印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 普通紙を利用するメリット・デメリットを解説!【安くて便利!】

普通紙を利用するメリット・デメリットを解説!【安くて便利!】

更新日:2021/10/06

普通紙を利用するメリット・デメリットを解説!【安くて便利!】

普通紙とは「普通紙複写機」、つまり一般的なコピー機などに使用される紙です。
私たちにとっても「コピー用紙」などとして親しみがある紙であり、なんとなくイメージが湧くという方もいるのではないでしょうか。
普通紙には様々な特徴がありますが、中には注意すべきポイントもあるためプリントの局面によっては慎重に利用しなければならないでしょう。
しかし逆に、長所を生かすことができれば最小限のコストで最大限の成果につなげることも可能です。

この記事では、普通紙を活用するメリットとデメリットについて紹介します。
普通紙を使用したプリントを発注しようと考えている方は、ぜひ一度参考にしてみてください。

普通紙のメリット

ここでは、普通紙を使うことの長所を紹介します。

コスパが良い

普通紙を使用する長所としてまず挙げられるのが、コストパフォーマンスの良さです。
比較的安価でプリントすることができ、プリントがにじみにくく文字が比較的キレイに印字されるという特徴を持っています。
そのため、文字の多いシンプルな文書を、コストをなるべく抑えつつ大量にプリントしたいようなケースでは普通紙がおすすめできるでしょう。
またちょっとした名刺や冊子などを、コストを抑えつつ大量にプリントしたいようなケースであっても、普通紙が活用されることはあります。

汎用性が高い

普通紙の長所としては、汎用性の高さも挙げられます。
普通紙は様々なプリント機に適合し、基本的には機種によって使えないという現象が起きにくいと言えます。
また、プリントがにじみにくく文字のプリントだけでなく画像のプリントにも一定使用可能です。
その汎用性の高さから、日本では現在最も使用されているコピー用紙として知られています。
通常タイプに加えて、厚手でインクジェットプリンターの両面プリントにも対応できる他言うなど、種類も豊富です。
リーズナブルな点と合わせて、非常に使い勝手の良い紙だと言えるでしょう。

普通紙のデメリット

ここでは、普通紙のデメリットについて解説します。

耐水性が低い

普通紙の短所としてまず挙げられるのが、耐水性の低さです。
先ほど解説した通り、大量のプリントをコストを抑えて行うことに向いている普通紙ですが、加工されていない分耐水性が低いため保管方法には注意が必要です。
大量にプリントしたものも、保存方法を間違えるとプリント面がにじんだり紙がよれたりして全てダメになってしまう可能性もあります。

高級感がない

コスパが良くて汎用性が高い一方で、プリントクオリティが高いとは言い難いため高級感の面ではどうしても劣ると言えます。
名刺やパンフレットなどでツヤや高級感、重厚感などを演出したいのであれば、特殊加工が施されている光沢紙やマット紙を選ぶことがおすすめです。
例えば映画のパンフレットなどに使用するのであれば普通紙ではなく、加工紙を利用するのがおすすめでしょう。

発色・色のノリが悪い

普通紙は発色や色のノリが悪く、物足りなさを感じてしまう局面があります。
シンプルなプリントであれば問題ないのですが、画像のプリントなどをすると再現性が低くおすすめできません。
幅広く様々なプリントに使用できますが、使用局面はよく検討することをおすすめします。
社内資料などには充分ですが、顧客向けの文書には別の用紙を使用した方が良いでしょう。

普通紙にはメリットとデメリットがあります

今回は、普通紙の長所と短所について解説してきました。
発注するプリント用紙として、普通紙が適切か否かを判断する材料となりましたでしょうか?
普通紙にはコスパの良さなどの長所がある一方で、品質に物足りなさを感じる可能性もあるため、上手に使い分けましょう。

当サイトの運営会社は、印刷会社としての豊富な知識をもとに
幅広く印刷通販事業やチラシ印刷事業などを行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら