印刷通販のプリントダップ ホーム> 印刷注文> デジタル印刷

デジタル印刷とは

デジタル印刷方式は、印刷用の版を必要とせず、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの組み合わせで構成された色をデジタル印刷機で再現し印刷を行うものです。一般的にデジタル印刷とオンデマンド印刷はほぼ同じ意味を持ちますが、プリントダップでは最新のインクジェットデジタル印刷機を導入し、優れた階調再現・見当精度によりオフセットに迫る安定した高印刷品質を実現させました。このオフセット印刷にきわめて相似した高品質性で多品種・小ロット・短納期で実現する印刷方式を、プリントダップではデジタル印刷と呼称しております。

データを作成してデジタル印刷機で印刷

その他の印刷方式についての説明は下記をご確認ください

デジタル印刷の商品例

プリントダップでは「オフセット印刷」「オンデマンド印刷」「デジタル印刷」方式の印刷機を稼働し、紙への印刷を行っております。印刷に馴染みの少ないお客様からプロ仕様の商業印刷まで、幅広く柔軟に対応できる体制を常時整えております。
デジタル印刷商品につきまして下記をご参照ください。

このページの上に戻る

デジタル印刷のメリットとデメリット

デジタル印刷は版を使用しないため、印刷完了までのスピードが非常に早く、小ロット印刷でもコストを抑えて印刷することが可能です。
UVインクジェットによる直接印字方式を採用しているので、オンデマンド対応はもとより、オフセットでも印刷が困難な特殊加工の用紙でも絵画のようなコントラストを強調する印刷が可能です。
インクジェットのヘッドとヘッドの境目に筋状の光沢ムラのようなものが現れる可能性があり、特に広い面積に単色ベタを使用する場合に発生します。
しかし、プリントダップではご注文の仕様やデザインにより、デジタル印刷とオフセット印刷を使い分け、安定した印刷品質をご提供しております。

このページの上に戻る