印刷通販のプリントダップ ホーム> データ作成ガイド> 商品別ガイド> ポストカード印刷のデータ作成

商品別ガイド それぞれの特性や注意点を解説。

ポストカード印刷

往復ハガキ

縦型、横型のデザインの内、縦型の往復ハガキをデザインする際に注意したいポイントを解説します。

往復ハガキ 縦型両面印刷のデザイン配置例

両面のデザインをされる場合各面のデザインの向きにご注意ください。
下図は、一例ですので、この限りではございません。

デザイン配置例

天地の指示を必ず行ってください。指示がない場合はお客様の意図するデザインで仕上がらない可能性がございます。

スジ入れの位置

スジは中央に一本入ります。ガイドなどの指示は不要です。切り取り用の点線等はお客様がデザインする必要があります。

スジ位置

ページの上に戻る

郵便(官製)ハガキ

印刷可能領域は、郵便はがきサイズに対して上下左右各5mmの余白が必要です。
ハガキのサイズは郵便はがきと同じですが、印刷が可能な範囲は狭くなりますのでデザインの配置にはご注意下さい。

官製ハガキの印刷可能領域

郵便はがきサイズ(100x148mm)に対して、
印刷可能領域(90x138mm)となります。

ページの上に戻る

ポストカード

ポストカード制作でオモテ面が縦、ウラ面が横となるデザインを作成する上で注意したいポイントを解説します。

はがきデザイン例

1
先ずはオモテ面の天地を決定します。
オモテ面は住所が縦書きなので
郵便番号を書く上の方が天になります。
オモテ面天地
2
次にウラ面の天地を決めます。
通常は、デザインの上が右を向きます
ウラ面天地
ポイント
オモテ面を右手で掴み、手のひらを自分側に向けた際に裏側のデザインがどちらを向くかで天地が決まります。

天地の決め方

天地OK
右手で裏返した場合、絵柄が逆を向きますがデータ不備ではありません。データ入稿は可能です。
天地NG
オモテ面との天地が合わないため、データ不備となります。

天地の指示を必ず行ってください。指示がない場合はお客様の意図するデザインで仕上がらない可能性がございます。

ページの上に戻る

圧着ハガキ

展開図で作成する際に押さえておきたいポイントを解説

V字圧着

圧着V字

Z字圧着

圧着Z字

ポイント
データ作成にはテンプレートのご使用をお勧めいたします。
テンプレートを一度プリンターで出力し、折られてみるとデザインのイメージが湧きやすくなります。

折り位置