印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム よいセミナー資料を作るポイントと資料作成の流れ

よいセミナー資料を作るポイントと資料作成の流れ

更新日:2022/03/10

よいセミナー資料を作るポイントと資料作成の流れ"/

自社サービスの宣伝や社内研修など幅広い目的で開催されるセミナーですが、内容を理解してもらうためにはよい資料を作ることが大切です。
内容が伝わりやすい資料を作れば、セミナー参加者の理解も進み、充実したセミナーとなるでしょう。

そこで今回は、よいセミナー資料を作るポイントと資料作成の流れを紹介します。
セミナー登壇者の方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

よいセミナー資料を作成するために押さえておきたいポイント

よいセミナー資料を作るためには、やみくもに資料作成に取り掛かるのではなく事前準備をすることが大切です。
十分な事前準備を行うことで、クオリティーの高いセミナー資料を作成することができます。
重要なポイントを項目に沿って1つずつお伝えするので、ぜひチェックしてみてください。

ポイント.札潺福爾量榲を確認して明確に意識する

セミナーの資料を作成する際に大切なことは、そのセミナーの目的を確認して明確に意識することです。

セミナーを開催する際には、事前に企画を考えて目的を明確にしているはずです。
具体的には、セミナー参加者の年齢や性別、役職、何に課題感を持っているのかといった内容や、セミナー後にどのような行動につなげて欲しいのかといった内容です。

このセミナーの目的を忘れてしまうと、的外れな内容の資料を作ってしまいかねません。
セミナー資料の根幹となる部分ですので、しっかりと確認するようにしましょう。

ポイント▲董璽泙魍稜Г垢

セミナーの目的と同様に、テーマを確認することも重要です。

たとえば「セミナー参加者の営業活動における受注率をアップさせること」が目的であるならば、商談の進め方がテーマになっているかもしれません。

このテーマ設定に沿って一つひとつの具体的な表現を考えていくわけですが、セミナーの目的とテーマに食い違いがないか念のため確認するとよいでしょう。
企画を練っている段階では整合性があると思っていても、少し時間をおいて見直してみると内容がずれている可能性があるからです。

目的とテーマのずれをそのままにして資料を作成すると、デザインや表現自体は優れていたとしても、参加者に違和感を与えてしまうので注意しましょう。

ポイント情報を整理する

目的とテーマを決めたら、セミナーに盛り込むべき情報を整理しましょう。

目的とテーマに沿って集めた情報のなかから本当に必要だと思われるものをピックアップしていきます。
このとき、自分が伝えたいメッセージの根拠を集めるように意識するとよいでしょう。
セミナー受講者が疑問を持つかもしれない点を補足する情報を集めておくと、説得力があるセミナー資料を作れます。

ポイントづ舛錣蠅笋垢ぅ妊競ぅ鵑魄媼韻垢

実際にセミナー資料を作成する際に重要なのが、伝わりやすいデザインを意識することです。
具体的には、次のようなポイントを意識するとよいでしょう。

伝わりやすいセミナー資料のデザインのポイント
  • 1メッセージ1スライドを意識する
  • 読みやすいフォントを選ぶ
  • 配色は3色までに絞る
  • レイアウトの基本ルールを守る
  • 文字数を少なくする
  • あいまいな表現は使わない

これらのポイントを意識して資料作成を進めるだけでも、セミナーの内容が参加者に伝わりやすくなります。

セミナー資料を作成する流れ

ここからは、セミナー資料を作成する際の具体的な流れをみていきます。
まずはこの流れに沿って実際に資料作成を行ってみるとよいでしょう。

ステップ.織ぅ肇襪魴茲瓩

はじめに、セミナーのタイトルを決めましょう。

セミナーのタイトルは、セミナーのテーマとほぼイコールです。
たとえば商談の進め方についてのセミナーであれば、「商談の進め方セミナー」というタイトルが基本となります。

この状態から、参加者にとって魅力的に映るようにアレンジをしていくと内容と一致したよいタイトルを作れるのでおすすめです。
たとえば、「【受注率がアップする!】商談の進め方セミナー」や「営業初心者必見!正しい商談の進め方」など、メリットや対象ユーザーが分かりやすい表現をしてみましょう。

ステップ∩澗里両呂旅柔を考える

次に全体の章の構成を考えましょう。

見出しレベルのトピックをWordやメモ帳に書き出していき、わかりやすい順番に並び替えます。
詳細な表現や具体的に話すことを考える前に全体像を明らかにすることで、自分自身の理解が進み、内容の明晰なよい資料が作れるでしょう。

事前に入念な情報の整理をしておくと、参加者にとってもわかりやすい資料が作れるので、ぜひ全体の構成を考えてみてください。

ステップ3鴇呂旅柔を考える

全体の章の構成を考えたあとは、各章の構成を考えましょう。

各章ごとに、根拠となるデータや実例、ノウハウなどの詳細を書き加えて内容を肉付けします。

実際にメモやワードでスライドごとに盛り込む内容を書いてみて、情報の過不足を調整することもおすすめです。

ステップに槓圓離好薀ぅ匹鮑鄒する

ここまで完了したら、PowerPointを使って本編のスライドを実際に作成していきましょう。

メモレベルだった内容を具体的な文章やグラフにして、参加者にとってわかりやすい形に整えます。

伝わりやすいセミナー資料のデザインのポイントを思い出しながら作ってみるとよいでしょう。

ステップゥ螢蓮璽汽襪靴篤睛討わかりやすいか確認する

スライドが完成したら、最後にリハーサルを行います。
本番と同様の環境で誰かほかの人に見てもらいながら、実際に発表をしてみましょう。

発表をしてみるとスライドの過不足にも気が付きますし、発表へのフィードバックを受けることで自分では気が付かなかった不備もわかります。

内容を修正して、念のため再度リハーサルを行えば準備は万全です。

よいセミナー資料を作るには事前準備が重要

今回はよいセミナー資料を作成する際に意識したいポイントをお伝えしました。

セミナー資料は事前に目的やテーマをじっくり考えたうえで、正しい手順に沿って作れば、十分な品質のものが作れます。
ぜひ、今回の記事を参考に資料作成に取り組んでみてください。

セミナー資料の印刷を発注する際は、印刷通販プリントダップにお問い合わせください。
最短当日発送のスピーディーな対応で、高品質な資料を印刷します。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら