを取り入れてみましょう。

ターゲットのニーズを把握できる

全国どこでも爆発的に売れる製品というものは、ほとんど存在しません。極端な例を挙げるとすると、屋根に設置する雪止め金具は雪が積もりやすい寒冷地には需要がありますが、冬でも屋根に雪が積もらない地域では不要です。地域性や住民層などは地域ごとで特性が異なるからこそ、どのような戦略がマッチするのか考える必要があります。

エリアマーケティングでは、ターゲットのニーズを視覚的に把握できるため、適切な戦略が明確になります。戦略がうまくいけば売上がアップするだけではなく、販促コストの節約にもつながるでしょう。地域ごとに店舗があるチェーン店であれば、各エリアでサービス内容や商品のラインナップをカスタマイズすることで、リピート率が上がるかもしれません。

精度の高い事業計画を立てられる

精度の高い事業計画を立てられるのもメリットの一つです。売上を上げるためには、経営計画や広告販促計画、販売計画などさまざまな計画を立てなければなりません。一つでも目標に対して不十分な計画になっている場合は全体の計画が崩れ、企業の経営不振に響きかねません。

エリアマーケティングで地域別のニーズを把握できれば、どのような事業計画が適切かどうかを見極められます。なお、事業計画は地域ごとに立てることがポイントです。地域ごとで若干ニーズが異なることもあれば、かけ離れている場合もあります。特定の地域に特化して集客をするなら他地域のデータは参考程度に留まり、対象地域を調査・分析しましょう。

地域に特化した集客はデジタルでもアナログでも有効な手段がある

いかがでしたでしょうか?

地域に特化した集客の主な方法はWeb広告の運用とチラシ配布、ポスター貼りの3つです。
Web広告の運用のようなデジタルな手法でも、チラシ配布やポスター貼りなどのアナログな手法でも、しっかりとターゲットを明確にしたアプローチを行うことが大切です。
それぞれの特徴を理解したうえで、集客改善に努めましょう。

チラシ印刷のプリントダップでは、はがきやポスターなどさまざまな印刷を行っています。
低コストで安心・丁寧なサポートをうけられるため、印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら