印刷通販のプリントダップ ホーム> ご利用ガイド> オプション> PP加工

オプションサービス 折り・角丸・孔開け・スジ入れ・ミシン入れ加工等
豊富なオプション加工をご用意しております。

PP加工/マットPP加工

光沢PPフィルムを表面に貼る加工です。
強い光沢感が得られ、格段に豪華な仕上がりとなります。
また、マットな仕上がりになる マットPP加工 もございます。
PP加工されると、破れ防止にもなるため長期間使用される場合はお薦めです。

片面のみの加工となります。

オフセット印刷のペラもの・冊子印刷の場合、加工工程として3営業日が追加となります。
折りパンフレット印刷の場合、加工工程として3~4営業日が追加となります。
オンデマンド印刷の場合、加工工程として1営業日が追加となります。
・135キロ以上の厚さのコート紙・マット紙
・アートポスト180kg、220kg
・ホワイトアートポスト180kg、220kgへの加工可能です。
オフセット印刷の場合、片面全面に加工されます。(両面への加工は出来ません)
オンデマンド印刷の場合、片面・両面への加工も可能です。
オフセット冊子印刷の場合は表紙(表1・表4)のみの加工となります。

PP加工(Poly-Propylene加工)とは、印刷された紙に接着剤を塗布して27ミクロンのフィルム(Poly-Propylene Film)を圧着させます。冊子の表紙やポスターなどは、PPを表面に加工することにより、より一層高級感を増し丈夫に仕上げることができます。

表面の保護にも利用でき、通常は、雑誌・カタログの表紙や書籍カバーなどで光沢や高級感が欲しい場合に是非ご利用下さい。また、PP加工にはツヤ有り「クリアPPフィルム」とツヤ無し「マットPPフィルム」があり両方からお選び頂く事が出来ます。マットPPフィルムはクリアPPとは逆に光沢のないサラサラした高級感ある落ち着いた感じになります。

注意点と致しまして、PP加工を行いますと、印刷の仕上がりがPP加工を行っていないものに比べ色が濃くなってしまいます。これはPPフィルムおよび印刷インクの特性の為でありどちらの印刷会社でも起きてしまう現象となりますので、お客様におかれましてはこれらの現象につきましてご理解いただけますようお願い申し上げます。

尚、マット加工でも同じ現象は発生いたしますが、フィルムが乳白色の為、現象が余り目立たなくなっております。濃い色の面積が大きいデザインの場合、パウダーが白い点のように少し残ってしまうことがございます。

上記の注意事項をご確認して頂き、あらかじめご了承ください。

このページの上に戻る