印刷通販のプリントダップ ホーム> データ作成ガイド> 印刷・DTPに関する基礎知識> 解像度

  印刷・DTPに関する基礎知識 データを作成する前に押さえておきたいポイントを解説。
印刷の仕上がりがイメージと異なるといった問題を未然に
防ぐことができます。

解像度とは?

解像度とは、画質の細やかさを数値として示したものです。数値が高ければ高い程画質の綺麗な画像という事になります。
インターネットで使用されている画像は、モニタでは綺麗に見えますが、印刷するととても粗い画像となってしまいます。

カラー・グレースケールの解像度は350dpiを推奨

350dpi150dpi72dpi
印刷に適した解像度は300〜350dpiです。300〜350dpiを目安に画像補正を行って下さい。 ポスター等の遠くから見る様なものであれば150dpiでも耐えられますが、名刺等のデータになると粗く感じると思います。 WEBコンテンツ用の画質です。見本としてはこの解像度で構いませんが、印刷物としてはとても粗い画質のものが仕上がってしまいます。

2階調モードの解像度は1200dpiを推奨

モノクロ2階調とは、グレースケールとは異なり画像を白・黒の2色のみで表現したものです。白・黒のみの表現になるため、シャープに表現されるのが特徴です。手書きのイラストや文字をスキャンする時や、線画制作等に向いています。
しかしモノクロ2階調の場合、カラー写真等と比べると画像のエッジ(輪郭)のギザギザが目立つ様になってしまいます。そのため、モノクロ2階調に保存をする際は1200dpiと高い解像度での保存を推奨いたします。

▼1200dpiで保存▼350dpiで保存
▼1200dpiで保存▼350dpiで保存

お客様があらかじめ画質等のチェックをしている事を前提に、基本的に画質のチェックは行っておりません。
ですが、必要な文字が読めないほど粗い画質の場合、一度お客様に確認を取らせてもらう事がございます。