印刷通販のプリントダップ ホーム> コラム アートポスト紙とは?その特徴とメリットを生かすのに適した用途

アートポスト紙とは?その特徴とメリットを生かすのに適した用途

更新日:2021/12/02

アートポスト紙とは?その特徴とメリットを生かすのに適した用途

冊子等の印刷に用いられる紙には、たくさんの種類があります。もちろん紙の種類が違えば、その特徴や質感なども変わってくるため、印刷物の目的に合わせて最適なものを選ばなければなりません。アートポスト紙という用紙も冊子などの印刷によく用いられる種類ですが、この紙はどんな性質を持つのでしょうか。そのメリットとデメリットを併せて確認しておきましょう。

アートポスト紙とは

アートポスト紙とは、アート紙の一種で表面の光沢あるコーティングと厚みが特徴です。

なお、アート紙とはインクの色がしっかり出るように表面をコーティング加工した紙のことです。アート紙と同じく、表面に光沢を出すためにコーティング加工したコート紙という種類もあります。ただ、アート紙の方が光沢が強いため、よりツヤを必要とする印刷物に適しているのが特徴です。また、紙の厚みもアート紙の方が厚く、印刷した時の色の映え方などがよりきれいに仕上がると言ってよいでしょう。アートポスト紙は、そんなアート紙のなかでも発色が良く、ぴかぴかした光沢とつるつるとしたなめらかな質感を特徴としています。

ちなみに、アート紙には、アートポスト紙以外にもマットポスト紙という種類もあります。マットポスト紙は、「マット」の言葉からもわかるように、光沢のない質感が特徴です。ソフトで落ち着いた手触りがあります。それに対してアートポスト紙は、上記のとおり光沢こそが大きな特徴です。どちらの種類も高級感を出すのに適していますが、アートポスト紙は色鮮やかさを演出したい時によく用いられています。

アートポスト紙のメリット

アートポスト紙は、紙の表面を塗料でコーティングして光沢が出るように作られています。非常にテカテカしたまるでフローリングを思わせるような光沢があるので、カラーを印刷した時の鮮やかさが他の種類の紙以上に際立ちます。そのメリットを生かして、フルカラーの写真の印刷に用いられることが多いのが第一の特徴です。

写真集や画集など色鮮やかさが肝となるような冊子のほかにも、カタログやパンフレットの表紙、ポストカード、名刺、また、店頭でよく見かけるPOPなどにもアートポスト紙はよく選ばれています。このことからもわかるように、厚みを必要とする印刷に適しているのが第二のメリットです。紙の厚みがしっかりあるため、たくさんの色を使って印刷しても、色同士がぼやけたり他の色に埋もれたりすることなく、それぞれをはっきりヴィヴィッドに表現することができます。

また、厚みがあるということは、強度も優れています。見た目に高級感を与える厚みと質感に加えて、簡単に疲弊しない強度があるため、名刺にもアートポスト紙はよく選ばれます。上質紙で名刺を作ることも多いですが、アートポスト紙の方が見た目の美感が強いため、名刺を受け取る相手にも強い印象を残すことができるでしょう。権威を感じさせる職業の方、役職の高い方、また、相手に自分を強く印象づけたいフリーランスの方など、アートポスト紙を使って名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

光沢感や高級感が大きなメリットのアートポスト紙ですが、その耐久性を生かして学校の教科書にもしばしば使われています。教科書というと毎日開いたり閉じたりする書籍で、しかも、子どもが雑に扱うこともあるため、強度の低い紙で作るとすぐに破損してしまいます。ところが、アートポスト紙は厚みがあって非常に強度が高いうえに、気温や湿度の変化にも耐えうる耐久性があるため、教科書の表紙等にはぴったりです。

アートポスト紙のデメリット

他の種類の紙と比べて厚みがあるため、アートポスト紙で印刷すると当然ながらその分コストがかかります。それがデメリットに挙げられるでしょう。印刷にコストがかかるということは、同じ予算で印刷できる枚数が他の種類の紙よりも少なくなるということです。そのため、予算によっては、大量印刷には向いているとは言えません。

ちなみに、紙の厚さは「K」という単位で表されます。「K」とは「kg」のことで、ふつうのペラペラの紙の場合で55K程度、チラシにはそれより少し厚めの60〜90Kぐらいの紙がよく使われます。厚手に分類される紙は135K以上あるのが特徴です。厚みが特徴のアートポスト紙の場合、160Kや180K、さらに、200Kや220Kなどの種類もよく選ばれています。本の表紙や名刺などに200Kや220Kのアートポスト紙を選ぶと重厚感が高くなるでしょう。

ただし、先にも述べたようにコストがかかるというデメリットと、厚くなるほど重くなるという点に注意しなければなりません。したがって、「全ページをアートポスト紙で」というのではなく、豪華装丁本の表紙だけなど、「ここぞ」とアピールしたい時に向いていると言えるのではないでしょうか。

まとめ

つやつやした光沢感と重厚な厚み、発色の良さを特徴とするのがアートポスト紙です。それを生かして本の表紙や名刺などによく選ばれます。一方、厚みがあるほど印刷代もかかりますので注意してください。

当サイトの運営会社は、印刷会社としての豊富な知識をもとに
幅広く印刷通販事業やチラシ印刷事業などを行っております。
印刷通販やチラシ印刷のサービス利用を検討されている方はぜひこちらを確認してみてください。

このページの上に戻る

株式会社ダイトクコーポレーション
コーポレートサイトはこちら