トップ
ページ

■取り扱いソフトウェア

フォントについて

マイ
ページ

Adobe(アドビ)製品

ソフト名

対応バージョン

保存形式

イラストレーター

フォトショップ

インデザイン

8〜CC

5.5〜CC

CS〜CC

ai・eps・PDF/X-1a

eps・psd

indd・idd・PDF/X1a

▲このページのTOPに戻る

Microsoft(マイクロソフト)製品

ソフト名

対応バージョン

保存形式

ワード

エクセル

パワーポイント

パブリッシャー

2003〜2013

2003〜2013

2003〜2013

2003・2007

doc

xls

ppt

pub

▲このページのTOPに戻る

■ご入稿データについて

印刷用データと出力見本の2種類を合わせて入稿データとなります。

データチェック時では、印刷データと見本に相違がないかどうかを確認しますので、見本データと印刷用データに異なる部分が発見された場合は、「データ不備」となりますのでご注意ください。
※仕上がり線はデザインとみなし、印刷工程を進めます。デザインの仕上がり目安として実線を使用される代わりに、アートボードの枠(イラストレーター)でイメージされるか、ガイド線を利用することをお勧めいたします。

印刷用データ

出力見本

入稿データ

▲このページのTOPに戻る

■出力見本について

入稿データと出力見本が異なっている場合

印刷用データ

出力見本

入稿データと出力見本が異なる場合は、「データ不備」となります。

お電話かメールにてどちらが正しいのかをご確認させて頂くためご連絡をいたします。

印刷用データが間違っている場合は、再入稿が必要となります。

印刷用データが正しい場合、そのデータでの印刷が100%正しいものとし、出力見本は確認せずに作業を進めます。

お客様に確認がとれなかった場合は、納期がずれてしまいますのでご注意ください。

▲このページのTOPに戻る

■特色・スポットカラー・カスタムカラー

DICカラーやPANTONEなどの特色・スポットカラー・カスタムカラーは弊社では扱っておりません。

作成されるデータは全てプロセスカラー(CMYK)で作成してください。

印刷用データに特色が使用されている場合は、データチェック時にてプロセスカラー(CMYK)に変換いたします。作成された色が薄かった場合、網点や細い線にはギザギザのような模様が肉眼で確認できる場合がございますが印刷方式の性質上問題ないものとなりますのでクレーム受付の対象外となります。予めご了承頂きますようお願い致します。

▲このページのTOPに戻る

■フォントについて

入稿データにフォントを添付されていた場合でも、弊社にてフォントのインストール及び出力はいたしておりませんので予めご注意ください。

入稿データがイラストレーター/インデザインの場合は、必ずフォントをアウトライン化し、別名保存しご入稿ください。

■データチェックについて

通常のデータチェックについて

印刷通販プリントダップでは、ご入稿いただいた全てのデータをカスタマーセンターのスタッフにて行っております。

当社でのデータチェックの内容は、データが印刷可能であるかを確認する目的となります。よってお客様によってデザインされた文字やレイアウトに関するチェックは対象外となります。

データチェックの際、問題点が発見された場合は原則的にお客様にデータを修正していただき再度入稿となります。再入稿となりますと、当初の納期から遅れが生じますので十分にデータをご確認いただいた後にご入稿ください。

スピードデータチェックについて(有料オプション)

スピードデータチェックをオプションで選択された場合、通常データチェックの内容にて優先的にデータチェックを行います。ご入稿頂くデータに不安をお持ちの方におすすめのオプションとなります。データに不備があった場合は、通常通り再入稿の依頼をさせて頂きますが、お客様にてデータ修正して頂いた再入稿データも優先的にデータチェックを行います。

ぜひ、ご活用ください。

▲このページのTOPに戻る