adobe入稿データのアプリケーションとバージョンについて | 印刷は激安印刷通販の【印刷通販プリントダップ】

サイトマップ
印刷通販プリントダップのホームページトップへ
ローコスト印刷通販をプリントダップは運営しています。

印刷通販プリントダップの対応アプリケーションソフト

プリントダップはAdobe Creative Cloudまでのデータに対応いたします!

下記のソフトおよびバージョンでのご入稿が可能となります。
作成データには、ご注意して作成してください。
ご入稿いただいたデータに不備が発見された場合には再入稿が必要となりますので、場合によっては納期がずれてしまいます。

※当社で行うデータチェックとは、データが印刷可能であるかを確認するだけですので、レイアウト、デザインのバランスなどの調整や提案は一切行っておりません。
よって、デザイン・文字やレイアウト・デザイン(オーバープリントを含む)に関する内容は対象外となります。

※プリントダップでのデータ修正は行っておりません。
アプリケーションソフト
バージョン
保存形式
イラストレータ
8〜CC
ai・eps
フォトショップ
5.5〜CC
eps・psd
インデザイン
CS〜CC
indd
オフィス系
・ワード
・エクセル
・パワーポイント
・パブリッシャー
2003/2010
ワードdoc
エクセルxls
パワーポイントppt
パブリッシャーpub
オフィス系データ・クオークでのご入稿の際は、別途変換手数料1,080円と、プラス1営業日が発生いたします。

●ワード、エクセル、パワーポイント等(Windows版Microsoft office)で入稿される場合には入稿されてから、一度こちらで印刷用のデータに置き換えたデータをPDFでお客様に確認して頂くことになっております。

【理由】
●ワードやパワーーポイント・エクセルなどのオフィス系ソフトが印刷用ソフトとして作られていないためです。

●Microsoft office系のソフト(ワード・エクセル・パワーポイントなど)のカラー設定はRGB(光の三原色Red、Green、Blueの掛け合わせ)で指定する仕様になっています。
ただ、RGBのままでは印刷することができませんので、データ変換時に色の設定はCMYK(色の三原色Cyan、Magenta、YellowにKey tone(色調)を加えたもの)にかわります。
RGBが光のように混ざるほどに白くなる設定であるのに対して、CMYKは絵の具のように混ざるほどに黒くなります。
このようにもととの色味の設定概念が異なり、CMYKの設定ではRGBの色全ての色の表現が出来ないため、RGBをCMYKに変換すると、色味が異なってしまいます。
特に明るい水色やピンク、濃い紺色などで、色味が変わる事が多いです。

●書体が変わってしまうため お客様がデータ作成時に使用したフォントが当社になかった場合、その箇所の書体が変わってしまいます。

フォントを送っていただいても、弊社プリントダップではフォントのインストールをしての出力は対応しておりません。

●必ず確認用の画像(jpg、png、PDF)をご入稿データと一緒にご入稿ください。