印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム オンデマンド印刷のメリットは?スピーディーで手軽な印刷が魅力!

オンデマンド印刷のメリットは?スピーディーで手軽な印刷が魅力!

更新日:2021/06/30

オンデマンド印刷のメリットは?スピーディーで手軽な印刷が魅力!"/

従来印刷と言えば、凹凸のない板を使用するオフセット印刷が一般的でした。
オフセット印刷は大量の印刷には適していますが、少量の印刷をしたい場合には無駄なことも多くあります。

そこで利用したいのが、高性能レーザープリンターで印刷を行うオンデマンド印刷です。

本記事では、便利なオンデマンド印刷のメリットについて解説します。
利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

オンデマンド印刷とは

オンデマンド印刷とは、印刷の依頼があってから、それに応じて印刷を行う方法のことを指します。

もともと「オンデマンド」とは「要求に応じて」などの意味がある言葉で、印刷の方法を指す言葉ではなく、さまざまなサービスに使われます。実際、インターネット上のサービスの多くはオンデマンド方式と言ってもよいでしょう。身近な例を挙げると、ブラウザで閲覧するコンテンツもそうです。あれも、ユーザーが閲覧したい時に、その要求に応じてコンテンツを構成するデータが配信されるという仕組みなので、オンデマンドと言うことができます。

オンデマンド印刷も、要はそういうことであり、顧客からの要求に応じて印刷というサービスを提供するわけです。ただ、一般的には、オフセット印刷に対して、インクジェット方式やトナー方式を用いる印刷をオンデマンド印刷と呼んでいます。

オフセット印刷とは、印刷したい元のデータから版を作り、それにインクを付けてから紙などの印刷したい媒体にローラーで押し付ける仕組みです。直接用紙に印刷するのではなく、転写して印刷するため、オフセットと呼ばれています。一般的な書籍などの大量に印刷する必要があるものは、だいたいオフセット印刷です。

それに対して、オンデマンド印刷は、一般的に版を作りません。顧客からの要求に即時に応えてサービスを提供する必要があるので、版を作るのに時間をかけていられないという事情もあります。そのため、オフセット印刷ではなく、版を必要としないレーザープリントなどで印刷するのがオンデマンド印刷の特徴です。このことによって、印刷コストを抑えつつ、スピーディーに対応できます。

要は、時間をかけずに即要求に応じることができる方法を、オンデマンド印刷と呼ぶと考えてよいでしょう。オフセット印刷では、印刷したいものに応じて版を作らなければならないため、印刷開始までにある程度の時間と、版を作るためのコストがかかります。だから、オンデマンド印刷といえば、版を必要としないデジタル印刷機を用いた印刷のことを指す場合がほとんどなのです。

ただし、たとえオフセット印刷による印刷であっても、短納期を実現している場合、印刷通販会社によっては「オンデマンド印刷」と自称していることもあります。

オフセット印刷は解像度の高い印刷ができるため、品質を求める印刷物に用いられることが多いです。一方、オンデマンド印刷は、従来、オフセット印刷ほどのクオリティは望めないとされてきました。とはいえ、最近の印刷機器はかなり進化しているため、レーザープリンターでもかなりハイクオリティな印刷ができるようになっています。一応、スピードならオンデマンド印刷、クオリティならオフセット印刷と区別できますが、最近のオンデマンド印刷はなかなか質も高いと思ってよいでしょう。

オンデマンド印刷のメリット

ここでは、オンデマンド印刷におけるメリットを6つに整理して解説します。

短い納期に対応できる

オンデマンド印刷で使用するトナーは速乾性に優れているためインクの乾燥に時間がかからず、短期間での納品にも対応できます。
また製版する手順が必要なく、デザインデータから直接刷れる点も、短期間の納期に対応できる理由の1つです。
早期対応ができるケースでは発注をしてから納品までが1日で完了することもあるため、早期の納品が求められるケースではオンデマンド印刷がより適しています。

少ない部数からの依頼が可能

少ない部数からの印刷依頼が可能である点も、オンデマンド印刷を利用する大きな利点の1つです。
製版の手順がないことにより、少部数の印刷でも費用がかからずに行うことが可能なのです。
1〜10部程度からでも依頼することが可能であるため、必要なタイミングで必要な量だけを刷れて無駄がなくなります。
在庫を抱える心配がなくなるため、経済的には非常に合理的でしょう。

無駄な印刷費用発生の心配がない

オンデマンド印刷は必要な分だけ印刷を進められるため、無駄な印刷費用の発生が避けられます。
オフセット印刷などでは一度に大量の印刷を行うことが前提となっているため、不要な印刷物が発生してしまう可能性が高いと言えます。
しかし高性能レーザープリンターならば必要な分量だけ依頼がかけられるため、無駄な費用が発生しにくいのです。

RGB印刷が手軽に行える

オンデマンド印刷を活用することで、RGB印刷を手軽に行うことが可能です。
従来の印刷ではCMYKによる表現が一般的でしたが、近年では以前に比べRGB印刷の手法が広まっています。
オフセット印刷では印刷費用が少々割高になったり、再現ができなかったりと導入に踏み切れないケースもあるのですが、高性能レーザープリンターであれば比較的気軽に実施できます。

内容を変えながら連続して印刷できる

一つの印刷データに対し、一つの版が必要なオフセット印刷と違い、オンデマンド印刷は版を必要としないので、異なる内容でも続けざまに印刷することができます。

たとえばダイレクトメール(DM)を考えてみましょう。DMを作成する場合、内容の一部を顧客に応じて変更したいという場合もあるでしょう。もしくは、基本的な内容は同じであっても、抽選番号などを印字する場合、1枚ずつ異なる番号を印刷しなければなりません。こういう時に活躍するのがオンデマンド印刷です。

オフセット印刷では、内容が一部のみ異なる場合であっても、異なる印刷を行うにはその都度異なる版を必要とします。そのため、版製作のために時間もコストもかかるわけです。その点、オンデマンド印刷なら、低コスト、かつ、短納期で、内容の異なる印刷を実現できます。

このメリットを活かせば、DMに限らず、たとえば名刺の印刷などにもオンデマンド印刷は活躍してくれるでしょう。社員の名刺をまとめて作りたい場合、名前と役職の部分だけを変えて必要な枚数分印刷することができます。

用途次第ではオフセット印刷に負けないクオリティを実現する

オフセット印刷に比べると、オンデマンド印刷はクオリティの点でどうしても見劣りするというイメージがありました。ところが、最近ではオンデマンド印刷でもかなりクオリティの高い仕上がりを実現できるようになっています。

確かにオフセット印刷の方が、いちいち版を作ってから輪転機で印刷するため、オンデマンド印刷よりも高精細の印刷が可能になります。仕上がりを細かい部分まで比べると、やはりオフセット印刷の方に軍配は上がるでしょう。

とはいえ、細部を拡大して比べた場合のことで、離れて見る限り、それほど明らかな差が感じられることは少ないです。少なくとも名刺のようにテキスト主体の印刷物であれば、明らかにオフセット印刷より見劣りするということはないでしょう。少なくともコピー機や家庭用のプリンタで印刷するよりも、オンデマンド印刷のクオリティははるかに高いです。

オンデマンド印刷のデメリットを解説

オンデマンド印刷はスピーディーに納品を受けられる手法ですが、注意点があるため気を付けなければなりません。
そこで本記事では、オンデマンド印刷のデメリットをまとめました。利用を検討している方は、ぜひともご確認ください。
コラム23
オンデマンド印刷のデメリットを解説!ギラつきやモアレ現象に注意?

オンデマンド印刷を活用しましょう

今回は、オンデマンド印刷におけるメリットについて解説してきました。自社のビジネスにとって有効か否かを判断する材料となりましたでしょうか?
利点を整理し、手軽に活用できて便利なオンデマンド印刷の依頼を検討してみてください。

当サイトの運営元は、元々印刷会社をしていました。
印刷会社としての知識をもとに今は印刷通販事業やチラシ印刷事業を行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら