印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム 無料で使えるデザインテンプレートのメリットと便利ツールを紹介

無料で使えるデザインテンプレートのメリットと便利ツールを紹介

更新日:2021/03/29

無料で使えるデザインテンプレートのメリットと便利ツールを紹介

サイズや用途ごとに選べる「デザインテンプレート」は、豊富なバリエーションから目的に合ったものが選べます。ゼロからデザインを行う必要がないため、チラシなどの販促アイテム作りに役立ちます。

ここでは、デザインテンプレートの特徴とメリット・デメリット、無料で利用できるデザインテンプレートについて詳しく紹介します。オシャレ・かわいい・クールなどイメージに合った制作物をデザインしたい方は、ぜひチェックしてください。

デザインテンプレートとは

デザインテンプレートとは、背景・効果・色・フレームが一定に決まっており、文字や画像を自由に挿入したり加工を行ったりして作成できる素材です。

サイズや雰囲気などいろいろな種類が揃っており、デザイン素材を専門に扱っているサイトやアプリを使えば、時間をかけずに理想のデザインができあがります。ここからはデザインテンプレートのメリット・デメリットについて詳しくみていきましょう。

デザインテンプレートを使うメリット

デザインテンプレートは、ネット上で配布されているテンプレート素材です。チラシや広告のように、実際に印刷をして使うことも可能ですし、自由に加工をして色味や雰囲気を変えたりできるものもあります。

無料で利用できるサイトやアプリでは、登録のみで無料利用が可能(または一部有料のものもあります)なので、アカウントを作ってすぐに目的のデザインを手に入れられます。

文字はあらかじめ「タイトル」などという言葉で入力されていますが、大きさやフォント、色などを自由に変更できるため、要素を少し変えるだけで目的に応じた画像が完成します。

印刷物の制作が突然必要になったケースや、時間やノウハウが不足しているにもかかわらずすぐにデザインを済ませなければならない場合にもテンプレートが便利です。

デザインテンプレートはアプリ、Webサイトのどちらからでも入手できるため、プロに依頼する手間や費用がかかりません。デザイン初心者の方でもプロのような仕上がりのデザインが手軽に利用できます。

デザインテンプレートを使うデメリット

デザインテンプレートのデメリットとしては、すでにデザインが決まっている点です。

ゼロから新しく自分好みのテンプレートにはできないものが多く、背景や挿入されている画像・枠線の変更ができないもの、または変更を加えるとレイアウトが乱れてしまうものもあります。要素が変更できなければ、そのままテンプレートとして使用することになります。

「無料テンプレート」と書かれていても、一部のテンプレートや素材が無料であり、それ以外は有償のケースがあります。なかにはシンプルなテンプレートのみが無料で、魅力的なデザインはすべて有償といったサービスもあるため、無料の対象範囲が広い素材サイトやサービスを活用しましょう。

テンプレートの利用では、使用条件にも注意が必要です。加工・2次利用・商用のいずれかがNGになっているものや、制作者のクレジットが必要といった注意書きがコンテンツによって定められている場合があります。素材ごとではなくサイトごとに一定のルールを設けているケースが一般的ですが、事前に規約の確認を行ってから使用を開始してください。

無料で使用できるデザインテンプレート

ここからは、無料で使用できるデザインテンプレートを扱っているWebサイト、サービスを紹介します。それぞれの特徴やメリットを詳しくチェックしていきましょう。

Canva

Canvaはオンライン上で使える無料のデザインツールであり、デザインプラットフォームの名称です。計61万点のデザインテンプレートと1億点の素材が用意されており、世界中のユーザーが制作したデザインを公開しているサイトです。

ドラッグ&ドロップのみで作業が進められる操作性と、「プレゼンテーション」「SNS」など目的ごとに素材が探せる検索性を備えており、フリー利用は25万点以上の無料テンプレートが利用可能です。オーディオや動画素材の利用が可能な有償プランも提供しています。

Canvaはパソコンのほかにスマートフォンやタブレットからの使用にも対応しています。手軽にデザインを作成し、デバイスを替えて途中から作成を続けることが可能です。

Canva

PIXTA

PIXTAは画像・動画・音楽などあらゆる素材を扱う素材サイトです。約8,270万点以上の素材を用意しており、日本語での検索が可能です。日本人向けの素材が豊富に揃っており、日本国内で使う制作物の素材が見つけやすいでしょう。

サイト内の素材は基本的に有償ですが、毎週火曜日に更新されるフリー素材はすべて無料でダウンロード・利用できます。追加料金もなく商用利用が可能なロイヤリティフリータイプなので、利用規約の範囲内であれば何度でも利用することができます。

デザインテンプレートは、サイト上部にある「無料素材」内の「チラシデザインテンプレート」からアクセスできます。イベント・キャンペーン・会報誌・飲食店用・掲示物といった目的ごとに無料のテンプレートが配布されています。

PIXTA

ラクスル

ラクスルは印刷会社が所有する印刷機をシェアできるサービスです。利用者は印刷用のデザインテンプレートを無料で使用し、簡単に作成できます。

ラクスル内には、プロが制作したデザインテンプレートが揃っています。それらのテンプレートを使って編集を行い、印刷用のデータを作成します。ここまでのプロセスが完全無料で行えるので、そのまま有償の印刷・注文に進みやすく、素材を別サイトでレンタルまたは購入する必要がありません。

商品の注文はチラシや名刺など希望の用途を選択し、部数や出荷予定日などの仕様も選びます。データを入稿したあとは、不備がないかをチェック(無償のスピードチェックと、有償のオペレーターチェックから選択)してから仕上がりイメージがサイト内で確認でき、支払いを行ってから印刷・納品となります。

ラクスル

Officeテンプレート

Officeテンプレートは、Microsoftが提供する無料のOffice用テンプレートを揃えたWebサイトです。計2,000点以上のデザインテンプレートは、企画書や名刺はもちろん、募集チラシやご祝儀袋、キッズ用など全年代に向けた豊富なバリエーションを揃えています。

Office製品の利用を踏まえたデザインのため、ワードやパワーポイントなど用途にあわせた構成となっています。好きなデザインテンプレートのページを開くと、「word」などと対応しているソフトウェアが記載されており、ダウンロードをするとwordファイルとしてそのまま編集・保存が可能です。

Office製品以外の形式にするためには変換作業が必要ですが、テンプレートを手に入れてから編集までは無料で行えます。

Officeテンプレート

ASOBOAD

ASOBOAD(アソボアド)は、大阪府大阪市を拠点とする広告・デザイン・動画の制作会社が運営するWebサイトです。サイト内からパワーポイントで編集可能な無料のデザインテンプレートがダウンロードできます。

ダウンロードには登録や入会は一切不要で、料金もすべて無料です。イベントの告知や商品、サービスの案内といった多用途に使用可能で、パワーポイントによる編集でオリジナリティのあるデザインに仕上げられます。

ASOBOADは幅広い制作物のデザインを手掛けているため、希望のテンプレートがある場合は直接相談や依頼も可能です。すでにできあがったデザインテンプレートを元に、新たなデザインを依頼することもできますし、チラシの作り方がわからない場合でも問い合わせや相談が可能です。

ASOBOAD

VistaCreate

VistaCreateは数千のデザインテンプレートや素材を取り揃えたデザインツール、およびWebサイトです。グラフィックデザインツールをオンライン上で提供しており、背景の削除やブランドデザイン機能も搭載しています。

10万点以上あるテンプレートはすべてプロのデザイナーが制作したものであり、細かい部分まで編集ができます。サイト内は英語表記になりますが、それぞれの素材はSNS用やYouTubeのサムネイルなど、使用するフォーマットから選択できるため、あとから大きさを変更する必要がありません。

ロイヤリティフリーのストックフォトやベクターライブラリを使って素材の検索ができ、それらを組み合わせてオリジナルのデザインが作成できます。

VistaCreate

豊富な素材を使ってチラシを制作しよう

今回は、デザインテンプレートを利用するメリットとデメリットを中心に、無料で素材が利用できるサイトやサービスを紹介しました。アプリとWebの両方に対応しているサービスもありますが、好みのデザインがなければ複数のサイトを併用する方法もあります。

理想のデザインや制作物を作る際、素材集めから行うのは時間やコストがかかります。サイト・サービスごとの規約を確認のうえで、素材やデザインテンプレートを豊富に揃えているツールをうまく活用してみてはいかがでしょうか。

当サイトの運営元は、元々印刷会社をしていました。
印刷会社としての知識をもとに今は印刷通販事業やチラシ印刷事業を行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら