印刷通販のプリントダップ ホーム> 印刷注文> オフセット印刷

オフセット印刷とは

オフセット印刷方式は、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック各色の版を出力し印刷を行うものです。印刷機の中に紙を通し、一枚の紙に4つの色を刷り重ねていくことで最終的な仕上がり色を再現します。現在の印刷方式で主流となっており、短時間で鮮明な印刷を大量にこなせることが特徴です。また、大量に印刷することで単価を抑えられるため、大部数のチラシや冊子、書籍などの商業印刷に適しています。

オフセット印刷のフルカラーは4色の版で表現

プリントダップではオフセット印刷の他に「オンデマンド印刷」「フレキソ印刷」2方式の印刷機を稼働し、紙への印刷を行っております。印刷に馴染の少ないお客様からプロ仕様の商業印刷まで、幅広く柔軟に対応できる体制を常時整えております。オフセット印刷商品につきまして下記をご参照ください。

オフセット印刷商品へ

オフセット印刷の商品の一覧

上に戻る

オフセット印刷の意味と構造

オフセット印刷は、版に凹凸のない平板を用います(平板印刷)。版に付けたインキをブランケット胴に転写(オフ)し、紙に転移(セット)して印刷することから「オフセット印刷」と呼ばれます。
版の画線部を親油性、非画線部を親水性にすることで、インキが版の画線部のみに付くようになります。印刷機の版胴と呼ばれる部分に版を巻き付け、そこへ水とインキが供給されていきます。版に付いたインキがブランケット胴に転写され、ブランケット胴に付いたインキが、用紙に印刷されます。

版の仕組みとオフセット印刷機の構造

上に戻る

枚葉印刷機とオフセット輪転印刷機について

印刷機には、カットされた板紙に印刷する「枚葉印刷機」とロール紙(巻取紙)に連続して印刷する「オフセット輪転印刷機」があります。

●枚葉印刷機
枚葉とはカットされた板紙の意味です。1枚ずつ紙に印刷するため、紙のサイズや厚みが代わっても印刷ができ、チラシや冊子等を印刷するのに適したポピュラーな印刷機となっています。
両面印刷に対応するために、用紙の表裏を反転する装置が組み込まれたものや、上下に印刷ユニットを配置したものがあります。

オフセット枚葉印刷機で板紙が印刷される仕組み

● オフセット輪転印刷機
枚葉印刷機の数倍の生産性を持つオフセット輪転印刷機は、ロール紙から連続して印刷され、大型の乾燥機でインキを乾かし、冷却装置で温度が下げられます。非常に高い生産性を誇り、大部数の印刷でも短時間で仕上げることが可能です。

オフセット輪転印刷機でロール紙が印刷される仕組み

上に戻る

オフセット印刷のメリットとデメリット

オフセット印刷は版を作る時間や手間がかかります。通常、印刷通販のサービスでは1枚の版に複数のデザインを付け合わせて印刷することで、版代のコストを抑えます。その為、小ロットでの印刷ではコストが大きく、また、特定のお客様の色味に合わせることや調整することはできません。また、同じ商品(デザイン)でもオンデマンド印刷とは色味が異なります。
色味に関してはプリントダップではJapan Color基準で印刷し、安定した品質に仕上がります。また、オンデマンド印刷等に比べてイラストや写真、細かな文字などを鮮明に表現することが可能です。

このページの上に戻る