印刷通販のプリントダップ ホーム> データ作成ガイド> 印刷・DTPに関する基礎知識> トンボ・塗り足し

  印刷・DTPに関する基礎知識 データを作成する前に押さえておきたいポイントを解説。
印刷の仕上がりがイメージと異なるといった問題を未然に
防ぐことができます。

トンボとは?

仕上がり位置を指定する時に用いる印になります。下図の様に内側のトンボで切った位置が仕上がり位置となります。

トンボ

西洋式トンボ(印刷に適さないトンボ)とは?

トンボの設定方法はこちらからご確認ください。

トンボの設定方法はこちらからご確認ください。

塗り足しとは?

印刷は大きな用紙にまとめて印刷した後、断裁して仕上げます。紙面の端の部分まで色や写真が入るデザインの場合、データ上で紙面ギリギリの所まで作成してあると、断裁の際にほんの僅かなズレが生じただけで、用紙の色(白地)が出てしまう可能性があります。(※1)下図)
それを想定し避けるため、仕上サイズの外側まで若干(3mm程)余分に色や写真の幅を広げておく必要があります。
これを「塗り足し(ぬりたし)」といいます。

塗り足し

Illustrator・InDesignからPDFを書き出す際の注意点

Illustrator・InDesignからPDFを書き出す際はトンボと裁ち落としの設定が必要です。
トンボと裁ち落としの設定がされていない場合、仕上がりサイズ(アートボードサイズ)でPDFが書き出されてしまい
塗り足しが反映されません。

Illustrator PDF 保存画面

InDesign PDF 保存画面

切れてはいけないオブジェクト(文字等)は、仕上がりより内側3mm内へ!

塗り足しと同様に、断裁時のズレが起きてしまうのは外側だけではありません。内側へ数mmズレが起きてしまう可能性があります。もし仕上がり位置ギリギリの所に文字等、切れてはいけないオブジェクトがデザインされている場合、断裁時に切れてしまう可能性があります。それを防ぐ為に必ず内側3mm以内へデザインを行って下さい。

仕上がりより内側3mm

文字等のデザイン
切れてはいけないデザインは内側3mm内にデザインする事を推奨致します。
仕上がり位置(仕上がり線)
この線の位置で断裁され仕上がります。
塗り足し
塗り足しはこのラインまで作成