1. 印刷通販のプリントダップ ホーム
  2. ご利用ガイド
  3. オプション
  4. スジ入れ加工オプション

スジ入れ加工

印刷物を折りやすくするために、スジ(折り目)を入れる加工です。 「スジ入れ加工」は135kg以上のフライヤー・チラシ印刷に追加でご選択いただけます。 スタンプカード印刷、二ツ折り名刺印刷、返信ハガキ印刷には、スジ入れ加工(1本)が含まれています。納品時は折られていませんのでご注意ください。

スジ入れ加工について

スジ入れ加工のオプションをご選択されると、加工日として1営業日プラスされます。
サイズによってはご対応出来ない場合がございます。
スジ入れ加工は凹面が山折り、凸面が谷折りとなります。

スジ入れ加工のイメージ
スジ入れ加工の折り方について

仕上げ位置からスジ位置まで6mm以上必要です。
スジ入れは2本まで加工可能です。スジとスジは平行に、間隔は50mm以上必要です。

スジ入れ加工のポイント

紙の厚さは135kg以上のフライヤーチラシ印刷に対応しています。
表面、裏面それぞれにスジ入れ加工は出来ません。どちらか一方向へのスジ入れとなります。(下図参照)

スジ入れ加工の可・不可

パウチメニューのスジ入れ加工について

パウチメニューに2本のスジ入れを加工する場合、表面、裏面それぞれにスジ入れ加工が出来ます。巻き三つ折り用のスジ加工だけでなく、Z折り用のスジ加工を施すことができます。
※パウチメニュー以外の商品にスジ入れ加工を追加する場合は、表面、または裏面のどちらか一方向へのスジ入れとなります。

パウチメニューのスジ入れ加工のポイント
パウチメニューの詳細へ

短辺へのスジ入れ加工について

B4・A3フライヤーおよびB4・A3パウチメニューの短辺へのスジ加工は出来ません。

B4・A3フライヤーおよびB4・A3パウチメニューのスジ入れ

フチありのスジ位置について

パウチメニューの「フチあり」は、用紙の周りに3ミリ程度の透明なフチができます。そのため、一般的な巻き三つ折りにするスジ位置では、想定とは異なる仕上がりとなる場合がありますので注意ください。

●巻き三つ折りのスジ位置の例
フチのない巻き三つ折りは、折り込まれる面を3mm短くしてデザインします。一方、フチありの場合は、折り込む面の幅がフチの幅(3mm程度)だけ長くなるため、折り込みにくく仕上がる場合があります。
表紙側の面を中央の面より3mm短く、内側に折り込む側の面を中央の面より6mm短くデザインすることで、フチを考慮したスジ位置を指定するすことができます。

一般的な巻き三つ折りのスジ位置
フチを考慮した巻き三つ折りのスジ位置

※上記は一例です。フチの位置や幅が実際とは多少異なる場合があります。
※スジ位置の折幅の確認はデータチェック対象外です。
※加工指示の実線はデザインと判断し印刷をいたしますのでご注意ください。
上記の場合におきまして、想定とは異なる仕上がりとなった場合でも、刷り直しや返金などの対応はできませんのでご注意ください。

スジ入れの指示について

スジ入れ加工のオプションをご注文される場合、「スジ入れの位置」と「表裏の指示(山、谷)」が必要となります。
スジ位置のご指示は、ガイドライン、もしくは、確認用データに記載してください。

スジ入れ位置をガイドラインで指示
スジ入れ位置を確認用データで指示

加工オプション一覧へ戻る ご利用ガイドトップへ