印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 集客効果のあるスクールのチラシの作り方とは?

集客効果のあるスクールのチラシの作り方とは?

更新日:2022/03/10

集客効果のあるスクールのチラシの作り方とは?

塾や習い事などのスクールを開校するにあたって、まず始めることは集客です。
スクールチラシは、限定された地域におけるビジネスにおいて効果が出やすく、効率的に人を集めることができます。

しかし、「なかなか生徒が集まらない」「チラシを作っても効果を感じられない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
本記事では、集客につながるスクールチラシの作り方をご紹介します。

集客に効果的なチラシの作り方がわからずお悩みの経営者の方は、ぜひご参考ください。

集客効果のあるスクールのチラシを作るポイント

集客率の高いスクールチラシを作るためには、内容はもちろんデザインや構成などにも気を配らなければなりません。

次の要素を盛り込むことで、チラシへの反応率は大きく高まります。 一つずつ確認していきましょう。

ポイント.拭璽殴奪箸帽腓辰織譽ぅ▲Ε箸魄媼韻垢

ターゲットを明確にしたレイアウトは、集客率を大きく高めます。
ターゲットが求める情報がわかりやすく記載されているのか、内容や配色がごちゃついて読む側の負担になっていないか意識したレイアウト作りが大切です。

例えば、子ども向けのピアノ教室では、レッスンの楽しさが伝わるようなデザインが好ましいです。子どもたちが楽しそうにピアノを弾いているレッスン風景や、笑顔の写真が添えられていると、親御さんは「これなら楽しく続けられそう」と感じるでしょう。
可愛らしい動物の絵やピアノのスタンプなどを用いて、全体的にカラフルな構成でまとめることで、明るい印象を与えます。

学習塾のスクールチラシだと、指導内容や生徒の成績アップの実績を掲載するなどして、ターゲットに「ここに入塾すれば成績が大きく伸びる」とイメージさせることがポイントです。
講師と生徒の学習風景などの写真を掲載して、生徒が前向きに学習に向き合える場所であることをアピールしましょう。

スクールに通いたいお客様は誰なのかを明確にして、ターゲットのメリットになるような情報をわかりやすく伝えたチラシつくりを目指しましょう。

ポイント内容を簡潔にする

スクールチラシは基本的に1枚の用紙に情報を盛り込みます。
そのため、あまりにたくさんの情報を記載してしまうと、文字が小さくなり全体的にごちゃついた印象を与えてしまうでしょう。
スクールチラシはあくまで、必要な情報だけをまとめるようにしてください。

ターゲットの求める情報とは、主に次の内容です。

  • レッスン費用
  • レッスン内容、日程
  • 申し込み方法
  • 教室の場所
  • アクセス方法
  • 連絡先

基本情報を載せることで、「これなら通えそう」とスクールへ通っている姿をより強くイメージさせることに繋がります。
チラシの内容はあくまで簡潔にまとめるようにしましょう。

ポイントG杰Г離丱薀鵐垢鮃佑┐

色の統一感をもたせることで、全体のバランスが整い、相手に伝わりやすいデザインになります。
スクールチラシを作るうえで、色選びや使用する色の数は重要です。
初心者の方が陥りやすい失敗例として、目立たせようと色をたくさん使ってしまい読みづらくなってしまうというものがあります。

配色は、チラシ全体を占める「ベースカラー」、見出しや印象付けたい部分に使う「メインカラー」、そして強調させたい「アクセントカラー」の3色で構成することで、全体的にまとまりのあるデザインとなります。
3色を決める際は、まずベースカラーを決めてから、メインカラー、アクセントカラーの順に決めましょう。
配色の比率を次のように割り当てることで、バランスの取れた美しいデザインとなります。

  • ベースカラー:70%
  • メインカラー:25%
  • アクセントカラー:5%

配色は、購買意識を強める赤色や安らぎを与える青色といった、それぞれのカラーが持つ色彩心理をもとに選びましょう。

【ステップ別】チラシの作り方

スクールチラシは決められたステップに沿って作ることで、集客率の高さに大きく繋がります。

ここでは、思わず通いたくなるスクールチラシの作り方について、ご紹介します。

ステップ.拭璽殴奪箸鯡棲里砲垢

スクールチラシを作るうえで最も大切なことは「ターゲットの選定」です。
スクールに通いたいのは誰なのかを明確にすることで、通っているイメージを掻き立てるようなスクールのアピールポイントが詰まったチラシ作りができるでしょう。

例えば、キッズ向け英会話スクールの場合は、幼稚園や小学校低学年の子どもを持つ両親がターゲットです。子どもを英会話スクールに通わせたいパパママは、子どもが楽しく通い続けられるスクールを探しているはず。
このようにターゲットを選定することで、ターゲットの悩みや背景が見えてきます。この場合、子どもたちが飽きずに遊び感覚で学べるスクールであることをアピールすることで、ターゲットの心に大きく響くことになるでしょう。

ターゲットを絞らないスクールチラシは、誰の目にも止まらない、ただの独りよがりなチラシです。「何」に悩みを持つ「誰」をターゲットにするかをしっかり選定しましょう。

ステップ∪垢蟾む情報を整理する

情報量が多すぎるチラシは、読み込むのが大変なため、ターゲットの心には刺さりません。必要最低限の内容をまとめて、盛り込む情報を整理しましょう。

例えば、学習塾のチラシの場合は次の内容を記載しておくとベターです。
配色の比率を次のように割り当てることで、バランスの取れた美しいデザインとなります。

  • 塾の名前
  • 学習内容
  • 学習時間、月謝
  • 連絡先
  • 住所(アクセス方法)
  • 生徒の声

塾名や連絡先といった基本情報以外にも、スクールの種類に合わせた情報を盛り込むとよいでしょう。例えば学習塾なら、実際に通っている生徒の声や成績がアップした体験談など。
ターゲットのメリットになる情報を加えることで、より入塾意欲を高めるチラシとなります。

ステップテンプレートを決める

情報を整理できたら、チラシの全体構成のためにテンプレートを決めます。
テンプレートを使うことで、短時間で本格的なデザインに仕上がります。
パワーポイントのテンプレート機能を使ってデザイン構成する方法もありますが、近年はチラシ用テンプレートのサイトからダウンロードする方法が主流です。より効率的にスクールチラシを作ることができます。

テンプレートを利用することで、チラシを初めて作る方もプロのような仕上がりを目指せます。決めた場所に文字を入力するだけなので、PCの知識がなくても簡単に制度の高いスクールチラシを作れます。

ステップぜ命秦悩爐鮟犬瓩

テンプレートが決まったら、次はチラシに掲載する写真素材を集めましょう。
写真は、ほかのスクールとの差別化を図る重要な情報です。よりスクールの雰囲気が伝わりやすい写真を選ぶ必要があります。

写真は、授業風景や講師の顔写真、生徒たちの写真などから選定します。
楽しそうに授業を受けている笑顔の写真が、集客に結び付きやすいでしょう。チラシを見た人が思わず「楽しそう」「長く続けられそう」と思える印象的な写真がおすすめです。

ステップゥ船薀靴魎粟させる

写真素材が決まったら、テンプレートに基本情報や写真を入れていきましょう。

完成したら必ず、最終チェックを行います。記載情報に誤りはないか、脱字はないか、文字や写真が見切れていないか細部まで徹底的に確認しましょう。
とくに配色や文字のスタイル、大きさなどは、全体のバランスを見てから調整するとより美しいデザインになります。

最終確認は自分以外の第三者にもお願いしましょう。客観的に見てもらうことで、より精度の高いチラシを完成させることができます。

チラシを効率よく配布する方法

スクールチラシが完成したら、あとは配布するのみ。とは言え、せっかく効果的なチラシを作っても、ターゲットの目につかなければ意味がありません。

最後に、効率よく配布するコツをご紹介します。

方法.櫂好謄ング業者に依頼する

一つ目は、ポスティング業者に依頼する方法です。
業者へ依頼するため、コストがかかるものの手間をかけず確実にターゲットの手元に渡ります。一般的な掲示板や自治会館にチラシを貼る方法ではコストはかからないものの、読んでもらえる確率はポスティングよりも低いです。

その点、ポスティングならほぼ間違いなくターゲットの目に留まります。ほかの郵便物と一緒に読んでもらえるので、スクールの存在を知ってもらえる可能性は高まります。

ポスティング業者について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
関連記事:コラム113
おすすめのポスティング業者5選|ポスティングのメリットデメリットも解説

方法∋期やエリアを絞る

二つ目は、配布する時期とエリアを絞ることです。

配布する時期は、長期休暇に入る前がおすすめです。
春休みは学年が一つ上がるタイミング、夏休みは夏期講習、冬休みは受験直前というように、それぞれ塾や習い事に通うベストな時期といわれています。
こうした需要が高まる時期にチラシを配布することで、集客効果はグンと高まるでしょう。

また、配布するエリアを絞ることも重要。塾や習い事は固定された教室があるので、ターゲット層は、自ずと近隣の住民になります。
チラシは集客範囲が狭いビジネスに向いているため、教室から半径3kmあたりを目安にチラシを配布しましょう。

方法1悗筌后璽僉爾慇瀉屬垢

三つめは、駅やスーパーといった人の集まりやすい場所への設置です。
駅は人の往来が激しく、年齢性別問わずさまざまな人が利用します。フリーペーパー形式のチラシは手に取ってもらいやすいでしょう。

また、スーパーは主に小さな子どもを持つ主婦層をターゲットとしたチラシが置かれています。子どもの習い事をどこにするかお悩みのファミリー層に向けた、キッズ向け英会話スクールや水泳教室などのチラシがよく見られます。

ただし、駅やスーパーにチラシを設置する際は、必ず管理元に配布許可を得てください。地域によっては規制が緩いところもありますが、無断で設置することで後々トラブルとなる可能性があります。許可が必要かわからない場合でも、事前に問い合わせておくことをおすすめします。

チラシ配布の効果を得る方法については、以下の記事をご覧ください。
関連記事:コラム12
チラシ配布で集客率アップ?配布方法や種類、効果を得るコツを徹底解説

ターゲットを絞って、読みやすいスクールチラシをつくろう

今回は、スクールチラシの作り方をステップごとに紹介しました。

スクールチラシは、必ずターゲットを絞ってからつくりましょう。必要な情報を記載し、ターゲットの関心を引き付けるような内容を盛り込めば、「このスクールなら長く通えそう」「ほかのスクールより断然良い」と思ってもらえるでしょう。

チラシの配布を考えている経営者の方は、印刷通販のプリントダップにお問い合わせください。ポスティングチラシのデザインや印刷だけではなく、配布の手配まで幅広く対応いたします。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら