印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 新聞折込のメリット・デメリットや向いている業種を紹介

新聞折込のメリット・デメリットや向いている業種を紹介

更新日:2022/06/09

新聞折込のメリット・デメリットや向いている業種を紹介

数ある集客方法のなかでも、長年根強く活用されている手法が新聞折込です。
この手法は、なぜWebでの集客が主流となっている現代でも通用するのでしょうか。

この記事では、新聞折込を行うメリット・デメリットや向いている業種を紹介します。
有効的な集客方法について理解を深めたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

新聞折込とは

新聞折込とは、紙媒体の新聞にチラシを折り込んで対象者に届けるかたちの広告です。
古くから活用されている集客方法の1つですが、近年におけるWebでの集客の台頭や電子版の新聞の普及があっても、今なお選ばれている手法です。
そして、比較的地域性が高い集客方法であることが、特徴として挙げられます。

また、チラシの制作費はデザイン制作費用が5万円前後、印刷費用が1万部で5万円前後です。
加えて、配布料金は1万部あたり3万円前後となります。
配布する地域や新聞の種類、紙の厚みなどによって費用が変わってきます。

一見高いと感じられるかもしれませんが、集客方法のなかにはおよそ1万人に届けるために数十万円の費用がかかるものもあるのです。
そのため、新聞折込は比較的コストがかからない集客方法だといえます。

新聞折込を行う3つのメリット

数ある集客方法のなかでも、新聞折込特有のメリットが存在します。
ここからはメリットを3点紹介します。

メリット‐霾鵑凌頼性がある

新聞折込は掲載内容を新聞社から校閲され、問題ないと判断されるとはじめて配布されます。
掲載内容が禁止事項に抵触していないかを、新聞社独自の基準で校閲するのです。
そのため、配布されるチラシは厳選されたものであり、情報に信頼性があるといえるでしょう。

SNSやWebから情報発信をしている企業のなかには、情報を正確に発信できていないという企業もあります。
ユーザーはこのような事例を多く目にし、SNSやWebに掲載されている情報への正確性に厳しくなっています。

上記のことを踏まえると、新聞折込は信頼性が担保できているという点でメリットがあるといえるでしょう。

メリット中高年の方たちに照準を当てられる

新聞の主な購読層は中高年の方たちです。
つまり、中高年の方たちに対して商品を訴求したい場合には、新聞折込は有効だといえます。

新聞折込とよく比較される集客方法としてポスティングが挙げられますが、ポスティングは明確に配布先の年齢層を掴むことが難しいです。
ポスティングと比較すると照準を絞って集客できることがメリットの1つだといえます。

メリットG柯枡を指定できる

新聞休刊日を除き、新聞折込は配布日の指定が可能です。
そのため、特売や開店などのイベントスケジュールに合わせた、地域へのPRができます。

また、特売や開店などのイベントではなくても、定期的なアプローチができることもポイントです。
決まった週や曜日ごとに配布することで、顧客に配布日を認識させることができ、店舗への来店率などの反響率を高められるでしょう。

新聞折込を行う3つのデメリット

ここまでで新聞折込を行うメリットを紹介してきましたが、反対にデメリットも存在します。
ここからはデメリットを3点紹介します。

デメリット/景垢亮要が減っている

紙媒体の新聞の発行部数は年々減少しています。
日本の人口自体が減ってきているということ、そして若年層の新聞離れという時代の変化から、紙媒体の新聞の需要が減っているという背景があります。

たしかに、新聞折込は未だ効果の見込める集客方法の1つだといえますが、少なくとも効力が低くなってきていることは否めません。
新聞を取っていない世帯とは接触できず、ターゲットに伝えたい情報を届けられないという点はデメリットだといえます。

デメリット掲載できる情報に限りがある

新聞折込で伝えたい情報がどれだけあっても、1つの紙面に情報量を収められるようにしなくてはなりません。
1つの紙面のなかで、チラシを読んだ人の心を惹きつけられるような構成や内容にする工夫が重要となります。

伝えたい情報を上手にまとめられないと施策の効果が出ない可能性があるという点では、デメリットの1つだといえます。

デメリット7兮嚇なアプローチが必要

新聞折込の反響率はおよそ0.1%ですが、これは数ある集客方法の反響率のなかでも決して高い数値だとはいえません。
そのため、1度きりの施策で終わるのではなく、継続的にアプローチをする必要性があります。

継続的なアプローチをしないと一定の反響が見込めないという点もデメリットの1つだといえるでしょう。

新聞折込に向いている業種

新聞は中高年の方たちが朝方に読む傾向があります。
そして、新聞折込は配布日を指定できるため、ターゲットがその日に買い物に行くことを狙ったPRが有効的だといえます。

つまり、向いている業種は使用頻度が高い生活必需品を取り扱っているところです。
具体的に、向いている業種として挙げられるものは以下のとおりです。

新聞折込に向いている業種
  • スーパーマーケット
  • ホームセンター
  • エステ
  • 飲食店
  • 不動産

特にスーパーマーケットやホームセンターなどの生活必需品は特売情報などを掲載したチラシを配布すると、中高年の方たちに喜ばれる傾向があります。
また、エステや飲食店、不動産など店舗を伴う地域性が高い業種でも有効です。
地域性が高いと、気軽に訪れてもらえる可能性を見出せるため、有効だといえます。

新聞折込のメリットは中高年の方たちにアプローチしやすいこと

いかがでしたでしょうか?

新聞折込は配布にあたって新聞社独自の校閲が行われるため情報に信頼性があるということがメリットとして挙げられます。
そして、メインターゲットは中高年の方たちであり、これらの層に対して配布日を指定してアプローチしていくという手法が主流です。
そのため、ターゲットに対して正確にアプローチできることもメリットとして挙げられます。

また、スーパーマーケットやホームセンターなどの生活必需品を取り扱っている業種は新聞折込での集客と相性がよいです。

チラシの制作をすぐに依頼したいという企業様は、プリントダップまでご相談ください。
最短当日から発送を承っています。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら