印刷通販のプリントダップ ホーム> お役立ちツール> RGB→CMYK変換ツール

RGB→CMYK変換ツール

ペイントアプリやレタッチアプリで保存したJPEG形式・PNG形式のファイルをドラッグ&ドロップするだけでCMYK変換することができます

  • ※CMYK変換により色がくすんでしまいます。 RGB・CMYKについて
  • ※PCのモニタ上の色味と印刷の仕上がりの色味は異なります。
  • ※印刷に適した画像データの解像度は300dpi〜350dpiです 解像度について
    (ポスターなどの遠くから見るものであれば150dpi〜200dpiでも可)。
  • ※印刷物を白フチなしの仕上がりとするため、塗り足しが必要となります。 トンボ・塗り足しについて
    JPEG形式・PNG形式のデータは、仕上がりサイズよりも上下左右に3mmずつ大きく作成してください。
  • 名称
  • 幅(mm)
  • 高さ(mm)
  • 解像度(dpi)
仕上がりサイズ:

ツールの使い方

<STEP1>CMYK変換する画像を選択
JPEGファイルまたはPNGファイルをドラッグ&ドロップしてください。

<STEP2>サイズと解像度の確認
プレビューイメージの右側に、ドロップした画像ファイルを所定の用紙に配置した際の解像度が表示されます。印刷に適した300dpi以上の解像度は青色で表示されます。印刷に適さない150dpi以下の解像度になるサイズはグレーアウトしています。
※画像サイズの上下左右から3ミリは塗り足しとなります。プレビューイメージでご確認ください。

<STEP3>仕上がりサイズを選択して変換
仕上がりサイズをドロップダウンリストから選択し、『CMYK変換→PDF出力』ボタンをクリックしてください。
※画像ファイルのサイズが大きい場合、CMYK変換処理に時間がかかります。

<STEP4>PDFファイルを保存
CMYK変換処理が終わるとPDFファイルがダウンロードされます。Adobe Readerで結果をご確認ください。

このページの上に戻る

RGB→CMYK変換ツールの特徴

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像や、ペイントツールから書き出した画像の多くはRGBカラーモードで保存されています。RGBは『光の加色混合の3原色』と呼ばれ、ディスプレイなど発光させて表示する方式です。そのため印刷機等で印刷するには、CMYKカラーモードに変換する必要があります。
ご入稿データがRGBカラーの際は、弊社にてCMYKカラーに変換いたしますが、RGBカラーからCMYKカラーに変換する際に色味が異なってしまう場合があります。弊社でRGBカラーからCMYKカラーに変換した際の、色味の変化については刷り直し対象とはなりません。色味の変化が気になる方は、ぜひ、このRGB→CMYK変換ツールをご活用ください。

また、書き出した画像データを、塗り足しを含めた規格サイズにリサイズすることができない、という方にもオススメのツールです。ご希望のサイズにリサイズする際に、適切な画質かどうかを事前にご確認いただけます。